スポンサーリンク

【2018】ブルボン「粉雪ショコラ」マイルドカカオ、紹介とわが家の感想

他チョコレートor洋菓子
スポンサーリンク

先月(11月)発売された「粉雪ショコラ<濃ミルク>」の真っ白なイメージとはガラッと変わり、ダークな雰囲気の「粉雪ショコラ<マイルドカカオ>」が発売になりました。

チョコレートの渦の上に浮かぶ白いお皿が、乗せられたカカオとチョコレートを強調していて、私の勝手なイメージですが、古くは神への捧げものだったカカオの貴重さを表現しているような、高級感あふれたパッケージです。

約2週間前に発売になった商品で、「マイルドカカオ」というネーミングでの発売は、今年が初めてのようです。

同じものかどうかはわからないんですが、去年(2017年)、1月に発売されていた「粉雪ショコラ<深みカカオ>」という商品があり、パッケージの雰囲気がとってもよく似ていて、このネーミングでの発売は、同年12月にもあったようです。

ただ、12月のパッケージは、ダークな雰囲気ではなかったこともあり、どうなんでしょう?

【商品名】ブルボン「粉雪ショコラ」マイルドカカオ

【発売日】2018/12/11(冬季限定)

【希望小売価格(税別)】220円

【アレルギー物質(27品目中)】乳、大豆、ゼラチン

【内容量】45g(8個)

【カロリー(1箱当り)】238kcal

【名称】チョコレート


【注意点】
・洋酒が使われています。
アルコール分が標準1.3%含まれているので、お子さんやアルコールがとても弱い人、妊婦さんなど、運転時などは控えることをお勧めします。

・注意点に入るかどうかわかりませんが、カロリーがあくまでも1箱あたりの推定数値です。
個数が決まっているということなので、1個あたりのグラム数とカロリーを計算してみました。

1個当たりのグラム数 45(g)÷8(個)=5.625g
1個当たりのカロリー 238(kcal)÷8(個)=29.75kcal

金色を基調としている中に、粉雪が降り積もっていくような雰囲気の内装で、デザイン性高いなという印象です。

4個ずつに分かれていて、アルコール入りのチョコレートとなると、なかなか1度に全部食べるというのもどうかなと思う時があるので、空気に触れないようにできるのがありがたいですよね。

北海道の私が住んでいる地域では、すでに外は真っ白の冬景色ですが、地に粉雪が降りしきる雰囲気のチョコレートが現れると、コクのあるカカオの香りがふわっと漂ってきて、それがまた、なんとも言えない高級感のある香りです。

アルコール入りという感じは、あまり今のところ感じることはできません。

「濃ミルク」の時も思ったんですが、とっても柔らかいチョコレートで、す~っとナイフが入って、とても気持ちがいいです。

こうして見ると、ブロックの上に粉雪が降り積もり始めましたという雰囲気があって、雪の降り始めの頃を思い出しました。

口に入れた瞬間から、溶け出してしまうほどになめらかな食感で、濃厚なコクの旨味を感じるチョコレートで、マイルドカカオというネーミング通りのまろやかさがあります。

生チョコレートということで、生クリーム入りだからこその濃厚な味わいなんだと思うんですが、アルコール効果なのか、後味が悪くなく、いつまでも口の中に残るような感じではありません。

しっかり食べたのは1番上と私達夫婦の2人だけなんですが、食べてみても、アルコール感があまりなかったので、他の子達は、1個を4分の1にして1口ずつ食べさせてみました。

「これ、おいしい!足りない!食べたい!」

と、小さな子どもでも、おいしく食べることができる味わいだったようです。
念のために、それ以上はあげませんでしたが・・・

ちなみに、考え方によっては「アルコール入り、食べさせたらだめでしょ~!」という声もあると思うんですが、1.3%って、わが家の感覚では本当に微妙な数値で、物によってという感じにしています。


わが家の感想は・・・

子ども5人+大人2人・・・大絶賛
子ども1人・・・絶賛。

という結果でした(^^)/
最後まで読んでくださり、ありがとうございました(^^)/

error:すみません。コピーはできません。