スポンサーリンク

明治「ガルボ(galbo)」バナナミルク ポケットパック 、わが家の感想は・・・?

ガルボorホルンorフラン他
スポンサーリンク

チョコレートが表面にあるのに手につかないガルボポケットパックは、1996年にコンビニ・駅売店限定で発売されたのが最初です。
昨年(2017年)には、パウチパックも発売され、現在はスーパーでも姿を見るようになりました。

とはいっても、季節限定品ガルボは、やっぱりコンビニ・駅売店限定のポケットパックのみなので、ついつい新商品が出ると、コンビニに走ってしまいますね。今回は、

明治「ガルボ(galbo)ポケットパック」バナナミルク

の紹介です!

色鮮やかな黄色を基調としたパッケージに、バナナが旬の季節なんだなと感じさせられますよね。
少しこぼれたミルクとその王冠とのイラストが、とてもかわいらしくて、ガルボのイメージにぴったりです。

【商品名】明治「ガルボ(galbo)」バナナミルク ポケットパック

【発売日】2018/05/15

【内容量】38g

【限定区分】期間限定、コンビニ・駅売店限定

【アレルギー物質(27品目中)】小麦、卵、乳成分、大豆、バナナ

【カロリー(1袋当り)】225kcal

【名称】チョコレート菓子


 

外装を開けたとたん「THEバナナ!」の濃厚な甘い香りが部屋の中を漂い、一気に南国にいる気分になれます。
バナナミルクの甘味は、どれだけのものかと、旦那と私は少々、不安になってしまうほどでした。

ん~・・・食べていなくても、ナイフを入れたりしているだけで、もうすでに、食べた気分になれちゃうほどのバナナの香りに、バナナ大好きな子ども達は大喜びでした。

ただ、旦那と私の大人組は、どうもバナナがあまり得意ではなく・・・
まして、バナナミルクとなると「子どもの飲み物!」というイメージしかないんですよね。

食べてみると、やっぱりバナナですね。

とっても濃厚な甘味の強いバナナミルクです。

でも、手につかないようにコーティングされているはずなのに、しっとりとした食感のチョコが、濃厚な中にも優しさがある甘さで、バナナミルクのわりには食べやすかったですが、バナナもホワイトチョコも苦手な旦那は「甘い!」の一言でした。

サクサク感としっとり感を併せ持った、ホワイトチョコレートを混ぜ合わせたビスケットがいい味を出していて、バナナチョコの甘味を包み込んで、さらにミルク感が増していくように感じました。

上3人にとっても甘いんじゃないかなと思ったんですが、そうでもなく、子ども全員一致で「お~!バナナミルクおいしいしょ~。」という声が聞こえ、ちょっと意外な結果でした。

とっても甘いので、甘党の人におすすめな商品で、チョコバナナなどが好きな人であれば、満足できる商品のように思います。


 

わが家の感想は・・・

子ども全員・・・絶賛
私・・・まぁまぁ
旦那・・・甘い。バナナ自体が苦手

という結果でした(^^)/

error:すみません。コピーはできません。