スポンサーリンク

ロッテ「ゼロ(ZERO)」シュガーフリービスケット、紹介とわが家の感想

ふんわりプチケーキ(プチブッセ)orカスタードorその他洋菓子
スポンサーリンク

ロッテさんのゼロシリーズから、今月、新しく仲間入りした3商品のひとつ「ゼロシュガーフリービスケット」。さっぱりとしたデザインで、シンプルさが気に入りました。

初めて食べる物なので、同じものかどうかはわかりませんが、今年の初め頃にローソンさん限定商品としても「ゼロシュガーフリービスケット」が販売されていたようですが、2014年にも「ゼロプラス」というネーミングで、ココアと抹茶味が糖類0のビスケットとして販売されていたみたいですね。

正直に言うと、ロッテさんには申し訳ないんですが、ゼロチョコレートは知っていたものの、ビスケットがあったのは全く知らず・・・ちょっとした冒険をする気分です。

【商品名】ロッテ「ゼロ(ZERO)」シュガーフリービスケット

【発売日】2018/10/09(コンビニエンスストア・駅売店限定)

【想定小売価格(税別)】150円前後

【アレルギー物質(27品目中)】卵、乳成分、小麦、大豆

【内容量】26g←12枚入っていました。

【カロリー(1袋当り)】106kcal

【名称】ビスケット


【注意点】
・オレンジ、鶏肉、バナナ、やまいも、りんご、ゼラチンを含む商品と同じ製造ラインで作られています。
オレンジ、鶏肉、バナナ、やまいも、りんご、ゼラチンアレルギーの方はお気を付け下さい。

・あくまでも私の見解ですが、砂糖や乳糖が不使用なため、人工甘味料が使用されています。「糖類ゼロだから大丈夫」と、食べすぎないようにご注意ください。

・注意点に入るかどうかわかりませんが、カロリーがあくまでも1袋あたりの推定数値です。
枚数が違うこともあるようですが、おおよそ決まっていそうなので、1枚あたりのグラム数とカロリーを計算してみました。

1枚当たりのグラム数 26(g)÷12(枚)=2.166…g
1枚当たりのカロリー 106(kcal)÷12(枚)=8.833…kcal

外装を開けてみると、見た目はクッキーなんですが、けっこう硬さがあり、ビスケットの感触に近いですね・・・って、ビスケットでしたね。

糖類0なので「そんなに甘い香りがしないんだろうな」と、思いながら外装を開けたんですが、意外と甘いクッキーのような香りがふわっと漂ってきて、ちょっとびっくりしました。

「一応いつも通りに」と思ってナイフで切ると、サクサク過ぎて、ぽろぽろと崩れてしまいました。

食べてみると、とにかくやさしい味わいですね。

濃厚さはありませんが、思ったよりも甘味があって、小さな子どもでも食べられそうな雰囲気なくらいにやさしい味に仕上がっていて、天然ではないなというのは感じるものの、思っていた以上に「シュガーフリービスケット」も、薬臭い感じはあまりしませんでした。

わたしの中で、勝手に「ビスケットは、サクサク食感の中にもカリッとなるような焼き菓子で、クッキーはサクサク食感がありながらしっとり食感があるもの」と、勝手に決めていたんですが、シュガーフリービスケットは、どちらかというとクッキーに近い食感のように感じました。

「どうして見た目も食感もクッキーに近いのにビスケットなんだろう?」

という疑問が出てきて、調べてみると、

「基本的には、クッキーとビスケットは同じもの。日本のお菓子業界では、糖分と脂肪分が合計で40%以上含み、手作り感のあるお菓子をクッキーとよぶことで区別する傾向にある。

また、アメリカでは、私達が知っているクッキーやビスケットはすべてクッキー、柔らかいパンのことをビスケットといい、イギリスではビスケットのみで、クッキーという言葉が存在しない。」

とのことでした。なるほどね、硬さで決めるわけじゃないんですね。

ただ、やっぱり糖類0ですね。
甘党の人にとっては、ちょっと物足りないんじゃないかなと思います。


わが家の感想は・・・

全員一致・・・絶賛

という結果でした(^^)/
最後まで読んでくださり、ありがとうございました(^^)/

error:すみません。コピーはできません。