スポンサーリンク

ブルボン「ショコラエリーゼ(Chocolat ELISE)」宇治抹茶、紹介とわが家の感想

パキーラorエリーゼorルーベラ
スポンサーリンク

ブルボンさんからこの時期ならではの「抹茶フェア」が開催され、抹茶の味わい7商品が新発売になりました。今年は、なぜか2度に分けての開催ということもあり、ブルボンさんからの抹茶フェアは、大盛り上がりですね。

今回は、7商品の中から「ショコラエリーゼ<宇治抹茶>」を紹介したいと思います。

エリーゼといえば、誰もが知っているお菓子ですが、ショコラエリーゼは、その名の通り、エリーゼがショコラ(チョコレート)で包まれている、ちょっと贅沢感あふれるエリーゼで、仲間入りしたのは2017年11月のこと。ショコラエリーゼから宇治抹茶が発売されたのは、今回が初めてのことです。

1度目の抹茶フェアの時に、ファミリーサイズの「エリーゼ<抹茶>」が発売になっていますが、一味違った贅沢な宇治抹茶の味わいを楽しませてくれそうですね。

正直に言うと、「ショコラエリーゼ<宇治抹茶>」と「ショコラルーベラ<宇治抹茶>」のパッケージ雰囲気がよく似ていて、

「ショコラエリーゼ発見!」と遠目に見て思っても、近くに行くと「ショコラルーベラ<宇治抹茶>」だったということもあって、買う時に少し戸惑ってしまいました。

【商品名】ブルボン「ショコラエリーゼ(Chocolat ELISE)」宇治抹茶

【発売日】2019/04/16(火)(期間限定)

【買った値段(コンビニ)】税込194円

【アレルギー物質(27品目中)】乳、卵、小麦、大豆

【内容量】10本(1本:標準7.2g)

【カロリー(1本当り)】40kcal

【名称】チョコレート菓子

個装の雰囲気もよく似ていますね。

ただ、お花かな?
絵柄が描かれていて、エリーゼっぽさが出ていて、ちょっとしたアレンジで違いを見せるなんて、デザイン性が高いなと感じました。

個装を開けると、予想はしていたものの抹茶の渋い香りと甘いチョコがコラボした抹茶チョコの香りが香ばしいのと同時に、完全に抹茶チョコで包まれていて、エリーゼっぽくない雰囲気です。

ナイフを入れると半分がぱかっと割れて「しまった!」と思ったんですが、おかげで内側の抹茶クリームの様子がわかりやすい写真になりました。

そういえば、小さい頃、よく半分にして食べたような・・・

ちょっと懐かしさを感じつつ口に入れてみると、さすが抹茶チョコと抹茶クリームをダブルで使っているだけあって、抹茶の味わいがすごいですね。

濃厚でありつつまろやかな抹茶の味わいで、甘味と渋味をしっかり感じる抹茶の旨味がしっかり表現されています。

ウェハースのサクサク感が濃厚な抹茶の風味を軽やかな味わいへと変化させていて、「やっぱりエリーゼだな~。」と思わせてくれる味わいです。

見た目には、どうしてもエリーゼっぽくない感じを受けてしまうのに、食べてみると、しっかりと贅沢感をプラスしながらも軽さもあるエリーゼの味わいで、エリーゼではないようなエリーゼのような不思議な感覚です。

ショコラエリーゼを食べたのは何回めでしょうか。何度食べてもおもしろいですね。


わが家の感想は・・・

子ども3人・・・大絶賛
子ども1人+大人2人・・・絶賛。もう少し渋味がほしい。
子ども1人・・・抹茶自体が苦手

という結果でした(^^)/