スポンサーリンク

グリコ「神戸ローストショコラ(Kobe roasted chocolate)」大人のビター、紹介とわが家の感想

神戸ローストorホーバル
スポンサーリンク

2013年から発売されている神戸ローストショコラから「大人のビター」が発売されてから1か月以上が経ってしまっているので、すでに食べてみたという人もたくさんいるのではないでしょうか。

最近、姿を見ないスーパーも見かけるようになったんですが、ネットショッピングでは、まだまだ販売しているようなので、紹介してみることにしました。

調べた限りでは、「大人のビター」が神戸ローストショコラから発売されたのは、初めてみたいです。

裏面に書かれているんですが、グリコ神戸ファクトリーで自家焙煎したカカオを定番「神戸ローストショコラ」2商品よりも2倍の量を使っているという超贅沢なビターチョコレートで、カカオ50%と書かれているビターチョコは、そう多くはないのではないでしょうか。

ちなみに、「神戸ローストショコラ」というネーミングは、神戸ファクトリーで自家焙煎しているところからつけられたネーミングで、よく考えると、

「神戸(で)ロースト(した)ショコラ」=「神戸(で)焙煎(した)チョコレート」

日本語にすると、上記のようになりますもんね。

大袋タイプのビターということで、子ども達がどうか少し不安もあったんですが、どうしても食べてみたいという私の勝手な理由で、買ってきてしまいました。

【商品名】グリコ「神戸ローストショコラ(Kobe roasted chocolate)」大人のビター

【発売日】2018/10/02

【アレルギー物質(27品目中)】乳成分、大豆

【内容量】178g(1粒:標準7.2g)

【カロリー(1粒当り)】41kcal

【名称】チョコレート


【注意点】
・卵、小麦、ピーナッツを含む商品と同じ製造ラインで作られています。
卵、小麦、ピーナッツアレルギーの方はお気を付け下さい。

外装を開けると、まさに「ビターチョコ」という装いの個装がたくさん現れ、カカオの苦みのある香りが漂います。

濃厚なカカオの苦みのある香りに、わが家の子ども達がついてこれるかどうか、ちょっと不安になりつつ、私としては、早く食べたい気持ちでいっぱいです。

思っていたよりも少し固めのチョコレートで、ナイフを入れると、途中でぱきっと割れてしまいました。

食べてみると、深みのあるカカオの苦味が心地よくて、プラスして濃厚な甘味が溢れ出てくるのを感じ、固さのわりには、なめらかにす~っと溶けていく食感が素晴らしいです。
これだけ濃厚な味わいなのに、まったく後味が悪くありません。

これは、ちょっと不思議な感覚ですね。
フルーティーさのあるフルーツチョコレートとは違うのに、なにかの酸味のようなものを感じるような、さっぱりした感覚です。

ハイカカオが苦手な子ども達、

「少し大人の味がする気がするけど、おいしい。」

と、しっかりこの「大人のビター」についてくることができました。


わが家の感想は・・・

全員一致・・・大絶賛

という結果でした(^^)/
最後まで読んでくださり、ありがとうございました(^^)/

error:すみません。コピーはできません。