スポンサーリンク

森永「カレ・ド・ショコラ(Carré de chocolat)」リッチクリーミーミルク、紹介とわが家の感想

ダースorカレ・ド・ショコラ
スポンサーリンク

1年の中でも1番寒い1~2月のこの時季、光で反射された雪がきれいな輝きを見せるダイヤモンドダストが、とってもきれいに見える時期でもあります。

そんなダイヤモンドダストのイメージにぴったりなパッケージが印象的な「カレ・ド・ショコラ<リッチクリーミーミルク>」が新発売になりました。

「2019年限定仕込み」の味わいに、北海道産生クリームを使用してくれているなんて、北海道民としては、なんて嬉しい話なんでしょう。

「カレ・ド・ショコラ<リッチクリーミーミルク>」も「1チョコfor1スマイル」商品のひとつで、森永さんが支援している地域のガーナ産カカオマスを6%使用しているそうです。

カカオ豆の栽培国の子ども達のために、おいしいチョコレートのこれからのために、微力ながら、少しは役立つことができるのであればと思っちゃいますよね。

【商品名】
森永「カレ・ド・ショコラ<Carre de chocolat>」リッチクリーミーミルク

【発売日】2019/01/15(期間限定)

【参考小売価格(税抜)】350円

【アレルギー物質(27品目中)】乳、大豆

【内容量】87g(1枚:標準4.9g)

【カロリー(1枚当り)】28kcal

【名称】チョコレート


【注意点】
・小麦、卵を含む商品と同じ製造ラインで作られています。
小麦、卵アレルギーの方はお気を付け下さい。

カレ・ド・ショコラの特徴でもある「四角い」形。

フランス語の「Carré=四角い」に込められた森永さんの想いが伝わるような、洗練された雰囲気があって、食べるのがもったいなく感じてしまうのは私だけでしょうか?

外箱を開けてから紙包装を開けるまでに、徐々に濃厚なミルク感のあるチョコレートの甘い香りが強くなっていき、香りだけでリッチな気分になっていくのを感じます。

ドミニカ共和国さんカカオ豆を50%使用しているということで、まさに南国と北国のコラボチョコは、こんなにも洗練された色合いのチョコレートになるんですね。

食べてみると、濃厚でコクのある旨味があるのに、なんとも言えないやさしい甘味がふわっと口の中いっぱいに広がり、カカオの旨味と生クリームの旨味が混ざり合っているのをしっかり感じることができました。

生クリームが入っているせいか、若干、口どけがいいような気もしなくもないですが、家族には「気のせいじゃない?」と言われてしまったので、私の感じ方の違いなのかもしれません。

かなり濃厚な甘味のあるチョコレートなので、甘党な人におすすめで、私の印象としては、大人向けな雰囲気のカレ・ド・ショコラの子ども向けバージョンという印象が強かったです。


わが家の感想は・・・

子ども6人・・・大絶賛
大人2人・・・おいしいけど、甘い。

という結果でした(^^)/
最後まで読んでくださり、ありがとうございました(^^)/

error:すみません。コピーはできません。