スポンサーリンク

グリコ「神戸ローストショコラ(Kobe roasted chocolate)」バンホーテンブレンド<クリーミーミルク>、紹介とわが家の感想

神戸ローストorホーバル
スポンサーリンク

グリコ神戸ファクトリー(ポッキー、プリッツ、ビスコなどを製造していて見学もできるグリコさんの主力工場)で自家焙煎されたカカオを使った「神戸ローストショコラ」から、パーソナルタイプが新発売になりました。

ちなみに、グリコ神戸ファクトリー内部の工場見学ができる「グリコピア神戸」が、今年30周年を迎え、10/1(月)からリニューアルオープンするということなんですが、行ったことありますか?
ん~・・・行ってみたい!

少し調べてみると、2014年に大袋タイプの2種商品の持ち運びしやすいミニタイプが発売されていたみたいですね。

「濃厚ミルク」が54g、「ゴーフレット」が53gだったみたいなので、今回のパーソナルタイプと、だいたい同じくらいの容量だったようです。

パーソナルタイプは、大袋タイプの神戸ローストショコラとは違い、オランダ産のバンホーテンココアがブレンドされているんですが、正直に言うと、グリコさんには申し訳ないんですが、神戸ローストショコラ自体、まだ食べたことがないんですよね・・・

違いがまったくわかりませんが、コクのあるバンホーテンココアの味わいを取り入れた「クリーミーミルク」の味わい。
グリコさんならではのチョコレートの味わいを楽しめそうな予感がします。

【商品名】
グリコ「神戸ローストショコラ」バンホーテンブレンド<クリーミーミルク>

【発売日】2018/09/11

【価格(税込)】―円←私が買ったスーパーでは、税込129円でした。

【アレルギー物質(27品目中)】乳成分、大豆

【内容量】53g(12粒)

【カロリー(1箱当り)】300kcal

【名称】チョコレート


【注意点】
・卵、小麦、ピーナッツを含む商品と同じ製造ラインで作られています。
卵、小麦、ピーナッツアレルギーの方はお気を付け下さい。

・注意点に入るかどうかわかりませんが、カロリーがあくまでも1箱あたりの推定数値です。
粒数が決まっているということで、1粒あたりのグラム数とカロリーを計算してみました。

1粒当たりのグラム数 53(g)÷12(粒)=4.416…g
1粒当たりのカロリー 300(kcal)÷12(粒)=25kcal

クリーム色の内装を開けたとたん、ふわっと濃厚なカカオの香りとコクのあるミルクの香りがすごい!香りだけでも、すでに美味しさが伝わってくるようです。

チョコレートのデザインもそうですが、きれいに並んでいる1粒1粒が、若干、斜めになるように作られたトレーにグリコさんのこだわりが感じられます。

「神戸生まれ、欧州仕立て」という側面に書かれた言葉に、なんとも言えない高級感を感じますよね。

高級感のある滑らかさを感じさせるこの形、半分に切るのがもったいないくらいです。

食べてみると、なんていうまろやかさなんでしょう!

口いっぱいにコクのある旨味のミルクチョコレートの味わいが広がるんですが、まるでミルクココアを食べているような感覚で、チョコを噛まなくても舌の上で溶けてなくなっていくほどに、なめらかな食感です。
バンホーテンブレンドの効果なんですかね?

ちょっと疲れを感じた時に1粒ほしい味わいで、とっても濃厚な甘味のあるミルクチョコです。
甘党の人におすすめなチョコレートなんですが、ぜひ、苦味のあるハイカカオ好きの人にも食べてほしい1品で、十分、カカオの香りや旨味を堪能できると思いますよ。


わが家の感想は・・・

全員一致・・・大絶賛

という結果でした(^^)/
最後まで読んでくださり、ありがとうございました(^^)/

error:すみません。コピーはできません。