https://search.google.com/search-console/amp/drilldown?resource_id=https%3A%2F%2Ftmum-kinume.com%2F&item_key=GgQIHxAD&utm_source=wnc_10030322&utm_medium=gamma&utm_campaign=wnc_10030322&utm_content=msg_100058679&hl=ja&sharing_key=Ol7zJdkQkVDAnQOmisJ-Vw ラスク新登場!「チョコあ~んぱん」の歴史をまとめてみました。 | おちびチョコ探偵

ラスク新登場!「チョコあ~んぱん」の歴史をまとめてみました。

ブルボン

さて、「チョコあ~んぱん<ラスク>」シリーズが新発売になったのと同時に、「チョコあ~んぱん」もリニューアルになったということで、紹介しようと思って買ってきたものの、どう紹介記事を書こうかと迷いに迷っている間に1か月以上経ってしまった「チョコあ~んぱん」シリーズ。

いっそのこと、袋タイプと箱タイプの「チョコあ~んぱん」と「チョコあ~んぱん<ラスク>」を一緒に紹介することにしました。

正直に言うと、ものすごい久しぶりに「チョコあ~んぱん」買いました。
なつかしい~!

チョコあ~んぱんが発売した時から、順を追って、ラスクへと進んでいこうと思います。
ラスクだけを読みたい人は、飛ばしてくださいね。

・チョコあ~んぱん

「チョコあ~んぱん」は、1口で食べることができる小さなあんぱんをイメージして作られたお菓子で、初めて発売になったのは1986年のこと。

30年以上も愛されているロングセラー商品で、私が初めてこのお菓子を見た時には、チョコとついているにもかかわらず「あ~んぱん」というネーミングに勘違いして、「かわいいおじさんのあんぱん食べてみたい!」と、母におねだりした記憶があります。

普段、あまり買ってくれない母が、カルシウムとビタミンD配合と書かれているのに反応して、珍しく買ってくれたのを思い出しました。

食べてみてびっくり!
中に入っているのは、あんこではなく、しっとりしたチョコなんですよね。

※リニューアル前のパッケージです。

ネーミングにチョコとついているのにもかかわらず、「あ~んぱん」が印象強くて、私のように、中にあんこが入っているあんぱんと勘違いしてしまっている人、とっても多いんじゃないかなと思います。

実は、名前の由来は、中にあんこが入っているあんぱんとは少し違います。

パンやおまんじゅうなど、なんでもそうなんですが、内側に入っている具材のことを「餡(あん)」と呼びますよね。チョコあ~んぱんの場合は、チョコにあたる部分です。

これが名前の由来のひとつで、中にチョコが入っていることがわかりやすいように、チョコあんぱん。さらに、子ども向け商品ということで、子どもに「あ~ん」と食べさせる時のイメージにプラスして、かわいらしさを出すために「あ~ん」とのばして「チョコあ~んぱん」というネーミングがつけられたそうです。

上写真ですが、今回、間違ってリニューアル前の袋を買ってきてしまったんですが、「あ~んとひとくち!パクッと召しあがれ!」という言葉が書かれていたのは、名前の由来とも絡んでいたということですね。

パッケージのおじさんにも名前があります。
名前は、パン屋さんの「あんぱんおじさん」。

公式HPによると、あんぱんおじさんには姪っ子の「メイちゃん」がいます。
メイちゃんは、今は製造終了している「チョコあ~んぱん<カスタード味>」のパッケージ、そして去年(2018年)発売されたチョコメロ~ンパンのパッケージに登場している女の子です。

あんぱんおじさんにはお父さんと妹もいて、今まで発売された期間限定品などに登場していたそうです。お父さんと妹もいたんですね!知らなかった!

シェフのお父さんの名前は「あんぱんグランバ」、妹は、結婚して名字が変わって「ブラウニ―おばさん」。
よく考えたら、姪っ子がいるんですから兄妹がいてもおかしくないですよね。

でも、メイちゃんは、ブラウニーおばさんの子どもではなく、あんぱんおじさんの兄弟(双子?)の子どもらしく、まだ見ぬあんぱんおじさんの兄弟とお母さんが現れる時は来るのでしょうか?楽しみですね。

ちなみに、きこりの切株でおなじみの「きこりのおじさん」と親友なんだそうですよ。

※写真は、袋はリニューアル前、箱タイプはリニューアル後です。
間違って買ってしまいましたが、そのまま記事を書かせてもらいます。
ごめんなさい。

今回、紹介するにあたり、どうしても不思議だったのが袋タイプと箱タイプがあること。
同じ内容量・同じ商品なのに、どうして袋タイプと箱タイプがあるのか・・・

調べてみると、売店やコンビニなどで、袋を吊り下げて陳列しているのを見かけることがありますよね。そういった吊り下げ陳列をしやすくするために、袋タイプを販売し始めたようです。

ようするに、袋タイプと箱タイプがあるのは「お店で陳列しやすい方を選んでね。」という、販売してくれるお店に対するブルボンさんのやさしさだったんですね!

