神の贈り物カカオ豆の発祥地は?最初に栽培したのは誰?

カカオ豆・チョコレートについて

チョコレートが古くから人々に親しまれているという程度には、きっと多くの人が知っていると思いますが、それがいつ頃からなのか、発祥地はどこなのかを知っている人は、少ないのではないでしょうか。

今では、たくさんの人々に親しまれているチョコレート。
さまざまなチョコレートを食べているうちに「いつ?どこから?」なんて疑問が浮かぶ方も多いことでしょう。
チョコレートの原料になっているカカオ豆、実は、メキシコ北部からユカタン半島など中南米に栄えたメソアメリカ地域が発祥だったんです!


<目次>
・カカオ豆はいつ頃、どこの国から食べられるようになったの?
・カカオの栽培が始まったのはいつ頃?どこで?
・貨幣としての価値があったカカオ豆
・神からの贈り物であり、神への捧げものでもあったカカオ豆
・まとめ


・カカオ豆はいつ頃、どこの国から食べられるようになったの?

カカオ豆の歴史は古く、今から約4000年前、紀元前2000年頃のことで、メソアメリカと呼ばれていた中南米がカカオのルーツといわれています。

~余談~
メソアメリカは、現在のメキシコの北部から、南におりユカタン半島の国境線を超えたホンジュラスエルサルバドルの一部周辺に当たる地域です。

紀元前1500年頃、大きくメソアメリカ文明と呼ばれる文明が栄え、メソアメリカ文明の母体となるオルメカ文明が栄えました。
オルメカ文明は、中央アメリカにあるメキシコ湾岸沿いの低地に栄えた文明で、中央アメリカでは1番古い文明といわれ、紀元前1500年~4世紀頃まで続いたといわれています。

このオルメカ文明を構築したオルメカ族が、カカオ豆を覆っている繊維や果肉を、そのまま食べていたたようです。
何も知らない私は、実を飲んだり食べたりするのは、なかなか勇気が要るような気がしたものの、

「今も食べることがあるのかな?」

という疑問が芽生え、調べてみたところ、現在は、チョコレートを作るにあたって、種(カカオ豆)を発酵させるために使用するため、なかなかフルーツとして入手するのが困難とのこと。
ただ、希少価値が高いフルーツやジュースとして販売されていて、全く果実を食べていないというわけではないようです。

「いつか、私も、現地に行って食べてみたい!」

という気持ちが芽生え、ひとつの目標にしようかなと思っています。

話がそれてしまいましたが、この頃はサトウキビなど甘味を出すものもありません。
また、カカオの成分を抽出して分けるなどの技術もなかったため、カカオ独特の苦みそのままに飲んでいました。

カカオ豆をすりつぶし、トウモロコシやスパイス(唐辛子など)、バニラなどを混ぜて飲んでいたといわれ、発掘された壺には、マヤ語で書かれた「カカウ」という絵文字が残されていて、この「カカウ」という言葉が、後に「カカオ」と呼ばれ広く知れ渡るようになったのです。

また、ホンジュラスで発掘された壺には、その中から、お酒造りを造る過程で生成される、微量のテオブロミンがみつかっていることや、壺の形などから、カカオのお酒を造っていたのではないかと考えられています。

ただ、一説によると、あくまでもカカオ豆をすりつぶして飲むだけで、カカオの実を人が初めて食べたのは、16世紀に入ってからという説もあるようですよ。


・カカオの栽培が始まったのはいつ頃?どこで?

カカオの果実が食べられるようになったことで、人は栽培することを考え始めます。
紀元前2000年頃から、種を植えたりするなどの簡単な栽培はされていたようです。

本格的にカカオ豆の栽培が始まったのは、マヤ文明が栄えたユカタン半島が最初で、6世紀頃、マヤ族が初めてカカオの植林園を作ったのが始まりといわれています。
ユカタン半島では、現在でも、マヤ族の子孫の方々が、マヤ族最初の植林園を引き継ぎ、カカオの樹を守り続けているというのですから、驚きですよね。

マヤ族の勢力が弱まり、数々の戦いの末、勝利をおさめたアステカ帝国が、この植林園を引き継ぎ、カカオ豆の栽培が続いたとされていますが、植林園のマヤ族の方々を、アステカ帝国の方々が奴隷のように扱っているなんて姿を、なんとなく想像してしまいました。

カカオの植林園をマヤ族から引き継いだアステカ帝国は、通貨としても価値のあり、とても高価なものとされているカカオ豆の収穫が行われると、すべて自分たちの物にしたことも容易に想像できます。
その証拠に、アステカ帝国の王モンテスマは、黄金のカップで1日に50杯も飲んでいたのですから・・・。

