スポンサーリンク

不二家「ペコ×サンリオキャラクターズシリーズ」3商品、紹介とわが家の感想

ミルキーorホームパイorその他
スポンサーリンク

「80年代のレトロかわいい」をコンセプトに、ペコちゃんとサンリオのキャラクター達のかわいいパッケージの「ペコ×サンリオキャラクターズ」から

左・・・・「ミルキー袋」ティラミス風味
右上・・・「チョコチップクッキーアソート」バニラ&ショコラ
右下・・・「パーティーチョコレート」パンナコッタ風味チョコ

という3商品が新発売になりました。

私が子どもだった頃にはやっていたサンリオのキャラクター達の姿が、とっても懐かしいパッケージで、私が好きだったのは、3商品ともに中央にいるペンギンさん「タキシードサム」です。
けっこう集めてましたよ~!
ちなみに、わが家の子達に言ってもわかりませんでした・・・時代ですね(苦笑)

前置きはこれくらいにして、3商品を順に紹介したいと思います。


・チョコチップクッキーアソート」バニラ&ショコラ

【商品名】不二家「14枚ペコ×サンリオキャラクターズ チョコチップクッキーアソート」バニラ&ショコラ

【発売日】2018/07/03

【価格(税別)】オープンプライス

【限定区分】期間限定

【アレルギー物質(27品目中)】卵、乳、小麦、大豆

【内容量】14枚 (1枚:標準8.5g)←・バニラ7枚 ・ショコラ7枚

【カロリー(1枚当り)】・バニラ43kcal ・ショコラ45kcal

【名称】クッキー

個装にもかわいいサンリオキャラクターズが、1枚に1人描かれていて、裏には特徴が書かれたキャラクター紹介つきです。

これを見て「そうそう、ポチャッコだ!」と、左から2番目のワンちゃんの名前を思い出しました。
私と同じ世代の方、このレトロ感、心をくすぶりますよね~!


・バニラ

ついついキャラクターの方に走ってしまいましたが、甘味のある香りとともに、口の中でバニラの甘味が一気に広がります。

正直に言うと「カントリーマアムときっと同じなんだろうな」と思っていたんですが、形も味もまったく違うものなんですね。
ずっとサクサク食感が続くタイプのクッキーで、だからこそチョコチップがしっかりアクセントになっていて、これはこれでおいしかったです。

・ショコラ

ショコラは、要するにチョコレートですね。

ショコラもやっぱりサクサク食感が強いタイプで、甘味が強いタイプのチョコクッキーだと感じました。

レトロ感あふれるパッケージとはいえ、サンリオキャラクターズは、まだまだ健在の子ども達に大人気なキャラクター達。

やっぱり、子ども向けの商品かなというのが1番の感想です。


・パーティーチョコレート<パンナコッタ風味チョコ>

【商品名】不二家「40gペコ×サンリオキャラクターズ パーティーチョコレート」パンナコッタ風味チョコ

【発売日】2018/07/03

【参考小売価格(税別)】120円

【限定区分】期間限定

【アレルギー物質(27品目中)】乳、大豆

【内容量】40g(15粒)

【カロリー(1箱当り)】235kcal

【名称】チョコレート


【注意点】
・卵、小麦、落花生を含む商品と同じ製造ラインで作られています。
卵、小麦、落花生アレルギーの方はお気を付け下さい。

なんともかわいらしいチョコレート!
「こういうお菓子を食べたかった!」と言わんばかりに、ちび達3人、ものすごく群がってきました。

私に合わせて、いろいろな商品を食べながら、しばらく買っていなかったんです。
ごめんね!

パンナコッタ風味チョコの「パンナコッタ」。

プリンに似たプルンプルンの食感でありながら、卵を使わずにゼラチンで固めているデザートで、プリンより生クリームや牛乳感が強いのが特徴なんじゃないかなと、私は感じます。

正直に言うと、少し、ヨーグルトっぽい感じがあって、私は、あまり得意じゃないんです・・・

子ども達は、その味をいまいち理解していなくて「これ、ホワイトチョコレートでしょ。おいしい!」と、食べていました。


・ミルキー<ティラミス風味>袋

【商品名】不二家「72gペコ×サンリオキャラクターズ ミルキー袋」ティラミス風味

【発売日】2018/07/03

【参考小売価格(税別)】200円

【限定区分】期間限定

【アレルギー物質(27品目中)】乳、大豆

【内容量】72g(1粒:標準3.6g)

【カロリー(1粒当り)】15kcal

【名称】キャンデー


【注意点】
・卵、小麦を含む商品と同じ製造ラインで作られています。
卵、小麦アレルギーの方はお気を付け下さい。

当ブログでは、キャンデーはしていないんですが、今回は特別ということで。
きれいに半分の色合いがかわいらしいですね。

袋を開けた瞬間から、甘いミルキーの香りとともにコーヒーの香りがして、

「これ、子ども向け商品だよね?」

というのが、正直な第一印象です。

ティラミス風味というとこで、しっかりティラミスのコーヒーとチーズの味わいは楽しめるものの、甘味が強いティラミスといった感じです。

「ミルクコーヒーでティラミスを作りました」といえば、わかりやすいでしょうか?

やっぱり、ミルキーは子ども向けのソフトキャンデーですね。
ミルクコーヒーが好きな子ども達には大絶賛でした。


わが家の感想は・・・

3商品ともに下3人とミルキー好きの上から3番目、そして私しか食べていませんが、3商品とも5人でおいしくいただきました。

子ども向け、女の子向け商品ということもあり、旦那と1~2番目は「ミルキーだから甘いでしょ」と食べてくれませんでしたが、無理は禁物ということで・・・

※著作権の関係もあるので、不二家さんに確認してから紹介しています。
ありがとうございました。

error:すみません。コピーはできません。