スポンサーリンク

明治「ガルボ(galbo)」豆乳抹茶 ポケットパック、紹介とわが家の感想

ガルボorホルンorフラン他
スポンサーリンク

1996年に初めて発売されたガルボから、新しい味わい「ガルボ<豆乳抹茶>ポケットパック」が新発売になりました。

今年2月に発売された「豆乳きなこ」から約2か月。
「豆乳抹茶」というネーミングにあるように、続けて2商品目の豆乳が使われたガルボで、前回、同様に「SOY」の文字が書かれています。淡い色だからなのか、とっても爽やかさのあるパッケージの抹茶の味わいガルボです。

豆乳を生換算で2.6%も使用しているということで、豆乳と抹茶の和のコラボがどのように絡み合うのか楽しみな商品ですよね。

いつも通り、抹茶の味わいが今までに発売されたことがあるか調べてみると、

2017年 ガルボ<抹茶ミルク>ポケットパック
2016年 ガルボミニ<抹茶ミルク>
2015年 ガルボミニ<コク深い抹茶>

の3商品の抹茶の味わいガルボの発売をみつけることができたんですが、どれも豆乳の文字はなく、ガルボからの豆乳と抹茶のコラボは初めてのようです。

【商品名】明治「ガルボ(galbo)」豆乳抹茶 ポケットパック

【発売日】2019/04/02(火)(期間限定)(コンビニ・駅売店限定)

【買った値段(コンビニ)】税込132円

【アレルギー物質(27品目中)】小麦、卵、乳成分、大豆

【内容量】38g→7粒入っていました。

【カロリー(1袋当り)】225kcal

【名称】チョコレート菓子


【注意点】
・注意点に入るかどうかわかりませんが、カロリーがあくまでも1袋あたりの推定数値です。粒数が違うこともあるようですが、おおよそ決まっていそうなので、1粒あたりのグラム数とカロリーを計算してみました。

1粒当たりのグラム数 38(g)÷7(粒)=5.428…g
1粒当たりのカロリー 225(kcal)÷7(粒)=32.142…kcal

袋を開けた途端に、ガルボらしい甘い抹茶の香りがすごい!
なにか抹茶以外の香りを感じるんですが、それが豆乳かと言われると、私にははっきりとはわかりませんでした。

いつも思うんですけど、丸いボール型でも四角いキューブ型でもない不思議なこのガルボの形が、なんかかわいらしいですよね。

思っていた以上に抹茶の緑色が濃くて、本当に豆のように見えてきておもしろかったです。ちょっと大きすぎる豆ですけどね。

断面を見ると、ガルボの特徴かなとも思うんですが、意外とチョコレートの層が厚いんですよね。

食べてみると、予想以上の甘い抹茶の味わいに最初はちょっとびっくりしましたが、どちらかというと、抹茶が甘いというよりも渋味のある抹茶の中に、豆乳の甘味が交じり合っている感じなのかな?

ホワイトチョコを練り込んであるしっとりした焼菓子と豆乳の甘味、そして抹茶の渋味が混ざり合っていて、おいしいんですけど、ちょっと不思議感のある味わいかなと感じました。

正直に言うと、抹茶が大好きなんですけど、豆乳があまり得意ではない私。

豆乳がなくてもいいかなというのが正直な感想なんですが、豆乳も抹茶も好きな家族にとっては、とってもおいしいものになっているようです。


わが家の感想は・・・

子ども3人+旦那・・・大絶賛
子ども2人+私・・・絶賛。豆乳がないものを食べてみたい。
子ども2人・・・抹茶or豆乳自体が苦手

という結果でした(^^)/
最後まで読んでくださり、ありがとうございました(^^)/

error:すみません。コピーはできません。