スポンサーリンク

【2018】森永「ベイク(BAKE)」半熟ショコラ、紹介とわが家の感想

ベイクorエモorモグモグ他
スポンサーリンク

先日、セブンイレブンに行った時にみつけたのが「ベイク半熟ショコラ」で、チョコレートの新商品は、火曜日からだと思っていたんですが、月曜日の発売ということで新発見です。

以前にも販売されたことがあったのかと思い、調べてみると、ベイクとしての販売ではないので同じものなのか違うものか、はっきりしたことはわかりませんでしたが、2015年に「半熟ショコラ」というネーミングで、似たような商品が発売されていました。

その時には、森永さんが特許を取っているベイクを作る時の製法「ベイクドチョコ技術」と半生ケーキを作る時の製法技術を融合させた商品として販売されていて、翌年には「半熟ショコラ(ホワイト)」が発売されています。

ベイククッキーのティータイムパックが今年の6月に発売になって、わが家でも気軽に買えるようになって喜んでいたんですが、こんなゴージャスなベイクは初めてで、食べるのが今から楽しみです。

【商品名】森永「ベイク(BAKE)」半熟ショコラ

【発売日】2018/10/08(セブンイレブン限定)

【小売価格(税別)】― 円←私が買ったセブンイレブンでは税込195円でした。

【アレルギー物質(27品目中)】小麦、卵、乳、大豆

【内容量】5本(1本:標準7.0g)

【カロリー(1本当り)】37kcal

【名称】準チョコレート


 

【注意点】
・洋酒が使われています。
アルコール分1%未満ということで、0.999…という場合も考えられます。
考え方の違いもあるので一概には言えませんが、お子さんやアルコールがとても弱い人、妊婦さんなど、運転時などは控える等の配慮が必要です。

ゴージャスな雰囲気の内装を開けると、少し苦みのあるカカオの香りがとっても香ばしいです。
いつものベイククッキーと比べると、長さが2.5倍くらいあるでしょうか・・・?

技術力の高さが値段に反映しているような気もしなくもないですが、それだけの価値がある香りで、洋酒の香りがかすかにして「大人のベイク」という印象です。

ベイクでありながらベイクではないようなくらいに、ナイフで切った時のしっとり感がすごくて、生チョコのような雰囲気さえあります。

口に入れた瞬間に「しっとりくちどけ」の意味がすぐにわかります。

ケーキのスポンジのような食感もありつつ、口に入れると溶けだすくらいに柔らかくて、カカオの苦味なのか洋酒の苦味なのかわからないんですが、濃厚でコクのある苦味を感じ、遠くから甘味が追いかけてきて、苦味に追いつけないままに溶けてしまいます。

これは、まさに「大人のベイク」ですね。

アルコール1%未満ということで、1番上と私達夫婦3人での感想になりますが、まだ、お酒になれていない1番上でもおいしく食べることはできたんですが、若干、洋酒の香りに戸惑っていたみたいです。

お酒に弱い方にとっては、ちょっと洋酒を感じるかもしれませんが、それほど強い感じではないので、洋酒入りのケーキ屋チョコレートが好きな甘党の方であれば、おいしく食べることができると思いますよ。


 

わが家の感想は・・・

大人2人・・・大絶賛
子ども1人・・・洋酒の香りがするけどおいしい。

という結果でした(^^)/
最後まで読んでくださり、ありがとうございました(^^)

error:すみません。コピーはできません。