【商品名】・ブルボン「チョコあ~んぱん」袋or箱タイプ

【発売日】
・箱タイプ・・・1986/05/15→リニューアル2019/04/02(火)
・袋・・・1994/07/18→2019/04/02(火)

【買った値段】
・袋(コンビニ)・・・税込108円
・箱タイプ(スーパー)・・・税込79円

【アレルギー物質(27品目中)】乳、卵、小麦、大豆

【内容量】44g→11個入っていました。

【カロリー(1袋or箱あたり)】199kcal

【名称】準チョコレート菓子


【注意点】
・洋酒・酒精が使われています。
大丈夫かと思いますが、お子さんやアルコールがとても弱い人、妊婦さんなどは、お気を付け下さい。

・注意点に入るかどうかわかりませんが、カロリーがあくまでも1箱(袋)あたりの推定数値です。個数が違うこともあるようですが、おおよそ決まっていそうなので、1個あたりのグラム数とカロリーを計算してみました。

1個当たりのグラム数 44(g)÷11(個)=4g
1個当たりのカロリー 199(kcal)÷11(個)=18.090…kcal

・チョコあ~んぱん<ラスク>

そして、今回、新登場したのが「チョコあ~んぱん<ラスク>」です。
チョコあ~んぱんを2度焼きしてラスクにしたものです。

公式HPを見ていて、ちょっと思ったのは、もしかしてパッケージのあんぱんおじさんは双子の・・・?
まだまだ公式HPには何も書かれていないので、あんぱんおじさんなのかな?

毎回、新しい味わいが発売される時には、袋タイプと箱タイプが別の日に発売になっていて、今回も例外ではなく、袋タイプは3月、箱タイプは4月に発売になりました。

「チョコあ~んぱん」がリニューアルしたのは、ラスクの箱タイプと同日ですね。

内容量が同じでのパッケージ違いって珍しいなとは思っていましたが、その2つが別の日に発売というのもめずらしい感じですね・・・

【商品名】
・ブルボン「チョコあ~んぱん<ラスク>」袋or箱タイプ

【発売日】
・袋→2019/03/19(火)
・箱タイプ→2019/04/02(火)

【買った値段】
・袋(コンビニ)・・・税込108円
・箱タイプ(スーパー)・・・税込79円

【アレルギー物質(27品目中)】乳、卵、小麦、大豆

【内容量】42g→11個入っていました。

【カロリー(1袋or1箱当り)】198kcal

【名称】準チョコレート菓子


【注意点】
・注意点に入るかどうかわかりませんが、カロリーがあくまでも1箱(袋)あたりの推定数値です。個数が違うこともあるようですが、おおよそ決まっていそうなので、1個あたりのグラム数とカロリーを計算してみました。

1個当たりのグラム数 42(g)÷11(個)=3.818…g
1個当たりのカロリー 198(kcal)÷11(個)=18kcal

比べてみると、まさにパンという雰囲気のチョコあ~んぱんに対し、ラスクは、しっかり2度焼きされているのがわかるような感じで、ちょっと茶系色部分が多いですよね。触った感覚は、まったく違って、明らかにラスクの方がかたいです。

半分にしてみると、チョコあ~んぱんはすんなりナイフが入りますが、ラスクはザクザクッと崩れていく感じで、半分がバラバラになってしまいました。

1口であ~んと口に入れたら、はっきり違いがわかります。
ふわふわなチョコあ~んぱんに対して、ラスクはザクザク食感を楽しむことができて、味的には同じはずなのに、まったく違った感覚です。

中のソフトな食感のチョコレートがふわふわのパン生地にしみ込んでいくようなチョコあ~んぱんに対して、ラスクは、ザクザク食感のパン生地にチョコが絡み合う印象があって、私的には、どちらかというとラスクの方が好きかも。

ただ、家族で意見が分かれ、今までの方がいいという子もいたので、この食感の違いに、かなり意見が分かれるんじゃないかなという気がします。

よく考えると、不思議なお菓子ですよね。
パン生地を使用していて、本当にパンを食べているような感覚で食べることができるお菓子ということもあり、腹持ちの良さは、子どものお菓子とは思えないほどで、小さな子どもだったら朝ごはんやお昼ごはんの主食にしても・・・

ラスクになるとザクザクと砕けてしまう分、食べ応えがなくなってしまっている感じなので、チョコあ~んぱんの方が、朝ごはんやお昼ごはん向きかな~・・・

なんて、楽することを考えてしまいますが、あくまでも準チョコレート菓子なんですよね。

準チョコレート菓子として発売されているお菓子でありながら、パン屋さんに負けないくらいにおいしいチョコパンと、内側にチョコが入ったラスクなんて、よく考えると不思議ですよね。

これからもずっと変わらずにいてほしいなと改めて思ったのと同時に、これから、どんな味わいを楽しませてくれるのか・・・

あんぱんおじさんとその家族のみなさん、楽しみにしていますね。


今回は、チョコあ~んぱんのおいしさは、たくさんの人が知っていると思うので、恒例の「わが家の感想」は、省略させていただきます。

長文になってしまいましたが、最後まで読んでくださり、ありがとうございました(^^)/

コメント