【2019】ブルボン「しっとりソフトクッキー」抹茶、紹介とわが家の感想

ブルボン
広告

2014年に初めて発売になった「しっとりソフトクッキー」から、抹茶の味わい「しっとりソフトクッキー<抹茶>」が今年も元気に帰ってきました。

抹茶という和のイメージのパッケージ・・・と言いたいところなんですが、どこか和のイメージだけでなく洋のイメージもあるパッケージで、どことなくなつかしい雰囲気のあるパッケージに不思議と親近感があるのはなぜでしょう?

今年、新発売になってから、すでにもう少しで2か月が経とうとしていますが、まだまだネット販売もしているようなので、紹介してみたいと思います。

多分、2016年が初めての発売になるんじゃないかなと思うんですが、今年まで毎年、この時期の期間限定商品として発売されている商品で、人気の高さが伺えますよね。

正直に言うと、ブルボンさんには申し訳ないんですが、これもまた、わが家では初めて食べる商品で、ソフトクッキーの食感のイメージがあまり湧いていません。

写真を見る限りでは、そこそこ厚みもありそうなのでどうなんでしょう?

【商品名】ブルボン「しっとりソフトクッキー」抹茶

【発売日】2019/02/05(火)(期間限定)

【買った値段(スーパー)】税込199円

【アレルギー物質(27品目中)】乳、卵、小麦、大豆

【内容量】188g(個包装込み)→標準17本(1本:標準10.7g)

【カロリー(1本当り)】49kcal

【名称】クッキー

きらきら光る緑色の個装の中央部分のみ、普通の緑色になっていて、これが写真を撮る時にとっても嬉しかったです。

どうしてもキラキラと光る素材だと、自分や周りが写り込んでしまい、なかなかきれいに写真が撮れなくて苦手なんですけど、こうして帯があってうつりづらい部分があると、撮りやすくて、とってもありがたいです。

個装を開けると、思っていた以上に苦さのある抹茶の香りがして、これは抹茶好きとしては、期待が持てる香りです。どちらかというと、大人向けの抹茶という印象を受けました。

そして、この形。
なにか過去からタイプスリップしてきたような・・・

最近は、どんどんお菓子も進化して、デザイン性が高いものがたくさん並ぶ中、とってもシンプルなこの形が懐かしくもあり愛着を覚えるのは、私だけでしょうか?
なにかほっと安心できるものを感じます。

ナイフを入れると、とてもしっとりした感触でこれだけ厚みがあるので、今までに感じたことがあるようなないような、少しだけ不思議な感触です。

食べてみると、なんとまぁ、びっくりするほどに苦味がしっかりとしていて、渋味、苦味、甘味のバランスでいえば、苦味が濃くて、渋味と甘味がバランスよく苦味を支えているような抹茶の味わいです。

これは、抹茶好きな人には申し分ない味わいでしょう!

ただ、この食感で好みが分かれそうな気がします。
かなりしっとりしていて、口の中の水分をすべて持っていかれてしまいそうな感じです。

もう少し薄い形のしっとり食感のソフトクッキーは食べたことがありましたが、これだけ厚みがあるとなかなかな食べ応えです。

ここで、ちょっとした疑問が・・・
ソフトクッキーと一般的なクッキー、材料などに違いがあるのでしょうか?

調べてみると、分量と焼く時の温度や時間に違いがあり、ソフトクッキーは一般的なクッキーよりも、水分が少なめで油分が多く、焼く時に一気に高温で表面を焼いて、内側までしっかり火が通らないようにするそうです。

半生状態にすることでしっとりさせるようなんですが、まったく火が通っていないなんて場合もありそうで、その焼き加減が難しそうですね。

ちなみに、ブルボンさんのしっとりソフトクッキーでは、白あんを使用することでこのしっとり食感を演出しているようですね。
なるほど~!


わが家の感想は・・・

子ども1人+旦那・・・大絶賛
子ども1人+私・・・大絶賛。口の水分がなくなる。
子ども2人・・・大人の味。もう少し甘味がほしい。
子ども2人・・・抹茶自体が苦手

という結果でした(^^)/
最後まで読んでくださり、ありがとうございました(^^)/