スポンサーリンク

ロッテ「ガーナムース(Ghana Mousse)」ミルクの休息・春の香味、紹介とわが家の感想

ガーナorラミー・バッカス
スポンサーリンク

ガーナが初めて発売されたのは1964年2月。
すでに55年の歳月が経っています。

55年を迎えた今年のガーナから、今回新発売になったのは、「ガーナムース<ミルクの休息>」と「ガーナムース<春の香味>」の2商品です。

ガーナムースが初めて発売されたのは、2015年4月。
ガーナ50歳の時です。

2015年・2016年と続けて「ガーナムース<ショコラ>」1商品の販売でしたが、去年(2018年)は、<ふんわりミルク><ふんわりキャラメル>が3月に同日発売になり、その後、7月に<爽やかカカオ>が発売され、全部で3商品が販売になりました。

この時期の贅沢ガーナの味わいとして定着しつつある今年も、去年に引き続き2商品発売されました。

ミルクの休息は、形はまったく違いますが、味わいの作りとしては「ガーナムース<ショコラ>」を思い出させるという人も多い感じはしますが、春の香味のようないちご系の味わいは、今回が初めてです。

しかも、ただのいちごではなく<いちご&桜>というちょっと変わった組み合わせの味わいになっているということで、またひとつ楽しみが増える1品になるのではないでしょうか。

【商品名】
・ロッテ「ガーナムース(Ghana Mouss)」ミルクの休息
・ロッテ「ガーナムース(Ghana Mouss)」春の香味

【発売日】2019/03/12(火)→春の香味のみ期間限定

【買った値段(スーパー)】税込229円

【アレルギー物質(27品目中)】乳成分、大豆

【内容量】58g (1粒:標準7.35g)

【カロリー(1粒当り)】44kcal

【名称】チョコレート

※1つしか書かれていないものは、2商品ともに同じです。


【注意点】
・卵、小麦を含む商品と同じ製造ラインで作られています。
卵、小麦アレルギーの方はお気を付け下さい。

・ミルクの休息は洋酒、春の香味はさくらリキュールが使われています。
大丈夫かと思いますが、お子さんやアルコールがとても弱い人、妊婦さんなどは、お気を付け下さい。

外箱と同じ色合いの個装で、「ミルクの休息」は、とってもガーナらしくて愛着が持てますが、「春の香味」は白を基調としていて、まったくガーナらしくないものの、桜の花びらが散りばめられていて、とってもかわいらしいですよね。

個装を開けて現れるガーナムースの形もだいぶ見慣れてきた私ですが、何度見ても、おしゃれですよね。

ここからは、別々に感想を書いていきたいと思います。


・ミルクの休息

濃厚な旨味のあるミルクチョコレートの香りがとっても心地よくて、食べた時の感想は、正直に言うと、去年発売された「ガーナ生チョコレート<芳醇ミルク>」を思い出すような味わいで、口に入れた瞬間からミルクの旨味が口いっぱいに広がるミルクチョコレートです。

そもそもムースは鶏卵とクリームで作るデザートで、生チョコレートはチョコレートの生地に生クリームや洋酒を練り込んで作るチョコレートです。

見た目も食感もまったく違うお菓子なので、思い出した私の感じ方自体が間違っているんですけどね・・・

味わい的にはよく似ているような気がしなくもないですが、感じ方がまったく違って、同じなめらかな食感でも、ちょっとふわっとしたようななめらか感があって、溶けてしまうような感覚ではなく、ふにゅっと潰れてなくなるというか・・・
やっぱり、この食感を説明するのは、本当に難しいですね。

とりあえず、甘党で濃厚なミルクチョコレートが好きな人は、食べてみてください。
そして、この不思議食感を体験してみてくださいね。


・春の香味

いちご&桜の味わいということで、「どんな香りがするんだろう?」と、とっても興味があったんですが、香り的には、苺のフルーティーな甘酸っぱい香りとミルクチョコレートの旨味を感じて、贅沢感のあるいちごチョコの香りで、あまり桜を感じることができませんでした。

食べてみても、最初は甘酸っぱいいちごの味わいがするミルクチョコというイメージだったんですが、噛むごとに、なにか独特な苦味のような渋味のような塩味のような不思議な味わいがあって、「これがさくらリキュールなのかな?」と、私でも感じることができました。

ミルクの休息同様に、ちょっと不思議ななめらかでありつつふにゅっと潰れるような食感がとても心地よくて、いちご&桜味を引き立てているかのようです。

チョコレートの甘味といちごの酸味と桜の旨味、この3種類の相性の良さに、正直に言うと、びっくりしました。

濃厚なのにさっぱり食べることができるいちご&桜の味わい、おいしさの中に不思議さがあって、楽しめる1品になっていると思います。

しかも、苺チョコの味わいが濃いので、さくらの味わいを苦手とする子ども達も、おいしく食べることができましたよ。

2商品ともに、ムースとチョコのコラボというちょっと不思議な食感を楽しみつつ、贅沢な味わいを楽しめる1品になっていましたよ。


わが家の感想は・・・

全員一致・・・大絶賛

という結果でした(^^)/
最後まで読んでくださり、ありがとうございました(^^)/

error:すみません。コピーはできません。