スポンサーリンク

不二家「12粒ルック(LOOK)」平成流行4、紹介とわが家の感想

ルック
スポンサーリンク

今までにいろいろな味わいのルックが発売されてきましたが、こんな味わいの組み合わせのルックを見たことがあったでしょうか?

平成最後のルック新商品の記念として、平成になってからの30年間を思い出させてくれる「12粒ルック<平成流行4>」が新発売です。

平成に流行したたくさんのデザートたちの中から、代表として選ばれたのは、

・平成2年頃 ティラミス
・平成3年頃 クレームブリュレ
・平成17年頃 マンゴープリン
・平成18年頃 生キャラメル

の4商品。
今まで気にしたこともなく食べていて、ずっと昔からあるスイーツのような気さえしていましたが、この4商品って平成から流行しているんですね。

平成はスイーツの時代ともいえるほどに、いろいろな種類のスイーツが日本に入ってきて、たくさんの味わいを楽しむことができるようになりました。

そんなケーキ屋さんの商品ケースに並んでいるスイーツたちの味わいを、ルック1つ買ったら楽しむことができるなんて、おもしろいですよね。

なんだかこうしていると、懐かしさで心が押しつぶされてしまいそうな気分で、気持ちが過去にタイムスリップしてしまっている私でした。

【商品名】不二家「12粒ルック(LOOK)」平成流行4

【発売日】2019/03/19(火)(期間限定)

【買った値段(スーパー)】税込105円

【アレルギー物質(27品目中)】卵、乳、大豆

【内容量】12粒(1箱:標準44.7g)

【カロリー(1箱当り)】267kcal

【名称】チョコレート


【注意点】
・小麦、落花生を含む商品と同じ製造ラインで作られています。
小麦、落花生アレルギーの方はお気を付け下さい。

・酒精飲料が使われています。
大丈夫かと思いますが、お子さんやアルコールがとても弱い人、妊婦さんなどは、お気を付け下さい。

・注意点に入るかどうかわかりませんが、カロリーがあくまでも1箱あたりの推定数値です。粒数が違うこともあるようですが、おおよそ決まっていそうなので、1粒あたりのグラム数とカロリーを計算してみました。

1粒当たりのグラム数 44.7(g)÷12(粒)=3.725g
1粒当たりのカロリー 267(kcal)÷12(粒)=22.25kcal

内装にはいつものように、チョコのデザインによって何味なのかわかりやすく書いてあり、外箱の内側には、「ありがとう平成!」という言葉とともに、それぞれのスイーツの説明が書かれているんですが、写真を撮るのを忘れてしまいました。ごめんなさい。

ということで、みなさんそれぞれで確認してみてくださいね。
ここからは、左側から順に感想を書いていきたいと思います。


・ティラミス

どちらかというと、ティラミスというよりコーヒーというイメージの香りで、食べてみると、香ばしいコーヒーのおいしさが一際目立った味わいで、苦味と甘味のバランスが心地いいです。

時々、「ティラミスっぽいかも」と、まろやかさを感じる瞬間があり、ティラミス好きとしては、このまろやかさをもう少し感じたいという気持ちもありますが、その反面、コーヒーの味わいをしっかり楽しめて、これはこれでありかなという気持ちもあります。

「ティラミスっていうよりコーヒーだね。」という子が多く、コーヒーは好きだけどティラミスが苦手という子達も、おいしく食べることができました。


わが家の感想は・・・

子ども2人・・・大絶賛
子ども1人+大人2人・・・絶賛。ティラミス感がほしい。
子ども1人・・・絶賛。ティラミスは苦手だけどおいしい。
子ども2人・・・ティラミス自体が苦手

という結果でした(^^)/

・クレームブリュレ

これはもう、まさにクレームブリュレの香りですね。

「焦がしたクリーム」という意味を持つクレームブリュレというネーミングのままに、カラメルの香りとクリームの甘い香りがして、食べてみると、まるでキャラメルを食べているような味わいかなとも思わなくもないですが、濃厚な甘味の中にかすかなカラメルの苦味があり、クレームブリュレの濃厚な味わいを楽しむことができました。

クレームブリュレ好きの人にとって、申し分ない味わいに仕上がっていると思いますよ。


わが家の感想は・・・

子ども5人・・・大絶賛
大人2人・・・絶賛。甘い。
子ども1人・・・クレームブリュレ自体が苦手

という結果でした(^^)/

・マンゴープリン

さて、今回の4商品の中で、唯一苦手なマンゴープリン。
まさにマンゴーの甘い香りがすごくて、糖度の高さを感じるままに口に入れてみると、「おっ!マンゴー!」と言いたくなる甘味があって、この甘味がちょっと・・・

ということで、マンゴー好きにバトンタッチです。

「糖度の高さをしっかり感じることができるマンゴーの味が最初に来て、後からプリンの味に変わって、まさにマンゴープリンの味でおいしい。」

「マンゴーらしいフルーティーさがあっておいしい。」

ということでした。
マンゴー味のスイーツが好きな人には、申し分ない味わいのようです。


わが家の感想は・・・

子ども5人+旦那・・・大絶賛
子ども1人+私・・・マンゴー自体が苦手

という結果でした(^^)/

・生キャラメル

クレームブリュレのカラメルの感覚とは、まったく違ったキャラメルの香りがして、食べてみると、濃厚な甘味のあるキャラメル味が全身に行き渡るかのような気がするほどの濃厚な味わいで、まさに生キャラメルという印象を受けました。

4種類の中で唯一ソースが入っていて、なめらかな食感がプラスされていて、キャラメルではなく、生キャラメル独特な食感を思い出させてくれます。

これはもう、生キャラメルそのままと言ってもいいのではないでしょうか。


わが家の感想は・・・

子ども5人・・・大絶賛
子ども1人+私・・・絶賛。甘い。
旦那・・・生キャラメル自体が苦手。

という結果でした(^^)/


ちなみに、平成が始まったばかりの平成2~3年頃。みなさんは何を思い浮かべますか?

私は、まだまだ学生時代、本当にいろいろなことがあったなぁ・・・

そして、平成の中間地点でもある平成17~18年頃。みなさんは何を思い浮かべますか?

私は、上の子達が小学校に入り始めた頃かなと思うんですが、フルタイムで働いていて、本当に忙しい日々を過ごしていたなぁ・・・

・・・なんて、年齢の見当がついてしまいそうな感じですが、ちょうどいろいろあった時期と重なったこともあって、いろいろな想いが巡ってきます。

あと約1週間で新しい元号の発表、そして、平成の最後のカウントダウンが始まりますね。

新しい元号が何になるのかも気になるところですが、残すところ1か月と少し。平成の最後を思う存分、楽しめたらいいなと思います。

・・・って、話が完全にずれてしまっていますね。

明日を夢見て前向きに頑張るのもいいですが、時々、こんな風に過去を振り返ってみるのもいいもので、「ルック<平成流行4>」は、そんなみなさんのお役に立てる1品かなと思いますよ。

長文になってしまいましたが、最後まで読んでくださり、ありがとうございました(^^)/

error:すみません。コピーはできません。