スポンサーリンク

明治「ガルボ(galbo)」豆乳きなこ ポケットパック、紹介とわが家の感想

ガルボorホルンorフラン他
スポンサーリンク

ガルボの歴史は意外と古く、1996年に初めて発売されました。
今年でなんと23年!すでに23歳になろうとしているんです。

そんなたくさんの人々に愛され続けているガルボから、新しい味わい「ガルボ<豆乳きなこ>」が新発売になりました。

古い情報はわからなかったんですが、ここ数年の間にはなかった味わいで、23歳になる今でも進化し続けているということがわかる一品なのではないでしょうか。

当ブログでもガルボは何種類か紹介してきましたが、なにやら、とても体にやさしそうな雰囲気のガルボが、いつもと違った雰囲気に感じるのは、左上に書かれた「SOY」の文字効果でしょうか?

【商品名】明治「ガルボ(galbo)」豆乳きなこ ポケットパック

【発売日】2019/02/05(火)(期間限定、コンビニ・駅売店限定)

【買った値段(コンビニ)】税込131円

【アレルギー物質(27品目中)】小麦、卵、乳成分、大豆

【内容量】38g →7粒入っていました。

【カロリー(1袋当り)】226kcal

【名称】チョコレート菓子


【注意点】
・注意点に入るかどうかわかりませんが、カロリーがあくまでも1袋あたりの推定数値です。
粒数が違うこともあるようですが、おおよそ決まっていそうなので、1粒あたりのグラム数とカロリーを計算してみました。

1粒当たりのグラム数 38(g)÷7(粒)=5.428…g
1粒当たりのカロリー 226(kcal)÷7(粒)=32.285…kcal

ちょっと写真の色合いが濃く映ってしまいましたが、もう少し淡い色をしています。

こうして見てみると、今までまったく気にしたことがなかったんですが、ガルボの形が豆の形に似ているような気が・・・

「豆乳」の豆という文字が入っただけで、ガルボの形が豆の形に似ていると思う私って・・・

外装を開けると、とってもやさしい和の香りで、どちらかというと、甘いきな粉といった印象の香りです。

こっちの写真が本物に近い色合いかなと思いますが、まだ少し濃いかな・・・

いつも思うんですが、チョコでコーティングしてあると、ナイフを入れづらいことがよくある中、ガルボは、ナイフがす~っと入って気持ちがいいです。

やっぱりきなこミルクという雰囲気の香りで、食べてみても、それほど豆乳感がなく、「濃厚でありながらやさしい甘味のきなこミルクの味わい」という印象です。

正直に言うと、わが家は、豆乳が苦手な子が多く、私も嫌いではないんですが、あまり得意ではありません。そんなわが家でも「THE豆乳!」という感じではないので、とっても食べやすい味わいです。

ただ、豆乳きなこチョコだけ食べてみると、けっこう豆乳感もあるきなこの甘味で、豆乳独特な旨味を感じるので、サクッとしながらしっとりした食感の、ホワイトチョコを練り込んだ焼き菓子の甘味があるからこそ、わが家はおいしく食べることができたんじゃないかなと思います。

「きなこが苦手」という人はどうかなと思いますが、「豆乳が苦手」でも食べやすい味わいかなと思うので、1度、試してみてはいかがでしょうか。


わが家の感想は・・・

子ども3人・・・大絶賛
子ども1人+旦那・・・絶賛。少し甘い。
子ども1人+私・・・豆乳が苦手でも食べやすい。
子ども1人・・・豆乳もきな粉も苦手

という結果でした(^^)/
最後まで読んでくださり、ありがとうございました(^^)/

error:すみません。コピーはできません。