https://search.google.com/search-console/amp/drilldown?resource_id=https%3A%2F%2Ftmum-kinume.com%2F&item_key=GgQIHxAD&utm_source=wnc_10030322&utm_medium=gamma&utm_campaign=wnc_10030322&utm_content=msg_100058679&hl=ja&sharing_key=Ol7zJdkQkVDAnQOmisJ-Vw 【2019】ナッツ感とカカオ感をUPさせて再登場!「明治ザ・チョコレート<魅惑の旨味ジャンドゥーヤ>」紹介とわが家の感想 | おちびチョコ探偵

【2019】明治「ザ・チョコレート(THE Chocolate)」魅惑の旨味ジャンドゥーヤ、紹介とわが家の感想

明治
広告

2016年11月~2017年10月の約11か月間、たくさんの人に愛されていた「明治ザ・チョコレート<魅惑の旨味ジャンドゥーヤ>」が、約1年半の歳月を経て、期間限定で再登場です。

※2016年11月から一部地域で先行販売があり、全国的には12月から発売になったようです。

「明治ザ・チョコレート<魅惑の旨味ジャンドゥーヤ>」が終売になった時、ネット上には、たくさんの惜しむ声が上がっていたことを考えると、再び姿を見ることができるようになるこの日を、待ちに待っていたという人も多いのではないでしょうか。

今回は、ヘーゼルナッツペーストを増量することで、さらにナッツ感を強く感じることができる仕上がりになっているとのこと。
さらに以前のジャンドゥーヤは、カカオ51%なのに対し、今回はカカオ53%でベネズエラ産のカカオが中心。

ヘーゼルナッツペーストを増量し、カカオ感もUPしているということで、さらに進化したジャンドゥーヤを愉しむことができそうですね。

ちなみに、明治ザ・チョコレートから3層構造の形が発売されたのは、2016年12月に発売されたジャンドゥーヤが初。

公式HPに掲載されている他6商品の中にはないんですが、今年1月に発売された「明治ザ・チョコレート<弾ける香り>ゆず」が、同じようにカカオがデザインされた3層構造になっていました。

正直に言うと、ゆずの時に初めて3層構造の明治ザ・チョコレートを食べた私。
ギザギザがないこの形が、私にとって何よりも嬉しいかも。

【商品名】
明治「ザ・チョコレート(THE Chocolate)」魅惑の旨味ジャンドゥーヤ

【発売日】
・2016/12/13(火)(全国販売)→2017年10月販売終了
・再発売→2019/03/26(火)(期間限定)

【買った値段(コンビニ)】税込248円

【アレルギー物質(27品目中)】乳成分、大豆

【内容量】50g(3枚)

【カロリー(1箱当り)】310kcal

【名称】チョコレート


【注意点】
・注意点に入るかどうかわかりませんが、カロリーがあくまでも1箱あたりの推定数値です。枚数が決まっているということで、1枚あたりのグラム数とカロリーを計算してみました。

1枚当たりのグラム数 50(g)÷3(枚)=16.666…g
1枚当たりのカロリー 310(kcal)÷3(枚)=103.333…kcal

外箱と同じ色合いの個装で、何度見ても明治ザ・チョコレートの個装は、シンプルでおしゃれですよね。

個装を開けて現れるこのカカオのデザイン。
全てにおいて、お菓子の棚に並んでいるチョコレートとは思えないですよね。
写真では、まるで2層のようになってしまいましたが、しっかり3層になっています。

そして、個装を開けた時のなかなかなナッツ感にびっくり!
さすが魅惑の旨味というネーミングがつくだけある濃厚なナッツ感です。

チョコレートでヘーゼルナッツを練り込んだチョコレートをサンドした3層構造の形態と、表面にカカオがデザインされているのがジャンドゥーヤの特徴。

今度の写真は、デザインと3層構造がわかりやすく撮れました。
以前の3層構造を調べた時に見させてもらいましたが、それほど変わりはないみたいですね。

食べてみると、とっても濃厚な味わいに再度びっくり!
ジャンドゥーヤというナッツとチョコレートのコラボの集大成なのではないかというほどに、濃厚なナッツ感とカカオ感が口の中いっぱいに広がっていきます。

ヘーゼルナッツペーストを混ぜ込んだチョコレートと、ちょっと苦味のあるビターなチョコレートが絡み合いながらなめらかに溶けていく・・・

チョコレートを食べると、なくなった後の口の中がまったりして、さっぱりしたものを食べたくなることがありますが、ジャンドゥーヤの場合、溶けてなくなった後の余韻がすごいのに、待ったりするわけでもなく、ジャンドゥーヤのおいしさがチョコがなくなった後でも楽しめるから不思議です。

終売になった時にたくさんの人に惜しまれていたのがどうしてなのか、そして、「魅惑(人をひきつける)の旨味」というネーミングの意味が、食べてすぐに伝わってきました。

ただ、チョコレートがカカオ53%というビターな味わいなこともあり、子ども達にはちょっと苦味が強く感じたようで、「大人の味だね。」という感想が多かったです。

さすが「大人舌で、愉しみましょ。」というだけあって、明治ザ・チョコレートはやっぱり大人の味ですね。


わが家の感想は・・・

子ども2人+大人2人・・・大絶賛
子ども2人・・・絶賛。大人の味。
子ども1人・・・ナッツ自体が苦手

という結果でした(^^)/
最後まで読んでくださり、ありがとうございました(^^)/

コメント