スポンサーリンク

【2019】森永「森永ビスケット(Biscuits)午後の紅茶 ストレートティークッキー」紹介とわが家の感想

ビスケットorソフトケーキ他
スポンサーリンク

今年も発売になりましたね。「森永ビスケット」×「キリン午後の紅茶」の

「森永ビスケット<午後の紅茶ストレートティークッキー>」
「森永ビスケット<午後の紅茶レモンティーサンドクッキー>」
「森永ソフトケーキ<午後の紅茶ミルクティーケーキ>」

が新発売になりました。
今回は、「森永ビスケット<午後の紅茶ストレートティークッキー>」の去年の記事を部分的に書き直す形で紹介したいと思います。

この真っ赤なパッケージに、緑の葉のイラストがすごく映えますよね。
午後の紅茶のストレートティーをイメージしているのはわかっているんですが、海辺に沈む夕日を連想させ、何か、心が熱くなるのを感じました。

ちなみに、森永ビスケットが誕生したのは1923年。なんと大正12年です。
今年(2018年現在)、95歳ですよ!すごい!

缶に16種類のビスケットを入れて販売されていたビスケットが、今では、こうして種類別に箱に入れられて販売されているんですから、時代を感じますよね。

ちなみに、過去の森永さんとキリンさんのコラボ商品を調べてみると、2009年に発売になったのが最初なんじゃないかなと思います。今までに、形を変えて数度、発売になっているんですが、午後の紅茶ストレートティーとのコラボは、

「ティークッキー」・・・2009年
「ストレートティークッキー」・・・2010年、2012年、2016年、2017年、2018年
「ストレートティーケーキ」・・・2011年

という感じでした。

【商品名】
森永「森永ビスケット(Biscuits)」午後の紅茶 ストレートティークッキー

【発売日】
・2019/07/23(火)(期間限定)
・2018/07/24(火)(期間限定)

【買った値段】税込162円

【アレルギー物質(27品目中)】小麦、乳、大豆

【内容量】
12枚(2枚パック×6袋)←1枚:標準8.3g

【カロリー(1枚当り)】44kcal

【名称】クッキー


【注意点】
・卵を含む商品と同じ製造ラインで作られています。
卵アレルギーの方はお気を付け下さい。

2枚ずつ入っている個装が「2枚は食べても大丈夫だよ!」と言ってもらっているようで、ちょっと嬉しく感じるのは、私だけでしょうか?

というか、すごい紅茶の香り!

学生の頃に、一時、午後の紅茶を温めて飲むことにはまった時期があったんですが、遠い昔のことなのに、すぐに午後ティーのストレートティーの香りを思い出しました。
まさに、午後ティーのストレートティーの香りです。

 

サクサク感のあるクッキー生地なのが、こうして見ただけでもわかりますよね。
ナイフを入れると、さくっと音が鳴って割れるような感覚です。

食べた時に、サクッと割れるこのクッキーのサクサク食感、すごくいいですね。
写真を撮っている間に、部屋中にストレートティーの香りが漂い、部屋の端から端まで、ストレートティーの香りがします。
しっかり渋味があって「THE紅茶!」の味わいです。

ただ、キリンさんには申し訳ないんですが、私、ストレートティー苦手なんです・・・

どちらかというと、ストレートティーの味わいとしては、食べやすい方かなと思う部分もあるんですが、紅茶好きの旦那にバトンタッチです。

「口の中の水分が少しなくなるような感じもするけど、ストレートティーを飲むんじゃなく、そのまま食べているみたいでおいしい。紅茶の香りにプラスして渋味がしっかりある。甘さ控えめがまたいい。
あとに響かない爽やかさがある。」

と、言っていました。
ストレートティーを好きな人には、申し分ないクッキーのようですね。


わが家の感想は・・・

旦那・・・大絶賛
子ども1人・・・まぁまぁ。もう少し甘ければ、もっとおいしい。
子ども4人+私・・・ストレートティー自体が苦手

という結果でした(^^)/
最後まで読んでくださり、ありがとうございました(^^)/

error:すみません。コピーはできません。