スポンサーリンク

不二家「窯焼きミルキー(Milky)」ロイヤルミルクティー、紹介とわが家の感想

ミルキーorホームパイorその他
スポンサーリンク

一気に寒くなってきて、私が住んでいる地域では、根雪になりつつあります。
寒くなっていくこの時季、体が温まる紅茶がおいしく感じられる時期でもありますよね。

そんな体を温めるのにもってこいの味わい「ロイヤルミルクティー」が、「窯焼きミルキー」から新たに登場です。

調べた限りでは、今回が初の味わい・・・というか、窯焼きミルキー自体が今年からの商品ですもんね。当ブログでも紹介させてもらったんですが、ちょっと不思議な感覚の今までに食べたことがないような食感だったのを思い出しました。

このての商品は、みつけたと思ってもすぐに姿が見えなくなっちゃうので、リピートしようと思った時には、もう姿が見えないなんてこともよくあって、子ども達が残念がっていたんです。

ミルクティーに合うというアッサム紅茶を使ったロイヤルミルクティーの味わいと、ミルキーの味わいがどんな風に交じり合うのか、正直に言うと、ちょっと心配です・・・

【商品名】不二家「窯焼きミルキー(Milky)」ロイヤルミルクティー

【発売日】2013/11/13

【参考小売価格(税込)】130円

【アレルギー物質(27品目中)】

【内容量】38g→10個入っていました。

【カロリー(1袋当り)】207kcal

【名称】洋菓子


【注意点】
・卵、小麦を含む商品と同じ製造ラインで作られています。
卵、小麦アレルギーの方はお気を付け下さい。

・注意点に入るかどうかわかりませんが、カロリーがあくまでも1袋あたりの推定数値です。
個数が違うこともあるようですが、おおよそ決まっていそうなので、1個あたりのグラム数とカロリーを計算してみました。

1個当たりのグラム数 38(g)÷10(個)=38g
1個当たりのカロリー 207(kcal)÷10(個)=20.7kcal

外装を開けると、ふわっと香る濃厚なミルクティーの香りに、心が落ち着くんですけど、かなり甘めのミルクティーという印象です。

そして現れる不思議な感触のミルキー達。
ミルキーなのにミルキーじゃないこの不思議さは、写真や文字では伝わらないかもですね。
ちょっと触ったら崩れてしまいそうな雰囲気です。

ナイフを入れると、ほろほろと崩れてしまい、あまりのすごさに再度挑戦・・・
2個目でなんとか、写真のような感じです。内側に何か入っているわけではないので、あまり必要ないかもですが・・・

食べてみると、とにかく甘味が強いミルクティーの味わいで、「さすがミルキー」というのが第一印象です。

「さくさくほろほろ」の食感が、何度食べても不思議な食感で、噛むとサクッと音がしたと思ったらすぐにほろほろと崩れ、すぐに溶けてなくなってしまいます。

味わい的には、ミルキーの特徴ともいえるミルク感たっぷりの濃厚なロイヤルミルクティーなのに、歯につかないのがなんとも言えない不思議感です。

ちなみに、アッサム紅茶ってよく聞くんですけど、紅茶のことはあまり知らない私。
ちょっと調べてみたんですが、

北島インドにあるアッサム州にあるアッサム平原で収穫した茶葉で、紅茶の中でも濃厚なコクのある旨味と香りが強く、ミルクティーにしてもしっかりと紅茶の味を楽しめる。

という紅茶なんだそうです。
そんな濃厚な紅茶と濃厚なミルキーがコラボしたからこそ、これだけの濃厚な旨味の味わいになるんですね。

食感的に好き嫌いがわかれるんじゃないかなと思いますが、甘党の人におすすめな商品で、ミルクティー好きの人にはもってこいの味わいかと思いますよ。


わが家の感想は・・・

子ども1人+私・・・絶賛。
子ども5人・・・ミルクティー自体が苦手。
旦那・・・とにかく甘い。

という結果でした(^^)/
最後まで読んでくださり、ありがとうございました(^^)/

error:すみません。コピーはできません。