スポンサーリンク

ロッテ「プチブッセ(Puchibusse)」黒蜜きな粉、わが家の感想は・・・?

ふんわりプチケーキ(プチブッセ)orカスタードorその他洋菓子
スポンサーリンク

日本では、丸くふんわりと焼いた生地と生地の間に、クリームやジャムなどを挟んで楽しむのが主流のブッセ。

本来、フランスでは「ブッセ=1口」という意味で、温オードブルのことをいうのが主流です。

※温オードブルとは、フランス料理をコースで食べる時、スープよりもさらに前に出てくる料理をいいます。日本でいえば前菜のようなもので、コースのメニューには含まれず、食欲増進のために、一口で食べられるようなものを出すのが一般的です。

ふわっとしたケーキ生地と、和の定番ともいえる黒蜜ときな粉を組み合わせた、

ロッテ「プチブッセ(Puchibusse)」黒蜜きな粉

が新登場です!

プチブッセと書かれたすぐ下の写真が目に留まり、キャラメルプリンかなと思ったんですが、すぐ横に黒蜜きな粉と大きく書かれていました。

座布団に座っているブッセ達がかわいらしいですよね。

どこかで見たことがあるような個装ですが・・・
チョコレート色にシルバーのくるっと柔らかい線が描かれた個装で、ブッセの生地の柔らかさのイメージそのものですね。

個装を開けると、1口で食べられるようなかわいらしいブッセが現れ、きな粉の香りが、とにかくすごくて、びっくりしました!

もともと、きな粉餅やきな粉味のお菓子など好きな方なんですが、正直に言うと、私は、食べられないわけではないんですが、黒蜜があまり得意ではありません。
ここまで香りが強いということは、黒蜜はそれほど効いてないんだろうなと思いながら、1口食べてみると・・・

これが、意外と黒蜜の味がけっこう効いているんですよね。
香りとは違って、きな粉より黒蜜が勝っていて、とっても甘いんですが、酒精効果なのか苦みを少し感じました。

少し苦手な味かなと最初は思ったんですが、クリームとチョコレートを挟んでいる、ふわっとしつつしっとりとしたケーキ生地が甘さ控えめで、黒蜜味が強い黒蜜きな粉を、やさしく包んでくれるからなのか、酒精効果なのか、意外とおいしく食べることができました。

ただ、きな粉餅は食べるんですけど、黒蜜やきな粉味のお菓子になると苦手な子ども達5人は、個装を開けた時点で、すでにアウト!
甘党の人の中でも黒蜜きな粉が好きな人には、もってこいの商品かなと思います。

切った半分をそのまま食べ、その半分を冷蔵庫で冷やして食べたんですが、冷蔵庫で冷やすことで、甘さが抑えられる上に、チョコレートのパリッと感が加わり、くせになる味に大変身です。

プチブッセにも酒精が使われていたんですね。
今回、こうしてじっくり裏面を見て、初めて知りました。


【商品名】ロッテ「プチブッセ(puchibusse)」黒蜜きな粉

【発売日】2018/02/13

【内容量】8個(1個:標準10.5g)

【限定区分】期間限定

【アレルギー物質(27品目中)】卵、乳成分、小麦、大豆

【カロリー(1個当り)】52kcal

【名称】洋菓子


【注意点】
・酒精が使われています。
お子さんやアルコールがとても弱い人、妊婦さんなどは、お気を付け下さい。

・半生タイプの商品なので、温度管理には気をつけましょう。


わが家の感想は・・・

子ども5人・・・黒蜜もきな粉も苦手
子ども1人+旦那・・・絶賛
私・・・まぁまぁ

という結果でした(^^)/

error:すみません。コピーはできません。