スポンサーリンク

【2019】グリコ「ポッキー(Pocky)」ココナッツ、紹介とわが家の感想

ポッキーorカプリコ
スポンサーリンク

今年も元気に「ポッキー<ココナッツ>」が帰ってきました!
とうとう、この時期が来たんですね~。

とてもおいしかったので、今年も発売になるかなぁなんて思っていたところで、戻ってきてくれてうれしい限りです。

去年の記事を書き直しという形で、紹介させていただきたいと思います。

去年、紹介させていただいた時には、「みんなで!スマホで!ポッキー花火!」キャンペーンをしていて、カラフルな花火が打ち上げられているかわいらしいパッケージだったのですが、今年は、ガラッと雰囲気が変わり、シンプルな中にもかわいらしさがあり、落ち着いた雰囲気もあるパッケージにリニューアルされています。

しかも、今年は、ポッキー自体もリニューアルされていて、今まで以上にクラッシュココナッツをぎっしりとトッピングしたうえで、沖縄産食塩を製品中に0.1%使って味を引き締めているとか。

さらに進化した「ポッキー<ココナッツ>」の味わいを楽しむことができそうですね。

去年、調べた時にははっきりしたことがわからなくて、「数年前からこの時期に~」と書かせていただいたのですが、実は、20年以上にもわたってこの時期に発売になっている味わいということで、びっくりしました。

【商品名】グリコ「ポッキー(Pocky)」ココナッツ

【発売日】2019/06/04(火)(季節限定)
・2018/06/19(火)(季節限定)

【買った値段(コンビニ)】税込162円

【アレルギー物質(27品目中)】乳成分、小麦、大豆

【内容量】2019年・・・2袋(1袋:標準22.1g)
・2018年・・・2袋(1袋:標準24.6g)

【カロリー(1袋当り)】2019年・・・126kcal
・2018年・・・136kcal

【名称】チョコレート菓子


【注意点】
・卵、ピーナッツを含む商品と同じ製造ラインで作られています。
卵、ピーナッツアレルギーの方はお気を付け下さい。

・注意点に入るかどうかわかりませんが、カロリーがあくまでも1袋あたりの推定数値なので、本数が決まっているようなので、1本あたりのグラム数とカロリーを計算してみました。

1本当たりのグラム数 22.1 (g)÷ 7(本)=3.157…g
1本当たりのカロリー 126 (kcal)÷7 (本)=18kcal

うっすら水色がかった透明の内装に、自然豊かなイラストがココナッツなどのイラストが描かれていて、とってもおしゃれですよね。

このごつごつ感とココナッツの香り!
いいですね~!なつかしいです!

意外とチョコレートの厚みあるんですよね。
まぁ、このくらいの厚みがないと、これだけのココナッツをポッキーにトッピングすることができないかもしれないですね。

見た目でわかるように、ココナッツをふんだんに使っているだけあって、ココナッツの甘い香りがすごいです。チョコレートの香りが完全に負けています。

食べてみると、チョコレートの味がわからないくらいにココナッツの甘味があって、なんとも言えない味わい深さがあります。

プレッツェルのポキッという音に合わせて、コリコリとナッツをかんだ時の音がして、さらにココナッツとチョコの味わいが深まっていくような印象です。

噛んでいると、ココナッツの甘味の間を通るように、かすかにチョコレートの甘味が現れ、お互いを尊重しあいながら混ざり合って、まるで、親友同士みたい。

プレッツェルの存在をすっかり忘れてしまうような味わいで、何度でも食べたくなる1品です。

正直に言うと、沖縄産食塩というのは、ちょっとわからなかったですが、たしかに口の中がまったりするような感覚がなく、引き締まった味わいというのはこういうことなのかな?という印象はあるような気がします。

「ごつごつしたポッキーに「鬼のこん棒だ!」と、1番下が振り回して遊んでいたところ猫に取られそうになり、慌てて食べていました。」

なんていう事件が去年、この記事を書いた時にあったとここに書かれていて、「だからポッキー持って歩かなくなったんだ(笑)」と、自分で書いた記事を見て思い出し、思わず笑ってしまいました。


わが家の感想は・・・

全員一致・・・大絶賛

という結果でした(^^)/
最後まで読んでくださり、ありがとうございました(^^)/

error:すみません。コピーはできません。