スポンサーリンク

ロッテ「ガーナムース(Ghana Mousse)」ふんわりミルク、紹介とわが家の感想

ガーナorラミー・バッカス
スポンサーリンク

ブログに立ち寄ってくださり、ありがとうございます(^^)/

味は違うとはいえ2年ぶりのガーナムースに再会できてから、かれこれ4か月が経とうとしていますね。
新しく「爽やかカカオ」が発売になって「定番になるのかな」と思い、ロッテさんに確認したところ、

「秋口までの期間限定で、その先は未定」

とのことでした。
とりあえず、秋口まで販売しているんだったらということで、紹介させていただくことにしました。

ミルク感たっぷりの白とアイボリーを基調としたパッケージで、ミルククリームを思い浮かべた人も多いのではないでしょうか?
ガーナミルクチョコとミルク感たっぷりのホワイトチョコレートムースが、どんな風に絡み合うのか、食べるのが楽しみです!

ロッテ「ガーナムース(Ghana Mousse)」爽やかカカオ、紹介とわが家の感想

【商品名】ロッテ「ガーナ(Ghana)ムース」ふんわりミルク

【発売日】2018/03/13

【内容量】58g(約8粒)←1粒:標準7.35g

【限定区分】期間限定

【アレルギー物質(27品目中)】乳成分、大豆

【カロリー(1粒当り)】44kcal

【名称】チョコレート


 

【注意点】
・卵、小麦を含む商品と同じ製造ラインで作られています。
卵、小麦アレルギーの方はお気を付け下さい。

・洋酒が使われています。
大丈夫かと思いますが、お子さんやアルコールがとても弱い人、妊婦さんなどは、お気を付け下さい。

赤色を基調とした個装は、ガーナミルクチョコシリーズの特徴ですね。
外箱がガーナのイメージとはかけ離れていた分、個装の赤色に「やっぱりガーナだ」という安心感がありました。

個装を開けた時の香りは、いつものガーナミルクチョコと、それほど変わりがないように感じます。
すっぽりとホワイトチョコを包んでしまっているというのも、そう感じる要因ですね。

切った時の感触が本当に柔らかくて、ホワイトチョコの味のクリームみたいです。
口に入れてかじった時に、外側のミルクチョコはガーナのポリっとなる食感なのに、内側のムースショコラがネーミングのままにふんわりしていて、口どけがとってもいいです。

ムースショコラだけで食べてみたんですが、ムースほどの柔らかさはないまでも、ホワイトチョコレートとは思えないふわっとした柔らかさで、口に入れた瞬間に、すぐに溶けてなくなってしまいました。

濃厚な旨味のあるミルクの味わいなのにくどくないホワイトチョコレートで、ガーナミルクチョコの甘味としっかり絡み合って、お互いがお互いを尊重しあう、仲の良さを感じました。

甘みが強いので、甘党の人におすすめなチョコレートで、甘党の人であれば、ふんわりミルクを食べれば「贅沢なひとときを。」過ごせるのではないでしょうか。

残念なのは、ホワイトチョコレートが苦手な人が1名、わが家にはいるということ。
この味を「全員一致で大絶賛」と書けないのが、本当に残念です。

わが家の感想は・・・

子ども全員+私・・・大絶賛
旦那・・・ホワイトチョコレート自体が苦手

という結果でした(^^)/
最後まで読んでくださり、ありがとうございました(^^)/

error:すみません。コピーはできません。