スポンサーリンク

ロッテ「シャルロッテ(Charlotte)」生チョコレート、紹介とわが家の感想

アーモンドショコラorシャルロッテ
スポンサーリンク

今年も「シャルロッテ」から「生チョコレート」が発売になりましたね。
以前の記事をそのまま使おうかと思ったんですが、なんとも言えない感じなので、手を加えさせていただいています。

お店の中を窓から覗いている女の子とうさぎさんの後ろ姿が、とっても愛らしく、思わず、抱きしめたくなっちゃう感じです。

同日新発売のシャルロッテシリーズすべて、少しずつ違うストーリー性があり、パッケージだけでも充分楽しめますね。

最初は、パッケージも去年と同じなのかなと思ったんですが、若干、変わっている場所があることに、みなさん、気づいたでしょうか?

右側の写真が去年のものです。
違う場所を探してみてくださいね。

【商品名】ロッテ「シャルロッテ(Charlotte)」生チョコレート

【発売日】2017/10/3 2018/10/02

【想定小売価格(税抜)】280円前後

【限定区分】

【アレルギー物質(27品目中)】乳成分・大豆

【内容量】12枚(1枚:標準5.7g)

【カロリー(1枚当り)】31kcal

【名称】チョコレート


【注意点】
・卵、小麦を含む商品と同じ製造ラインで作られています。
卵、小麦アレルギーのある方は、お気を付け下さい。

・洋酒が使われています。
お子さんやアルコールがとても弱い人、妊婦さんなどは、お気を付け下さい。

個装のレンガ調の色と白の組み合わせが、「Charlotte」というお店のイメージとぴったりで、私はとても気に入りました。

写真が小さくてわかりづらいかと思うんですが、個装裏の一言メッセージが、何種類かあるんですよね。

違った文面があったりするので、ついつい気にしてみてしまいます。

個装を開けると、ビターではないんですが、ビターのようなとても濃厚なカカオの香りがします。

しかし、食べてみると、コクのある濃厚な味わいの中にも、優しさがあって、それほど「味が濃い!」という感じはしませんでした。

ビターのような苦味もないんですが、洋酒で甘さが抑えられているのか、ミルクチョコレートほどの甘さはなく、さっぱりした甘さです。

ふわっと柔らかい生チョコレートが、口の中でとろけるんですけど、外側のチョコレートが薄さ1mmなのにちゃんと主張していて、甘さを抑えた生チョコレートと、しっかり甘味のあるチョコレートの2種類の味を、同時に楽しめるんですから、贅沢ですよね。

ありがたいことに、わが家のある北海道産の生クリームを100%使っていて、原料にもこだわっているのがわかりますね。


わが家の感想は・・・

全員一致・・・絶賛

という結果でした(^^)/
最後まで読んでくださり、ありがとうございました(^^)/

error:すみません。コピーはできません。