スポンサーリンク

セブンイレブン「チョコレートケーキ 6号」クリスマスケーキ、紹介とわが家の感想

その他
スポンサーリンク

今回は、ちょっと新商品から離れ、わが家が今回、セブンイレブンさんに頼んだクリスマスケーキ「チョコレートケーキ6号」を紹介したいと思います。

毎年、クリスマスケーキは必ずと言っていいほど、セブンイレブンさんのカタログからデコレーションケーキを買っていて、いつもは「クリスマスかまくら」を買っているんですが、下の子達も大きくなり、「クリスマスかまくら」では足りないんですよね。

そこで、今回は、いつもとは違う感じで、「チョコレートケーキ6号」にしてみました。

クリスマスが終わってからの紹介になるので、すでに販売終了しているので、どうかなとも思ったんですが、とりあえず、せっかくなので紹介してみることにしました。

こうして原材料名を見てみると、安い理由がやっとわかりました。
準チョコレートを使っていて、よく考えると、生クリームではないんですよね。

いつものような発売日や価格などの紹介は、ちょっと難しいので省かせてもらいますが、アレルギー的には「卵」「乳」「小麦」の3種類が書かれています。

それと、洋酒も入っているみたいですが、お菓子や料理を作る時に、使うくらいの量なんじゃないかなと思います。

そして、私はこの段階で「抹茶」という文字がないことにまったく気づいていませんでした。

お花の形に飾られたクリームが、かわいらしいこのチョコレートケーキ、なんと税抜1,950円!
税込でも2,106円という、なんとも財布にやさしいケーキなんです!

「ケーキだけじゃなくてアイスも一緒に頼むのもいいよね。」

ということになり、カタログ内にある「モチクリームアイス<クリスマスアソート>」を頼むことになった都合上、ケーキを安いものに抑えさせてもらいました。

普段、チョコレートケーキを買う機会がないので、すごく久しぶりに食べます。

ナイフを入れた一刀目。何やら、お花が危険な雰囲気・・・

8等分に切った状態。
やっぱり、お花が大変なことになってしまいました・・・

もう少しきれいに切れたら、ブログに載せるのにもきれいなんですけどね。
下手さをアピールしている状態になっていますが、味に変わりはないということで!

よく考えると、いちごクリームがあるだけで、ひとつも苺がないんですよね。

見た感じは、ちょっとおしゃれなイメージがありますが、スポンジの間にもチョコクリームが挟まっているだけで、とってもシンプルなチョコレートケーキです。

食べてみると、ふわっと柔らかいスポンジに、濃厚な甘味のあるチョコレートクリームが混ざり合って、どこか懐かしさのあるチョコレートケーキの味がします。

生クリームの苺ショートケーキよりも、チョコレートケーキが好きな子がいるんですが、もうすでに自分の誕生日は外で~という年頃なので、わが家では、めったにチョコレートケーキを買うことがありません。

「やっぱり、チョコレートの方がおいしいなぁ。」

と、喜んでいたんですが、生クリームではないということもあり、独特なくどさを感じるクリームで、正直に言うと、半分くらいまではおいしく食べることができたんですが、徐々に、くどくなってきてしまいましたが、値段の割には、おいしく食べることができましたよ。

今、気づいたんですが、後乗せで、苺やブルーベリーなどを買ってきて一緒に食べると、フルーティー感が出て、くどさを緩和してくれるかもしれません。

そして、お花の形のピンク色のクリームは、苺の味がかすかにするんですが、葉の部分、

「抹茶の味しないね~。」

と私が言うと、

「これ、抹茶じゃなくて、色ついたクリームだよ!」

と、全員に声を揃えて言われて、初めて抹茶じゃないことに気づいた私でした。

甘党の人はもちろんのこと、生クリームよりバタークリームの方が好きな人、ショートケーキよりチョコレートケーキの方が好きな人におすすめなケーキで、なんと言っても、値段の安さが嬉しいチョコレートケーキです。


わが家の感想は・・・

子ども2人・・・大絶賛
子ども4人+大人2人・・・絶賛。少しくどい。

という結果でした(^^)/
最後まで読んでくださり、ありがとうございました(^^)/

error:すみません。コピーはできません。