スポンサーリンク

【2018】明治「きのこの山」紫いも味、紹介とわが家の感想

たけのこorきのこ
スポンサーリンク

きのこの山からの秋の味わいは「紫いも味」。
パッケージの空に当たる部分に、かわいらしい紫いもがたくさん並んでいるのが印象的です。

ちょっと毒々しい色に見えなくもないですが、きのこの山のこういった色も見慣れてくると、なんとなく愛着がある気がするのは、私だけでしょうか?

去年(2017)は「和栗のモンブラン味」でしたが、今回は紫いもということで、ほくほくした紫いもをほおばるきの山さんの姿を、思わず想像してしまいました。

【商品名】明治「きのこの山」紫いも味

【発売日】2018/09/04

【参考小売価格(税込)】― 円←私が買ったスーパーでは税込171円でした。

【限定区分】期間限定

【アレルギー物質(27品目中)】小麦、乳成分、大豆

【内容量】66g

【カロリー(1箱当り)】377kcal

【名称】チョコレート菓子


【注意点】
・卵を含む商品と同じ製造ラインで作られています。
卵アレルギーの方はお気を付け下さい。


きのたけ国民総選挙【2018】が終わり、今日、投票結果が発表になりましたね。
私の予想は、完全に外れちゃいました。

きのたけ国民総選挙の終わりがけに、きのこの山がものすごい勢いで追い上げていたので、この1か月ちょっとの間、そのまま追い越すんじゃないかと思っていたんですが、残念ながら、僅差(?)でたけのこの里の勝利でしたね。

9/11最終得票数は・・・

党名 パーセンテージ(%) 投票数(票)
きのこ党426,761,773
たけのこ党446,931,220
どっちも党142,238,204

正直に言うと、きのこの山の紹介記事でいうのもなんですが、ちょっと嬉しかったりも・・・
きのこ党の方に怒られちゃいますね(汗)

紫いもって、さつまいもに似ているけど、少し違う独特な甘味がありますよね。

内装を開けると、まさに紫きのこ・・・じゃなくて、紫いもの独特な甘い香りがします。
現れる少し毒々しいながらにかわいらしいきのこ達が、とっても色鮮やかですよね。

ナイフで切ろうと思ったら、パカッとチョコレート部分がビスケットから外れて、多分、今までで初めて中の様子を見たような気がします。
基本的にビスケット部分についているのは下側のチョコレートなんですね。
ずっと、下部分は下部分、上部分は上部分でビスケットについているんだと思っていました。

口に入れると、紫いもの香りとともにホワイトチョコレートの香りが口の中に広がり、後から味わいが口の中に広がるような感覚でした。

独特な紫いも味の甘いチョコレートと、カリカリ食感のビスケットがとても相性が良くて、思っていたより甘さを気にせずに食べることができました。

たけのこの里ときのこの山の好みの違いは、チョコ部分がどうこうというより、このビスケットとクッキーの違いですよね、きっと。
わが家にも、たけのこ派ときのこ派がいて、買うと必ずといっていいほど「きのこの方がいい」「たけのこの方がいい」という話になります。

国民総選挙が行われるようになって、しかも合わせて約1600万票もの票が集まるだけ、みんなが関心があるのもわかるような気がします。


わが家の感想は・・・

子ども6人+私・・・絶賛
旦那・・・甘い。紫いもはおいしいけど、ホワイトチョコレートが苦手

という結果でした(^^)/
最後まで読んでくださり、ありがとうございました(^^)/

error:すみません。コピーはできません。