スポンサーリンク

ブルボン「レザンヌ(RAISINNE)」紹介とわが家の感想

エクセレントスイーツorシルベーヌ
スポンサーリンク

突然ですが、わが家があるのは北海道です。
先日、スーパーに買い物に行くと、去年(2018年)9月に西日本地域限定で販売になっていたはずの「レザンヌ」がお菓子の棚にあり、思わず「ん?」と、2度見してしまいました。

今まで、まったく気づかずに過ごしてきていたんですが、いつの間にか、東日本地域でも販売されるようになっていたんですね!

今回は、新発売から離れてブルボンさんの「レザンヌ」を紹介したいと思います。

去年、西日本でレザンヌが発売になった頃、わが家のある北海道では「サクリス<ミルクショコラ>」が発売になり、当ブログでも紹介させてもらったんですが、今回、改めて本物の「レザンヌ」と「サクリス」が並んでいる姿を見て、前回同様に、「海or空」と「山or草原」を連想し、なにか自然の尊さみたいなものさえ感じました。

レザンヌは、ホワイトチョコ入りのクリームと洋酒漬けのレーズンをクッキーにサンドしてあります。

たいていレーズンを使ったお菓子といえばラムレーズンを思い浮かべますが、レザンヌの場合、公式HPにもパッケージにも「ラム酒」ではなく「洋酒」と書かれていて、原材料名を見ると、オレンジを含む洋酒が使われていることがわかります。

ラム酒はオレンジとは関係ないので、違った洋酒が使われているということでしょう。
ラム酒ではない洋酒漬けのレーズンの味わいというのも珍しいですよね。

【商品名】ブルボン「レザンヌ(RAISINNE)」

【発売日】
・2018/09/11(火)→西日本地域 (中部、北陸、関西、中四国、九州)
・2019/02/05(火)→東日本地域(北海道、東北、関東、信越)

【買った値段(スーパー)】税込289円

【アレルギー物質(27品目中)】乳、卵、小麦、オレンジ、大豆

【内容量】6個 (1個:標準20g)

【カロリー(1個当り)】103kcal

【名称】洋菓子


【注意点】
・オレンジを含んだ洋酒・酒精が使われています。
アルコール分標準1.0%未満が含まれているので、お子さんやアルコールがとても弱い人、妊婦さんなど、運転時などは控えることをお勧めします。

外箱パッケージとよく似た雰囲気の個装で、ピカピカと光る緑色がとてもきれいですよね。

個装を開けると、ふわっとバニラのようなミルク感があるホワイトチョコレートの香りと混ざり合って、かすかにアルコールを感じるような感じないような・・・

レーズン独特の芳醇な香りは・・・かすかにするんですが、正直に言うと、もう少し強くてもいいかなぁという印象を受けました。

今回は、クッキーの1枚がきれいに外れたので、ナイフを入れませんでした。

すべてそうなのかどうかはわからないんですが、今回は、洋酒漬けレーズンが中央に集まっていますね。レーズン量が少し淋しい気もしなくもないですが・・・

食べてみると、クッキーのサクサク食感とホワイトチョコ入りのクリームのなめらかな食感が混ざり合って、とても心地よさを感じる食感になったところに、洋酒漬けレーズンが現れ、食感に変化を感じます。

渋味というか苦味というかの洋酒漬けレーズンの味わいが、もう少し強くてもいいかなという香りでの印象は、変わることはありませんでしたが、濃厚な甘味のクリームとクッキーと洋酒漬けレーズンの味わいが混ざり合うことで、濃厚な甘味がさらっとした後に引かない味に変化していきます。

大人だともう少しレーズンが~と思うところですが、このくらいであれば、子どもも一緒に食べることができる程度だと思うので、家族みんなで贅沢な一時を過ごすことができるかと思います。


わが家の感想は・・・

子ども4人・・・大絶賛
大人2人・・・絶賛。レーズンがもう少しほしい。
子ども2人・・・絶賛。レーズンが少なくて食べやすい。

という結果でした(^^)/
最後まで読んでくださり、ありがとうございました(^^)/