スポンサーリンク

グリコ「ポッキー(Pocky)ダブル」ホワイトチョコ&白桃 紹介とわが家の感想

ポッキーorカプリコ
スポンサーリンク

ポッキーの名前の由来は、ポキッと音が鳴ること。
でも、アメリカやシンガポールでは「ポッキー(Pocky)」そのままですが、ヨーロッパでは「ミカド(Mikado)」という名前で販売されているなど、海外に行くと、それぞれ違った商品名で販売されているんです。

そんなポッキーの仲間でもあるポッキーダブルから、新しいフレーバー「ホワイトチョコ&白桃」が販売されました。
日差しが強くなってきたこの時期に、みずみずしさを感じさせる淡いピンク色のパッケージに、心が躍ります。

お菓子を紹介する身として、とてもありがたい「季節限定」の文字。
普通に買う時にも「季節限定」の文字があると、ついつい手にしてしまうことって、よくありますよね。

【商品名】グリコ「ポッキー(Pocky)ダブル」ホワイトチョコ&白桃

【発売日】2018/05/22

【内容量】12本(4本×3袋)→1袋:標準18.4g

【限定区分】季節限定

【アレルギー物質(27品目中)】乳成分、小麦、大豆、もも

【カロリー(1袋当り)】103kcal

【名称】チョコレート


 

【注意点】
・ピーナッツを含む商品と同じ製造ラインで作られています。
ピーナッツアレルギーの方はお気を付け下さい。

・注意点に入るかどうかわかりませんが、カロリーがあくまでも1袋あたりの推定数値なので、本数が決まっているということで、1本あたりのグラム数とカロリーを計算してみました。

1本当たりのg数 18.4÷4=4.6g
1本当たりのkcal 103÷4=25.75kcal

禁断の二度がけチョコということで、通常のポッキーの3.2倍のチョコレートを使用しているのを考えると、少々、カロリーが高くても致し方ありませんね。

袋を開けた瞬間に漂う桃の甘い香りが「夏が来たんだなぁ」と、感じさせてくれます。
窓から中の様子が見える個装から飛び出したポッキーのプリッツ部分が、色鮮やかピンク色なんですよね。

やさしく包み込んでいるホワイトチョコレートの白色が、ピンク色のプレッツェルを強調していて、まさに白桃そのままの色が再現されています。

桃味のお菓子、正直に言うと、あまり買うことがないんですが・・・

本物の桃、大好きなんですけど、酸味が少なく糖度が高いせいなのか、お菓子になると、甘味が強すぎてあまり得意ではなかったんですが、今回、ポッキーダブルを食べて、私の今までの桃味のお菓子に対するイメージが変わりました。

桃の果肉を練り込んだプレッツェルのみで食べると、私が苦手とする甘味が強い桃味なんですが、甘味が強いはずのホワイトチョコレートを一緒に食べることによって、甘味が調和されて、とてもおいしくなるんです。

ホワイトチョコレートのクリームチーズパウダー効果なのか、酸味が少しあって、フルーティーな桃の甘味が強いプレッツェルをやさしく包んでくれて、桃の独特な甘味が強いんですけど、後に引かないやさしい甘さになっていて、とてもおいしかったです。

外側の少し固めのチョコと内側のホイップされたふわっと柔らかいチョコとの禁断の二度がけチョコが、今までにない食感で、それとともに食べるプレッツェルは、いつも通りポキッと音がします。
この不思議な食感が、ポッキーダブル禁断の二度がけチョコの特徴ともいえますよね。


 

わが家の感想は・・・

子ども3人+私・・・絶賛
上2人+下1人・・・まぁまぁ
旦那・・・ホワイトチョコレートも桃のお菓子も苦手

という結果でした(^^)/

error:すみません。コピーはできません。