スポンサーリンク

不二家「白いカントリーマアム(COUNTRY MA’AM)」北海道ソフトクリーム、紹介とわが家の感想

カントリーマアム
スポンサーリンク

今年も出ましたね。これから暑くなるこの季節、われらが北海道の牛乳をふんだんに使った「白いカントリーマアム」。
ありがたいことです。

数年前から、この時期になるとソフトクリーム味の販売が始まっているのは確かなんですが、調べてみたところ、みつけた中で1番古いものは2010年でした。8年は、間違いなく続いていたということですね!

青空のように爽やかな水色一色のシンプルなパッケージにど~ん!と、大きなソフトクリーム。
その横に、小さくてかわいらしい白い牛さんがいることに、みなさん気づいたでしょうか?

【商品名】不二家「カントリーマアム(COUNTRY MA’AM)」北海道ソフトクリーム

【発売日】2018/06/12

【内容量】14枚(1枚:標準10.5g)

【限定区分】期間限定

【アレルギー物質(27品目中)】卵、乳成分、小麦、大豆

【カロリー(1枚当り)】52kcal

【名称】クッキー

個装に並ぶシルバーの模様、ぶち模様のような雲のような・・・みなさんはどっちだと思いますか?
周りが水色だからやっぱり空ですかね。

その個装から現れる白いカントリーマアムが、青空に現れる白い雲のように感じます。
バニラのコクのある甘い香りが漂ってきて、これぞまさしく、北海道のソフトクリームの香りという感じです。

ホワイトチョコチップを使用しているので、中も真っ白!
でも、さすがに裏面は、白くないんですよね。
表面にプラスした形でサクサク感をプラスしてくれるちょうどいい焦げ具合が、私は大好きです。

気になるほどではないんですが、濃厚でコクのある甘味が特徴の、まさに北海道のソフトクリームの味わいなんですが、かすかにチーズの香りが口の中に広がるのを感じます。

これが外装に書かれた「北海道の根釧地区(こんせんちく)産牛乳」の正体です。

~余談~

根釧地区というのは、北海道の東側、道東と呼ばれる地域にある根室市と釧路市が管轄している経済・生活圏のことをいいます。

読み方は同じなんですが「釧根地区」と、漢字を反対に書くこともあります。
はっきりしたことはわかりませんが、基本は根室と釧路は別々に業務をしていますが、広い地域に渡って管轄した方が業務がしやすいものに関しては、釧路市が根室市の分も業務していることもあり、それと何か関係しているのかもしれません。

この根釧地区は、牧草が牛を育てるのに適していて、北海道に限らず全国からみても、乳脂肪分率が平均より高い栄養たっぷりの牛乳がとれるため、古くから酪農が盛んです。

だから、牛さんがおいしいコクのある濃厚な味わいの乳を出してくれて「北海道の牛乳はおいしい」と、言われるようにまでになったともいえますね。

話が少しだけそれてしまいましたが、そんな根釧地区の牛乳で作られた牛乳をそのまま使うのではなく、白いカントリーマアムには、その牛乳100%で作られたチーズを使っています。

バニラの甘みが強いながらに、ほんのりチーズの酸味で調和されるので、後味がさっぱりしていて食べやすいです。
チーズそのままの味は苦手な私ですが、こんな使い方のチーズだったら大丈夫なので、子ども達と共に、おいしくいただきました。
ホワイトチョコレートもバニラ味も苦手な旦那ですが「甘いけど、食べやすいかも。」と言っていました。

とはいっても、やっぱり甘党の人におすすめの商品かなと思います。


 

わが家の感想は・・・

子ども全員・・・大絶賛
私・・・絶賛
旦那・・・甘いけど食べやすい

という結果でした(^^)/

error:すみません。コピーはできません。