スポンサーリンク

森永「エモ(emo)」ショコラ、紹介とわが家の感想

ベイクorエモorモグモグ他
スポンサーリンク

紹介を始める前に・・・

何度目の今季最大級かわかりませんが、台風24号、沖縄に上陸しているというニュースをTVで観ました。すごいみたいですね。沖縄の方、大丈夫でしょうか?

これから、日本列島を縦断する可能性があるということで、それぞれの地域で時間差があるとは思いますが、十分、気をつけてくださいね。

紹介に入ります。

今秋、森永さんのチョコレートに新しく仲間入りしたエモ「キャラメルホワイト」を先日、紹介しましたが、2商品目「ショコラ」を紹介していこうと思います。

キャラメルホワイトは真っ青なパッケージでしたが、ショコラは真っ赤なパッケージでインパクトがあり、流れるようなチョコレートの帯上に浮かぶチョコレートの姿が、キャラメルホワイトの時と違ってしっかりチョコレートのイメージですね。

ショコラということで、カカオの茶系色がしっかりしているので、アイボリホワイトとの色の違いかなと思いますが、色が違うだけでこんなに印象が違うなんて、すごいなというのが第一印象です。

【商品名】森永「エモ(emo)」ショコラ

【発売日】2018/09/25

【参考小売価格(税別)】200円

【限定区分】期間限定

【アレルギー物質(27品目中)】乳、大豆

【内容量】42g(1粒:標準4.2g)←標準10粒

【カロリー(1粒当り)】24kcal

【名称】準チョコレート


【注意点】
・小麦、卵を含む商品と同じ製造ラインで作られています。
小麦、卵アレルギーの方はお気を付け下さい。

個装も同色を使った真っ赤な背景で、個装を全て出してみると、底に「emo」の文字が現れるところに、デザインへのこだわりが感じられます。

個装を開けると、なんとも言えない香ばしいカカオの香りがして、今回は、不思議感や違和感はまったくないかなと思いつつ・・・やっぱりこの感触!

チョコレートらしからぬ、さらさらした感触は、ショコラでも健在です。

ナイフがす~っと入って、とっても気持ちがいいくらいに柔らかくて、とっても切りやすいです。

食べた時の食感が2商品目になると、わかっているだけに「emo」のヒントになった「emotional(感動的な)」な気持ちが半減してしまいましたが、やっぱり不思議なくらいになめらかな食感で、口溶け最高です。
なめらか過ぎて口の中ですぐに溶けてしまうんですが、焼きチョコともトリュフとも違う本当に新しい食感です。

カカオの苦味をかすかに感じるんですが甘味もあって、とても優しいショコラの味わいを感じることができます。後味も悪くないので、ついつい食べすぎてしまいそうです。

どちらかというと甘味が強いので、甘党の人におすすめな商品かなと思いますが、この食感は、全ての人に、ぜひ1度は味わっていただきたいので、

「ビターチョコレートなんかも発売になると嬉しいなぁ~」

と思う、今日この頃です。


わが家の感想は・・・

全員一致・・・大絶賛

という結果でした(^^)/
最後まで読んでくださり、ありがとうございました(^^)/

error:すみません。コピーはできません。