スポンサーリンク

グリコ「ビッテ(Bitte)エクセレント」とろけるショコラ、紹介とわが家の感想

ビッテorアーモンドor機能性
スポンサーリンク

2012年に発売されて以来、たくさんの人に親しまれている「ビッテ」から、とても高級な冬の味わい「ビッテ<エクセレント>とろけるショコラ」が、「ポッキー<エクセレント>とろけるショコラ」とともに、新発売になりました。

ポッキーが去年(2018年)販売されていたのは知っていたものの、「ビッテエクセレント」は、今回が初めてなのかなと思っていたんですが、去年も販売されていたんですね。知らなかった~!

ビッテは、「コーヒーによく合う」お菓子として人気が高いですが、コーヒーに合った完成度の高いお菓子を作ろうという想いから作られ、今では、トップバリスタとして有名な横山千尋さんも、「コーヒーにビッテ」を推奨しているそうです。

そんなビッテから、史上1番の口どけの良さを演出した「ビッテエクセレント」の味わい、知らないまま終わることなく、こうして巡り合えたことに、グリコさんに感謝しなくちゃですね。

ちなみに、ポッキーエクセレントと同時紹介にしようと思っていたはずなのに、なぜかビッテのみで写真を撮ってしまったので、そのまま、別々に紹介していこうと思います。

【商品名】グリコ「ビッテ(Bitte)エクセレント」とろけるショコラ

【発売日】2019/01/29(火)(期間・季節限定)

【価格(税込)】私が買ったスーパーでは、税込322円でした。

【アレルギー物質(27品目中)】卵、乳成分、小麦、大豆

【内容量】6枚(1枚:標準15.7g)

【カロリー(1枚当り)】88kcal

【名称】チョコレート菓子


【注意点】
・ピーナッツを含む商品と同じ製造ラインで作られています。
ピーナッツアレルギーの方はお気を付け下さい。

・粉末酒が使われています。
大丈夫かと思いますが、お子さんやアルコールがとても弱い人、妊婦さんなどは、お気を付け下さい。

個装もかっこいいですね。
味がコーヒーなわけではないんですが、コーヒーのおともとして、最高な演出がされているデザインだと思います。

正直に言うと、外箱より個装の方が、私はシンプルさもあって好きかなぁ。

個装を開けると、ミルクチョコレートなので、甘い香りが来るんだろうなと思っていたんですが、ふわっとほろ苦さを感じるようなチョコレートの香りに感じました。私の勘違いかもしれませんが・・・

ナイフを入れてみると、す~っと入りそうな感じで「これはきれいに切れるかも」と思いきや、下側のさくっと少し硬さのあるアーモンドビスケットに辿り着くと、少し崩れ落ちてしまいました。

ミルクチョコレートの内側は、アーモンドビスケットでアーモンドクリームをサンドしていて、ミルクチョコとアーモンドの香ばしさと濃厚さを兼ね備えた甘味が、口に入れた瞬間から、どんどん広がっていきます。

サクサク食感のビスケットに、とてもなめらかな口どけのいいクリームが絡み合うことで、しっかりした歯ごたえがありながらもやさしさのある食感で、ちょっと不思議な感覚です。

そして、やっぱり濃厚な甘味の中に、少しだけほろ苦さを感じるんですよね。

アーモンドビスケットにアーモンドクリームというナッツ感なのかなとも思いつつ、原材料名を見てみると、コーヒーパウダーが入っているんです。
私が感じたほろ苦さは、これかもしれませんね。

コーヒーと一緒に写真を撮ってみたんですが、たくさんの方の写真を見させてもらうと、とてもお見せできるような写真ではないので、今回は断念しました。

いつか、載せれるような写真、撮れるようになった時に挑戦してみようかな(笑)


わが家の感想は・・・

子ども5人+大人2人・・・大絶賛
子ども1人・・・ナッツ系自体が苦手

という結果でした(^^)/
最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

error:すみません。コピーはできません。