スポンサーリンク

森永「大玉チョコボール(CHOCOBALL)ピーナッツ」紹介とわが家の感想

チョコボール
スポンサーリンク

子どもが大好きなチョコボールから、約2.5倍もの大きさの大玉チョコボールが登場してから、約半年。当ブログを始めたばかりの頃に発売になったんですが、

「私に、この味の違いがわかるのかな・・・?」
「そんなに違いがあるとは思えないんだよね・・・」

という気持ちが働き、大玉チョコボールも、なかなか手を出すことができずにいたんですが、よく見てみると・・・

子どもが大好きなチョコボールの名称は「準チョコレート菓子」なんですが、大玉チョコボールの名称は「チョコレート」。

さらに、原材料が全く違うって知っていますか?

大玉チョコボールのチョコレートには、ヘーゼルナッツペーストやアーモンドが使われているこだわりのチョコレートで、しかもクリスプ層はダブルロースト!

大玉チョコボールは、見た目だけじゃなく、味わいにもこだわった子どもから大人まで、おいしく食べることができるチョコボールなんだと、なんとなく納得できたので、リニューアルに伴い、買ってみることにしました。

【商品名】森永「大玉チョコボール(CHOCOBALL)ピーナッツ」

【発売日】2018/02/20 2018/09/18リニューアル

【参考小売価格(税別)】160円

【アレルギー物質(27品目中)】小麦、乳、落花生、大豆

【内容量】56g

【カロリー(1袋当り)】319kcal

【名称】チョコレート


【注意点】
・卵を含む商品と同じ製造ラインで作られています。
卵アレルギーの方はお気を付け下さい。

残念ながら、金のチョコ玉は、今回も入っていませんでした。
ん~・・・見てみたい!

若干、香りが濃厚な気もするんですけど「そんなに違うかな・・・」という気持ちの方が強いのが、正直なところで、森永さんには申し訳ないんですが、「やっぱり買わなくてもよかったかな」という気持ちが働き始めました。

みなさんは、この香りの違い、わかるんでしょうか・・・?

金のチョコ玉入りをみつけた時には、こんな風に並んでいる写真を更新させてもらいますね。
というか、半分に切った時に、かすかに焦がしたような苦みのある香りがするような・・・

そんなに違いはないんだろうなと思いながら、口の中に入れると、意外にも私でも違いがわかったんです!これは、決して子どもだけの味ではないですね。

普通に、濃厚でコクのある甘味のおいしいチョコレートで、若干、チョコ量が多いかなという印象です。

かじってみると、ピーナッツチョコレートの香ばしい香りと味わいが口の中に広がるんですけど、クリスプのカリカリ食感は、しっかりチョコボールです。

正直に言うと、私にはピーナッツなのかクリスプなのかわかりづらかったんですが、香ばしい焦がしたような苦味のある味わいを感じ、

「これがダブルローストの味わいなのかな?」

と、感じました。これは、たしかに子どもも大人も楽しむことができるチョコボールですね。
人によって感じ方は違うかもしれませんが、私もなんとなく違いがわかってよかった~!


わが家の感想は・・・

全員一致・・・大絶賛

という結果でした(^^)/
最後まで読んでくださり、ありがとうございました(^^)/

error:すみません。コピーはできません。