スポンサーリンク

森永「小枝」苺&クッキー 袋タイプ、紹介とわが家の感想

小枝
スポンサーリンク

1971年に発売されて以来、たくさんの人に親しまれ続けている小枝。
そんな小枝の手につきにくい袋タイプから、色鮮やかなピンク色に色鮮やかな赤色のいちごの姿がかわいらしい「小枝<苺&クッキー>袋タイプ」が新発売になりました。

袋タイプの小枝は、オリジナルの小枝と違って、小さな子どもでも手を汚さずに食べることができ、こうしてパソコンをしている時や旅行の時にも食べやすくて、とっても便利なタイプの小枝です。

今回の「小枝<苺&クッキー>袋タイプ」は、オリジナルと同じように小麦パフは使われているんですが、オリジナルで使われている米パフとアーモンドが使われていません。

その代わりに、ココアクッキーと苺チップを使っている一味違った小枝です。
苺チョコとココアクッキーの組み合わせの小枝、「これは間違いないでしょう」と、ついつい思ってしまいますよね。

【商品名】森永「小枝」苺&クッキー 袋タイプ

【発売日】2019/04/02(火)(コンビニ・駅売店限定)

【買った値段(コンビニ)】税込108円

【アレルギー物質(27品目中)】小麦、乳、大豆

【内容量】30g

【カロリー(1袋当り)】161kcal

【名称】準チョコレート


【注意点】
・卵、落花生を含む商品と同じ製造ラインで作られています。
卵、落花生アレルギーの方はお気を付け下さい。

袋を開けた瞬間から、甘酸っぱいフルーティーな苺の香りがして、ココアクッキーの香りはどこへやら・・・

見た目には、こんなに白い小麦パフとココアクッキーが透けて見えているのに、とにかくいちごチョコという香りです。

小枝の袋タイプの紹介は、これで何商品目でしょう。
毎回、思うんですが、袋タイプの小枝は、色合いがなかなかな感じですよね。

 

一応、断面写真撮ってみましたが、もともとの小枝の端と、それほど大きな違いはないですね。
こうしてよく見てみると、赤い粒々があるのが見えます。この赤い粒々が苺チップですね。

食べてみると、香りで感じた甘酸っぱいフルーティーな苺の味わいに、かすかに苦味のあるココアクッキーが交じり合うことで、ちょっと大人ないちごチョコの出来上がりです。

ただ、小麦パフがあることによって、子どもでもおいしく食べることができるとってもやさしい味わいに仕上がっています。

米パフやアーモンドが入っていなくても、心地いいサクサクした小枝独特の食感は健在です。

ただ、手につきにくい袋タイプは、普通のチョコレートというよりコーティングチョコなこともあり、少し歯応えが違うので、サクサク食感とコーティングチョコの少し固めのチョコレートの食感によって食べ応えがあるので、少量でも満足できるんですが、「もう少し、もう少し」と、ついつい手が出てしまいます。

これは、苺チョコが好きな人は、ぜひ1度は食べてみてほしい味に仕上がっていますよ。


わが家の感想は・・・

全員一致・・・大絶賛

という結果でした(^^)/
最後まで読んでくださり、ありがとうございました(^^)/