スポンサーリンク

【2018】ロッテ「シャルロッテ(Charlotte)生チョコレート」フランボワーズ、紹介とわが家の感想

アーモンドショコラorシャルロッテ
スポンサーリンク

鮮やかなピンク色に染まったシャルロッテ店が、新しく開店です。
その名も「シャルロッテ 生チョコレート<フランボワーズ>」支店。

「なつかしいな~。初めて紹介したのシャルロッテなんだよね。しかも、これ紹介したことある。」

なんて、以前の記事を確認してみたところ、なんと、味が以前のものとは違うんですよね!

今年の1月に発売された「生チョコレート フリュイ・ルージュ」は、苺の味わいのもので、原材料を見ると、同じように濃縮フランボワーズ果汁は使われているんですが、ストロベリー濃縮果汁がメインに使用されていて、ライチ果汁は使われていませんでした。

また、3月に発売された「ドューブルショコラ フランボワーズ」は、チョコレートの見た目自体が違い、隠し味にレモンを加えたフランボワーズチョコが使われていて、フルーツ果汁パウダーと書かれているのみで、フランボワーズ果汁の文字がありませんでした。

今回は、ストロベリー果汁ともレモンとも書かれていないので、どちらの商品とも、まったく違う商品ですね。

【商品名】ロッテ「シャルロッテ(Charlotte)生チョコレート」フランボワーズ

【発売日】2018/12/04(期間限定)

【想定小売価格(税別)】280円

【アレルギー物質(27品目中)】乳成分、大豆

【内容量】12枚(1枚:標準5.7g)

【カロリー(1枚当り)】32kcal

【名称】チョコレート


【注意点】
・卵、小麦を含む商品と同じ製造ラインで作られています。
卵、小麦アレルギーの方はお気を付け下さい。

・洋酒・酒精が使われています。
大丈夫かと思いますが、お子さんやアルコールがとても弱い人、妊婦さんなどは、お気を付け下さい。

個装の雰囲気が変わりましたね。

以前は、外箱の表パッケージのイラストを切り分けた絵柄だったんですが、プレゼントやシャルロッテ店のストーリーには欠かせない店主と女の子が描かれていて、裏面には、メッセージをかける吹き出しや、ロッテさんからのメッセージが書かれています。

せっかくなので、今、こうして当ブログを見てくれているみなさんに、1番私が伝えたい気持ちを書いてみました。

シャルロッテのこの薄さにもだいぶ慣れてきましたが、やっぱり技術力のすごさですね。

食べた時に、隠し味のライチの味わいを感じることは、私にはできませんでしたが、思っていた以上に甘酸っぱいフルーティーな味わいの「フランボワーズ=木いちごチョコ」で、包み込んでいるチョコレートの濃厚な味わいと混ざり合うことで、最高のハーモニーを奏で始めます。

濃厚さもありながら酸味が調和してくれることで、さっぱりと食べることができる味わいなうえに、とっても口どけのいいなめらかな食感の生チョコレートなので、すぐに溶けてなくなってしまい、もう1枚もう1枚と、ついつい手が伸びてしまいそうです。

甘党の人にもおすすめですが、どちらかというと、甘酸っぱいフルーティーな味わいのチョコレートが好きな人におすすめな商品なのではないでしょうか。


わが家の感想は・・・

子ども4人+大人2人・・・大絶賛
子ども1人・・・ちょっと酸っぱいけどおいしい。
子ども1人・・・酸っぱい。

という結果でした(^^)/
最後まで読んでくださり、ありがとうございました(^^)/

error:すみません。コピーはできません。