スポンサーリンク

ロッテ「味わい特別トッポ(TOPPO)」コクのホワイト(kiriクリームチーズ使用)、紹介とわが家の感想

トッポ
スポンサーリンク

雪が積もっている草原で夜空を眺めているような雰囲気のパッケージが、とっても素敵なトッポが新登場。その名も「味わい特別トッポ<コクのホワイト>」。

今年の2月にも「味わい濃厚トッポ<コクのホワイト>」が発売されていて、当ブログでも紹介させてもらったんですが、今回は、装いもさることながら、1ランクUPして、なんとkiriクリームチーズを製品中に5.3%も使っている味わいなんです!

チーズ好きのわが家の子ども達、大喜びです。

味的には、クリームチーズなんでしょうか?
正直に言うと、チーズ自体が苦手な私・・・

表パッケージにも裏パッケージにも、クリームチーズ味とは書かれていなく、

「コクのあるホワイトチョコをたっぷり閉じ込めました。」

と、書かれています。ネーミングにも「チーズ」とは、入っていないですもんね。

味的には、ホワイトチョコレートなんでしょうか?
ホワイトチョコレートは大好きな私・・・

クリームチーズの味わいなのかホワイトチョコの味わいなのかで、私にとっては、雲泥の差です。kiriクリームチーズを使用した、トッポの特別なコクのあるホワイトチョコの味わい、少々、不安が・・・

【商品名】ロッテ「味わい特別トッポ(TOPPO)」コクのホワイト×kiriクリームチーズ

【発売日】2018/12/04

【想定小売価格(税別)】250円前後

【アレルギー物質(27品目中)】乳成分、小麦、大豆

【内容量】2袋入り(1袋:標準44g)

【カロリー(1袋当り)】238kcal

【名称】準チョコレート菓子


【注意点】
・注意点に入るかどうかわかりませんが、カロリーがあくまでも1袋あたりの推定数値です。
本数が違うこともあるようですが、おおよそ決まっていそうなので、1本あたりのグラム数とカロリーを計算してみました。

1本当たりのグラム数 44(g)÷7(本)=6.285…g
1本当たりのカロリー 238(kcal)÷7(本)=34kcal

内装は、いつもと同じトッポ色ですね。

内装を開けると、かすかにチーズの香りはするんですが、それほど強いチーズ感ではなく、ミルク感があってコクのあるホワイトチョコレートとも言えなくもありません。

プレッツェルにたくさんホワイトチョコがついているんですけど、思っていた以上に、真っ白なホワイトチョコレートの色をしています。

ん~・・・

一応、断面写真を撮って、とうとう実食です。

かすかにチーズの酸味のようなものを感じるんですけど、どちらかというとホワイトチョコレートの味わいに近くて、

「ミルクの濃厚なコクと旨味のあるホワイトチョコレートの隠し味が、クリームチーズ」

という感じで、カリカリ食感のプレッツェルと混ざり合うことで、さらにチーズ感が薄れていく気がします。

まぁ、よく考えたらネーミングに「チーズ」とは一言も書かれていないんですから、味的にはホワイトチョコレートなんですよね。

チーズ好きでホワイトチョコ好きの人には、申し分ない味わいに仕上がっているかと思います。子ども達、大満足していました。

チーズは好きだけどホワイトチョコは苦手という旦那が、「これ、しっかりホワイトチョコの味するけど、食べやすいなぁ。」と言って食べていたので、ホワイトチョコが苦手な人でも、チーズが好きであれば食べやすい味わいなのかもしれません。

ただ、私のようにチーズは苦手だけど、絶対食べることができないわけではないという人であれば試す価値あると思うんですけど、本当にチーズが苦手という人は、避けた方が無難かもしれないですね。

ちなみに、kiriクリームチーズを調べてみると、

ベル・ジャポン社が輸入して、伊藤ハムが販売しているクリームチーズで、フランスのチーズ製造業の老舗「フランス フロマジェリー・ベル」が、1966年から販売しているクリームチーズ。

日本でkiriクリームチーズを食べることができるようになってからは、今年で35年。
日本のニーズに迅速に応えることができるようにと、ベル・ジャポンという輸入販売会社が建てられたというくらい、日本でも人気が高いクリームチーズ。

ということでした。だから、こんなに贅沢な味わいに仕上がっているんですね。


わが家の感想は・・・

子ども5人・・・大絶賛
子ども1人・・・絶賛。チーズ感がないホワイトチョコのままで食べたい。
旦那・・・ホワイトチョコは苦手だけど、食べやすい。
私・・・チーズが苦手だけど、食べやすい。

という結果でした(^^)/
最後まで読んでくださり、ありがとうございました(^^)/