スポンサーリンク

【2018】森永「小枝(KOEDA)」和栗味、紹介とわが家の感想

小枝
スポンサーリンク

森永さんから秋の味わい商品がいくつか発売されていて、そのひとつが小枝の「和栗味」で、調べてみると、

2017年「小枝 モンブラン」
2016年「小枝 栗」
2015年「小枝 モンブラン」
2013年・2014年みつけることができず
2012年「小枝 2つの栗のモンブラン」

と、2013・2014年は、みつけることができませんでしたが、近年では、小枝からの秋の味わいは、栗味が使われています。

正直に言うと、森永さんには申し訳ないんですが、ティータイムパックの小枝「ミルク」は、時々、買うことがありますが、箱タイプは何年ぶりでしょうか・・・。
久しぶりの小枝の季節の味わい、食べるのが楽しみです。

【商品名】森永「小枝(KOEDA)」和栗味

【発売日】2018/08/21

【参考小売価格(税別)】180円

【限定区分】期間限定

【アレルギー物質(27品目中)】小麦、乳、大豆

【内容量】44本(4本×11袋)←1小袋:標準5.6g

【カロリー(1小袋当り)】30kcal

【名称】準チョコレート


【注意点】
・卵を含む商品と同じ製造ラインで作られています。
卵アレルギーの方はお気を付け下さい。

小枝「ミルク」は、赤色の似たような小袋だったと思うんですが、和栗味はオレンジ色の小袋で、小袋に描かれた絵柄が「リス」「小鳥」「狐」「フクロウ」の4種類入っていました。
秋らしいオレンジの色合いの動物たちが、とってもかわいらしい小袋です。

小枝「ミルク」の小袋が「どんな絵柄だったかな~?」と、思い出せません。
どれだけ自分が何にも気にせずに食べていたかを、実感させられました。

小袋を開けた時の甘味のある和栗の香りが、チョコレートの香りとともに漂ってきます。
とっても濃厚な栗のいい香りがして、栗好きには、たまらない香りです。

小枝のはじっこを見ればわかるんですが、一応、いつも通りナイフで切ってみました。
いつもの小麦パフと一緒に栗風味チップが入っている代わりに、いつものシュガーコートアーモンドが入っていません。

口の中に入れた瞬間から、和栗の甘味が口の中に広がり、そのすごさにびっくりしました。

どちらかというと、蒸した栗というより焼き栗っぽい味わいで、正直に言うと、チョコレートの甘味と調和しているというより、若干、コリコリとなる栗チップの主張がなかなかに強く、ぶつかり合っているような感じも受けなくはないんですが、それをサクサク食感の小麦パフとビスケットが仲を取り持ってくれることで調和されていておいしいと、私は感じました。

栗好きな旦那と子ども1人が「栗の味が強すぎて、小枝の良さがなくなっているかな」と言って、あまり得意ではなかったみたいなので、栗好きでも、栗味がかなり強いので、チョコレートと混ざり合うことで、若干、好みが分かれるところなのかもしれませんね。


わが家の感想は・・・

子ども4人+私・・・絶賛
子ども1人+旦那・・・栗は好きだけど、栗の味が強すぎてチョコレートの味が負けている
子ども1人・・・栗自体が苦手

という結果でした(^^)/
最後まで読んでくださり、ありがとうございました(^^)/

error:すみません。コピーはできません。