スポンサーリンク

ブルボン「ショコラエリーゼ(ELISE)」ブロンドミルク、紹介とわが家の感想

パキーラorエリーゼorルーベラ
スポンサーリンク

ショコラエリーゼからブロンドミルクが発売されたのは、6月のこと。
ショコラエリーゼが初めて発売になったのは2017年のこと。去年ですね。

ウエハースをチョコレートでコーティングされているエリーゼを初めて見た時は

「手にチョコレートがつかないエリーゼが、持つところがなくなっちゃった!」

と衝撃的でしたが、チョコ感たっぷりのショコラエリーゼは、チョコ好きの私達を和ませてくれる1商品のひとつです。

【商品名】ブルボン「ショコラエリーゼ(ELISE)」ブロンドミルク

【内容量】10本(1本:標準7.2g)

【発売日】2018/06/19

【希望小売価格(税別)】180円

【限定区分】期間限定

【アレルギー物質(27品目中)】乳、卵、小麦、大豆

【カロリー(1本あたり)】41kcal

【名称】チョコレート菓子

すごく濃厚なキャラメルの香り!

見た目、全然、エリーゼに見えないですよね。
どちらかというと、ルマンドに似ているような・・・

外箱のパッケージもそうですが、この内装の爽やかさがなんとも言えないいい感じです。

ナイフで切ってみると、ウエハースがサクッと割れるのを感じ、エリーゼを思い出させてくれました。

食べてみると、とっても濃厚な甘味のあるチョコレートで「THEキャラメル!」という味わいです。
ウエハースのサクサク食感はそのままに、ブロンドミルクチョコとキャラメルクリームのほど良いハーモニーが口の中に広がり、今までにないエリーゼの味わいを楽しむことができます。

キャラメル味を苦手とする子が、キャラメルを苦手とする理由が「コーヒーっぽい味がする時がある」んだそうです。
どちらかというと、ショコラエリーゼのブロンドミルクは、苦味がなく、マイルドな甘味が口の中に広がるので、キャラメルが苦手な子も食べることができました。

しかも、ウエハースのサクサク感が甘味を調和してくれるので、濃厚でありながら、口の中がいつまでもまったりしているような感じもなく、おいしかったです。

ちなみに、ブロンドミルクのブロンドって、最近、たまにみかけますが何かわかりますか?
裏面に書かれているように、まずはブロンドチョコレートのことだということはわかりますよね。

このブロンドチョコレートというのは、ホワイトチョコレートを焙炉の中で、長い時間をかけて焼いたチョコレートのことをいいます。長い時間をかけて焼くことで、ホワイトチョコレートがブロンド色になり、キャラメル風味のチョコレートになります。

これを開発したのは、フランスのチョコレートの老舗「ヴァローナ社」で、ホワイトチョコレートを倍炉の中に置き忘れたという偶然の産物なんだそうですよ。
「失敗は成功の基」といったところでしょうか・・・


 

わが家の感想は・・・

子ども5人+私・・・絶賛
子ども1人+旦那・・・甘いけどおいしい。

という結果でした(^^)/
最後まで読んでくださり、ありがとうございました(^^)/

error:すみません。コピーはできません。