スポンサーリンク

【2019】ブルボン「アルフォート(Alfort)」抹茶 ファミリーサイズ、紹介とわが家の感想

アルフォートorブランチュール
スポンサーリンク

今年(2019年)もブルボンさんの「抹茶フェア」が始まり、5商品が発売になりました。去年までは、4月に開催されていた抹茶フェアですが、約2カ月早い2月に抹茶味が発売ということで、一足早い春を感じさせてくれますね。

今回は、5商品中「アルフォート<抹茶>ファミリーサイズ」の紹介をしたいと思います。

抹茶というネーミングが書かれた赤色の帯の右側に、「香り高い茶葉入り」と同じ赤色の縁があるのが印象的なパッケージで、私の勝手なイメージですが、なぜか着物を思い浮かべました。

アルフォートのファミリーサイズからの抹茶味を調べてみたところ、2011年以前の情報をみつけることはできませんでしたが、2012年には、スイートセレクションシリーズとしての抹茶の味わいがあり、ファミリーサイズからの抹茶の味わいは、2013年からのようです。

2014年の情報はみつけることができませんでしたが、

2017年・2018年・・・宇治抹茶
2013年・2015年・2016年・・・宇治抹茶&ミルクチョコ

という形で発売されていたようです。
今年のような抹茶の味わいオンリーでの発売になったのは、2017年からです。

2種の味わいを楽しむことができるのもいいですが、季節の味わいはその時だけしか食べられないので、たくさん入っている方が嬉しいと思うのは、私だけでしょうか?

【商品名】ブルボン「アルフォート(Alfort)」抹茶 ファミリーサイズ

【発売日】2019/02/05(火)

【買った値段(スーパー)】税込321円

【アレルギー物質(27品目中)】乳、小麦、大豆

【内容量】157g(個包装込み)→標準15枚(1枚:標準10.1g)

【カロリー(1枚当り)】54kcal

【名称】ビスケット


【注意点】
・小麦全粒粉入りのビスケットが使われています。
「小麦の胚乳は大丈夫だけど、表皮や胚芽にアレルギーがある」という方はお気を付け下さい。

外装と同じ色合いの個装で、予想通りで不思議な安心感を持ってしまいました。

個装を開けると、黄緑色の抹茶チョコレートにいつもの帆船のデザインが描かれたアルフォートが現れ、抹茶の香ばしさが心を落ち着かせてくれるようです。

濃い緑の粒々があるのがわかるでしょうか?
これが「茶葉入り」の正体ですね。

アルフォートは、意外とチョコレートがしっかりしていて、ナイフを入れると、パリパリと割れてしまいました。

食べてみると、抹茶の渋味と甘味を同時に感じることができるような味わいで、ファミリーサイズということで、もっと甘味だけを感じるような抹茶チョコかなと思っていたんですが、予想以上に、大人でも楽しめる味わいに仕上がっています。

サクサク食感のビスケットとの相性が抜群で、抹茶チョコ独特の濃厚な旨味がビスケットと食べることで、とってもやさしい味わいに変化します。

このビスケット、「ダイジェスティブビスケット」を使っているそうなんですが、私的には「それは何?」という感じで、調べてみると、

麦粉で造ったビスケットで、甘味が抑えられていて、重曹を使うことでふっくらと柔らかく仕上げられている。

「重曹を使うことで消化が良くなる」ということからダイジェスティブというネーミングがつけられたが、火を入れることで重曹の効果がなくなるという研究結果が報告されている。

ということでした。
だから、ビスケットと一緒に食べることで、やさしい味わいに変化したように感じたんですね。

またひとつ勉強になりました。


わが家の感想は・・・

子ども4人+大人2人・・・大絶賛
子ども2人・・・抹茶自体が苦手

という結果でした(^^)/
最後まで読んでくださり、ありがとうございました(^^)/