スポンサーリンク

森永チョコレート「ベイク(BAKE)」あまおう苺味、紹介とわが家の感想

ベイクorエモorモグモグ他
スポンサーリンク

「いちごの王様」といわれるあまおう苺と、森永さんのコラボレーション「いちご祭り」が始まり、今年は、新しい仲間が2商品増え、全6種類です。

6種類の中でも、新しく仲間入りした2商品のうち1つが、今回紹介する「ベイク<あまおう苺味>」。いちご祭りとしての発売も初めてですが、ベイク<あまおう苺味>自体が、初めての味わいです。

中央の赤色の背景と白字で書かれた文字の組み合わせが、左下にある半分になった苺と同じ色合いが同じなんですよね。ぴったりな組み合わせなんだと、今さらながら気づきました。

ピンク色の背景に、真っ赤ないちごがたくさん散りばめられていて、とてもかわいらしいパッケージですよね。

【商品名】森永チョコレート「ベイク(BAKE)」あまおう苺

【発売日】2018/12/04(期間限定、なくなり次第終了)

【参考小売価格(税別)】128円

【アレルギー物質(27品目中)】小麦、乳、大豆

【内容量】10粒(1粒:標準3.5g)

【カロリー(1粒当り)】20kcal

【名称】準チョコレート


【注意点】
・卵を含む商品と同じ製造ラインで作られています。
卵アレルギーの方はお気を付け下さい。

どちらかというと、子ども向けの完熟した苺のように、甘味のある苺の香りなのかなと思っていたんですが、けっこう甘酸っぱい苺の香りがします。

そして、ベイクはトレーに特徴があって、半分・・・ではないんですが、6個と4個に分けられるトレーは、期間限定品でも健在ですね。

ちなみに、下写真のように、外装の上部や下部をハサミなどで切って開けると、せっかくトレーがコンパクトになっても、袋が閉じづらいことに気づきました。

4粒側のトレーなら閉じれなくもないんですが、6粒側のトレーになると、どう頑張っても閉じることができませんでした。

「もしかしたら、全部、食べることができないかもしれないな~。」

と思う時には、必ずパッケージの横部分を切って開けてくださいね。
横部分なら手でも簡単に開けられるので、上部や下部から開ける人は、あまりいないかもしれませんが・・・

2層になっているのがわかりやすいように、写真を明るくしてみたんですがわかるでしょうか?

「チョコレートって焼くと、こんなにサクサクになるんだなぁ」

と思うくらいに、パリッとしたサクサク食感の外側に対し、内側はしっとりしているようなふわっとしているような不思議な食感。

ベイクの特徴でもある食感はそのままに、しっかり甘酸っぱい苺の味わいが口の中に広がるんですけど、よく考えると、苺オンリーの味わいなんですよね。

クッキーやスポンジなどに挟まれていたり、チョコレートで包まれていたりといったいちご味のお菓子が多い中、苺だけの味わいをしっかり楽しむことができるというのも、ベイク<あまおう苺味>の特徴のひとつかもしれませんね。


わが家の感想は・・・

子ども4人+私・・・大絶賛
子ども2人・・・ちょっと酸っぱい
旦那・・・ベイク<クッキー>の方がおいしい。

という結果でした(^^)/
最後まで読んでくださり、ありがとうございました(^^)/

error:すみません。コピーはできません。