スポンサーリンク

明治「濃いガルボ(galbo)」芳醇ミルク、紹介とわが家の感想

ガルボorホルンorフラン他
スポンサーリンク

濃いガルボが「芳醇ミルク」も「深みカカオ」とともに、先月リニューアルされました。

調べてみると「ガルボプレミアム 芳醇ミルク」というネーミングで発売されたのが2015年で、「ガルボプレミアム 深みカカオ」が新発売になってから約1年後のことです。

ガルボプレミアムの時も同時発売なのかと思っていたんですが、違ったんですね。
ちょっと意外です。

同じ物なのかどうかは定かではありませんが、2017年に「濃いガルボ 芳醇ミルク」というネーミングで発売され始め、今年は、そのまま「濃いガルボ 芳醇ミルク」としてのリニューアルということで、人気の高さがわかるような気がしますね。

深みカカオの紹介でもお話ししたんですが「濃いガルボ」と検索すると「濃いガルボ 売ってない」という文字が現れていたんですよね。

多分、私と同じように、リニューアルしてお店に並んでいる姿を見て「やった~!」と、喜んでいる人も多いのではないでしょうか。

【商品名】明治「濃いガルボ(galbo)」芳醇ミルク

【発売日】2018/08/21リニューアル

【参考小売価格(税別)】― 円←私が買ったスーパーでは税込232円でした。

【限定区分】

【アレルギー物質(27品目中)】小麦、卵、乳成分、大豆

【内容量】60g(標準10枚)

【カロリー(1箱当り)】346kcal

【名称】チョコレート


【注意点】
・注意点に入るかどうかわかりませんが、カロリーがあくまでも1箱あたりの推定数値です。
枚数が違うこともあるようですが、おおよそ決まっているということで、1枚あたりのグラム数とカロリーを計算してみました。

1枚当たりのグラム数 60(g)÷10(枚)=6g
1枚当たりのカロリー 346(kcal)÷10(枚)=34.6kcal

チョコレートがなくなった時に現れる外箱内側の底に描かれた「Smile」という文字と笑顔が、とっても微笑ましいですよね。
心が和みます。

個装を開けると、ミルク感たっぷりの濃厚な甘いチョコレートの香りがすごくて、香りだけでもミルクチョコレートを楽しむことができるといっても過言ではありません。

ナイフで切った時にもサクッと音が鳴るような雰囲気で、こうして見てみると、焼き菓子を包んでいるミルクチョコレートが、けっこう薄いんですよね。

「深みカカオ」を紹介した時、やっと食べることができるうれしさが大きくて、全然、気にしていなくて、味の濃厚さを考えると、もう少し厚みがあるのかと思っていました。

食べてみると「厳選ミルク仕立てのチョコレート」というだけあって、ミルクの旨味がとっても濃厚で、焼き菓子との相性がばっちりです。

焼き菓子のサクサクしているのに、ちょっとしっとりしているようなこの不思議な食感、何度、食べてもいいですよね。焼き菓子という感じがしないのは、私だけでしょうか?

濃厚な甘味がわが家の子ども達にはヒットしたみたいで「これ、おいしい!」と連発していました。
芳香ミルクは、甘党の人におすすめな商品で、大人でも子どもでも美味しく食べることができる味なのではないでしょうか。


わが家の感想は・・・

子ども6人+大人2人・・・大絶賛

という結果でした(^^)/
最後まで読んでくださり、ありがとうございました(^^)/

error:すみません。コピーはできません。