https://search.google.com/search-console/amp/drilldown?resource_id=https%3A%2F%2Ftmum-kinume.com%2F&item_key=GgQIHxAD&utm_source=wnc_10030322&utm_medium=gamma&utm_campaign=wnc_10030322&utm_content=msg_100058679&hl=ja&sharing_key=Ol7zJdkQkVDAnQOmisJ-Vw 【2019】大玉よりミルク感あり!「チョコボール<ピーナッツ>ホワイトミルク」紹介とわが家の感想 | おちびチョコ探偵

【2019】森永 「チョコボール(CHOCOBALL)ピーナッツ」ホワイトミルク、紹介とわが家の感想

チョコボール
広告

森永さんから、新発売された今回の期間限定チョコボールは、「チョコボール<ホワイトミルク>」という真っ白なホワイトチョコレートでコーティングされたチョコボールです。

パッケージのキョロちゃんも、アイボリーホワイトとホワイトを基調になっていて、まだまだ雪で覆われている北海道のこの時期にぴったり!

箱タイプのチョコボールで、ホワイトチョコレートでコーティングされたホワイトチョコレートやミルクの味わいを、いろいろ調べてみたんですが、

2011年 北海道ミルク・ココア&ホワイト
2010年 冬のミルク・ダブルチョコ・「でかチョコボール<サクサクホワイト>」
2009年 しっかりミルク・帰ってきたミルク
2007年 大人向けの白いチョコボール

など、内側がココア味だったり、ビスケットだったり、コーンフレーク入りのホワイトチョコレートだったり・・・

他にもあるかもしれませんが、いろいろな形でのホワイトチョコやミルクの味わいは発売されている情報はみつけたんですが、ピーナッツが内側にあるものをみつけることができませんでした。
内側がピーナッツでホワイトチョコでコーティングされているものは、

2018年 大玉チョコボール<ホワイト>と<ソルティホワイト>

くらいしかみつけることができなかったんですが、調べてみると、原材料も違いますし、名称も「大玉チョコボール<ホワイト>」の場合、準チョコレートになっているので、まったく違う商品のようです。

【商品名】森永「チョコボール(CHOCOBALL)」ホワイトミルク

【発売日】2019/02/12(火)(期間限定)

【買った値段(スーパー)】税込73円

【アレルギー物質(27品目中)】小麦、乳、落花生、大豆

【内容量】28g →15粒入っていました。

【カロリー(1箱当り)】162kcal

【名称】準チョコレート菓子


【注意点】
・卵を含む商品と同じ製造ラインで作られています。
卵アレルギーの方はお気を付け下さい。

・注意点に入るかどうかわかりませんが、カロリーがあくまでも1箱あたりの推定数値です。
粒数が違うこともあるようですが、おおよそ決まっていそうなので、1粒あたりのグラム数とカロリーを計算してみました。1粒1粒の大きさが違うので、あまりあてにならないかもしれませんが・・・

1粒当たりのグラム数 28(g)÷15(粒)=1.866…g
1粒当たりのカロリー 162(kcal)÷15(粒)=10.8kcal

フィルムを開けた瞬間から、甘いホワイトチョコレートの香りがして、くちばしから現れる真っ白なチョコボールが、それぞれ違った形をしていて、子どもが作った雪玉みたい。

多分、外が真っ白な雪景色だからそう感じるんでしょうね。

一応、ナイフを入れたんですが、かなり適当な断面になってしまいましたが、「大玉チョコボール<ホワイト>」を思い出させる雰囲気で、中にピーナッツがしっかり入っていますね。

食べてみると、子どもが好きそうな、とっても甘味のあるホワイトチョコレートで、ミルクの旨味を感じます。

コリコリ食感のピーナッツと、サクサク食感のクリスプがホワイトチョコレートと混ざり合うことで、少し落ち着いた甘味へと変化するんですが、やっぱり子ども向けの味わいかなと思います。

ちなみに、味わい的には違う味わいだとわかったとしても、ついつい比べたくなってしまうのが人間の心情というものですよね。

比べてみると、大きさ的には、やっぱり大玉チョコボールは大きいですね。
さすがの2.5倍!

見た目は、大きさ以外にそれほど大きな違いはないのかなと思いますが、食べた時の食べ応えが違うのはもちろんのこと、味は、ネーミングの違いでわかるように、「チョコボール<ホワイトミルク>」の方がミルクの旨味を濃く感じ、「大玉チョコボール<ホワイト>」の方が、濃厚なホワイトチョコの旨味を感じる味わいでした。

昭和生まれの「チョコボール」と平成生まれの「大玉チョコボール」ですが、2商品ともに、今現在販売されているチョコボールです。

どちらも、クリスプ層に包まれたピーナッツをホワイトチョコレートでコーティングした味わいですが、みなさんは、どちらが好きですか?

さらに、チョコボールの公式HP内で、みなさんの性格が昭和タイプなのか平成タイプなのか診断してくれる性格診断をしてくれる場所があり、意外な結果が出ておもしろいですよ。
1度、試してみてくださいね。


わが家の感想は・・・

子ども3人・・・大絶賛
子ども2人・・・絶賛。少し甘い。
私・・・おいしいけど、子どもの味。
子ども1人+旦那・・・ピーナッツ(ホワイトチョコ)自体が苦手

という結果でした(^^)/
最後まで読んでくださり、ありがとうございました(^^)/

コメント