スポンサーリンク

ロッテ「シャルロッテ(Charlotte)」シャルドネジュレショコラ、紹介とわが家の感想

アーモンドショコラorシャルロッテ
スポンサーリンク

「真冬の寒い時期とは思えない、なんて清々しいパッケージなんでしょう!」

というのが、私が初めて「シャルロッテ<シャルドネジュレショコラ>」のパッケージを見た感想です。

以前発売されていた「ショコランタン」が、シャルロッテに仲間入りしてからは初めての味わいなんですが、それ以前はどうなんだろうと思い、調べてみました。

すると、まったく別商品なんですが、「シャルロッテ・アイ」というネーミングで発売されていたスティックチョコレートタイプのシャルロッテから、2011年に「シャルロッテ・アイ<シャルドネソース>」というシャルドネを使った商品が発売されていたようです。

そんなに以前から、チョコレートとぶどうのコラボ商品ってあったんですね!
そこにびっくりしてしまいました。

【商品名】ロッテ「シャルロッテ(Charlotte)」シャルドネジュレショコラ

【発売日】2019/01/08(冬季限定)

【想定小売価格(税抜)】280円前後

【アレルギー物質(27品目中)】乳成分、大豆

【内容量】9粒(1粒:標準8.9g)

【カロリー(1粒当り)】44kcal

【名称】チョコレート


【注意点】
・卵、小麦を含む商品と同じ製造ラインで作られています。
卵、小麦アレルギーの方はお気を付け下さい。

・洋酒が使われています。
大丈夫かと思いますが、お子さんやアルコールがとても弱い人、妊婦さんなどは、お気を付け下さい。

内装もまた、外箱と同じ黄緑を基調とした色合いで、なんて清々しいんでしょう!

開けた瞬間、見た目はチョコレートなのに、チョコレートだということを忘れてしまいそうになるくらい、ふわっとぶどうのフルーティーな香りがして、爽やかな気分にしてくれます。

さすが、シャルドネ100%使用した濃縮ブドウ果汁が入っているジュレを使っているだけあります。

「どうしてこの時季?」と思ったんですが、シャルドネといえば白ぶどうなので、収穫時期は秋です。
シャルドネは白ワイン用の白ぶどうで、「白ぶどうの女王」とも呼ばれています。

そう考えると、この時期にシャルドネの味わいのチョコレートも、まったく不自然ではないんですよね。

断面があまりきれいではないですが、ジュレが流れ出てしまうような感じではなく、少ししっかりめのジュレ(ジャム)のようです。

洋酒が入っているからなのか、白ワインを思い浮かべるようなちょっと大人の味かなとは思うんですが、贅沢感のある白ぶどうの味わいに、思わず笑みが出てしまいました。

濃厚な甘味の生チョコレートとフルーティーな白ぶどうの甘味が重なり合い、とっても口どけなめらかな白ぶどうチョコの味わいに仕上がっています。
チョコとぶどうのコラボは、最強のコラボですね。

ちなみに、エルダーフラワーというものをシャルドネジュレに入れているみたいなんですが、これがいまいち、私にはよくわかりませんでした。

エルダーフラワーを調べてみると、ハーブの1種で、エルダーフラワーティーにすると、マスカットのような甘い香りがするそうです。

白ぶどうとマスカット・・・たしかに難しいかも・・・
みなさんは、エルダーフラワーの香り、わかりましたか?


わが家の感想は・・・

子ども4人+大人2人・・・大絶賛
子ども2人・・・大人の味。

という結果でした(^^)/
最後まで読んでくださり、ありがとうございました(^^)/

error:すみません。コピーはできません。