この頃のカカオ豆を使った飲み物は、カカワトル=苦い水と呼ばれ、疲労回復の薬として、または、栄養補給を高め、健康のために飲まれていたとされています。
薬と考えれば、苦い水でも我慢して飲むことができたといったところでしょうか・・・

~余談~
マヤ文明は、メキシコのユカタン半島全域から中米のグアテマラ、ホンジュラスエルサルバドルなどを中心に栄えた文明で、メソアメリカ文明のひとつとして、知っている人も多いかと思います。
紀元前後からという説や3~4世紀ごろから栄えたという説もあり、おおよそ9~10世紀まで勢力が強かった文明です。

 マヤ文明の勢力が弱まり、そこに力をつけてきたのがアステカ帝国です。
数々の文明を飲み込み、自分たちの物にしながら勢力を拡大し、15~16世紀、メキシコ北部からユカタン半島の一部を占拠した帝国です。
アステカ帝国は、他の文明を滅ぼすのではなく、自分たちの文明のように塗り替えながら勢力をあげたとされ、他の文明の神話さえも塗り替えてしまったため、少々、ちぐはぐになってしまった部分も多く存在しています。


・貨幣としての価値があったカカオ豆

オルメカ文明・マヤ文明・アステカ文明、どちらの時代においても、カカオは、貴族などの位の高い人達しか口にすることができないくらい、とても高価なもので、通貨(国の中で使われている貨幣)としての価値がありました。

アステカ文明の頃になると貨幣(国に関係なくお金そのもの)としての価値もあり、カカオ豆1粒でトマト1個、4粒でカボチャ、10粒で魚やうさぎ、100粒で七面鳥や奴隷を買うことさえできたといわれています。

「七面鳥と奴隷が同じ100粒?」

と、私は思ってしまいましたが、この当時の人の価値というのは、その程度だったということなのかもしれません。
ただ、調べていると、それぞれの伝えられ方などによって粒量に違いがあるようなので、おおよそこのくらいということでしょう。

現在、板チョコを作るために使用されるカカオ豆の粒は約30粒。
現在のお金に換算してみると、びっくりするような数字ですが、戦前のように月給100円という時代もあったのですから、そう考えると、とても高価なものだったということがよくわかります。

とにかく、カカオ豆をたくさん持っている人は、今でいえば、その国のお金持ちということですね。


・神からの贈り物であり、神への捧げものでもあったカカオ豆

今、こうして簡単に手に入るチョコレートの原料のカカオ豆が、大昔はとても高価なものだったなんて、ちょっと不思議な感じがしますよね。

その答えは、アステカ神話の中にあります。
アステカ神話の中に出てくる風の神ケツァルコアトルという神がいます。
このケツァルコアトルは「羽(ケツァル)をもった蛇(コアトル)」ともいわれ、天からカカオ豆を持ってきたと、アステカ族は信じていました。
そのため、結婚式をはじめ、さまざまな催事の時に飲まれたり、神様への捧げものにもなったりしていたのです。

ただ、アステカ族は、さまざまな文明を征服する際に、自分たちとは違った文明を残しつつ征服していったという説があります。
前述したカカオ植林園もそのひとつだったのでしょう。

同様に、さまざまな文明にまつわる神話も、自分たちの物として語り継いだ部分が多々あり、前述した風の神ケツァルコアトルは、本来、トルテカ族では、祖神として崇拝されていた神、マヤ文明ではククルカンという名で崇拝されていた神に当たります。

アステカ帝国に限らず、この当時の数々の文明では、神の怒りを抑えるために人を生贄にするなど、今では考えられないほど人命は軽いものでした。
生贄になる人々にカカワトルを飲ませて力をつけさせるなど、自分たちのために生贄になる人々に対し、それ相応の対応がなされたとされています。

 


・まとめ

カカオ豆の発祥がメソアメリカで、紀元前2000年頃にはすでに飲み物として飲まれ、とても高価なもので、神様の捧げものになっていた大切な自然からの贈り物です。

大昔、甘くはないカカオの苦みの強い飲み物として飲まれ、カカオ豆だけでなく、実を食べることをメインにしていたカカオ豆は、現代、実はほとんど食べることはなく、甘くておいしいココア、あるいは甘くておいしいチョコレートが主流になっているのですから、歴史を感じさせられますよね。

これほど古い時代から人々に大切にされてきたカカオ豆。
これからも大切にしていかなければいけない、自然の恵みもののひとつともいえるのではないでしょうか。

error:すみません。コピーはできません。