スポンサーリンク

【2019】不二家「ルック2(LOOK2)」チョコミント食べくらべ、紹介とわが家の感想

ルック
スポンサーリンク

1962年に初めて発売されて以来、たくさんの人に愛され続けているルックから、夏ならではの味わい「ルック2<チョコミント食べくらべ>」が新発売になりました。

去年(2018年)にもルック2から2種類のミントを楽しむことができる「ルック2<2つのミント食べくらべ>」が発売されていて、紹介させていただきましたが、去年のルック2とは一味違った味わいのようなので、別に紹介したいと思います。

去年は「ミントアイス&チョコミントパフェ」という2種類でしたが、今年は「定番チョコミント&超チョコミント」の2種類で、特に、去年と違った味わいを楽しむことができそうなのは、超ミントの方ですね。

追記1:「ルック2<チョコミント食べくらべ>ファミリーパック」が、6月4日(火)に新発売になりました。

本当は、写真とともに更新したかったんですが、1度買うチャンスを逃してしまった後、姿を見ていません。

もし、みつけることができたら、また更新したいと思います。

追記2:ファミリーパックをみつけることができました。12粒ルックとデザインは同じで、大きな袋になった感じです。写真の変更と情報の追記をさせていただきます。

定番というだけあって、定番チョコミントは、去年同様のつぶつぶラムネの入ったミントクリームでチョコミントアイスをイメージした味わいですが、超チョコミントは、去年までチョコクリームだった内側が今年はミントクリームになっていて、より爽快感を楽しめそうです。

ちなみに、去年は調べていなかったみたいなので、他にも発売されたことがあるか調べてみると、2017年にも「ルック<チョコミントダブル>」が「ミントアイス&カカオミント」の2種類という形で発売になっていて、これが12粒ルックからの初めてのミント味のようです。

【商品名】
・不二家「ルック2(LOOK2)」チョコミント食べくらべ
・不二家「ルック2(LOOK2)」チョコミント食べくらべ ファミリーパック

【発売日】
・12粒・・・2019/05/14(火)
・ファミリーパック・・・2019/06/04(火)

【買った値段(スーパー)】
・12粒・・・税込113円
・ファミリーパック・・・税込297円

【アレルギー物質(27品目中)】乳成分、大豆

【内容量】
・12粒・・・12粒(1箱:標準43g)
・ファミリーパック・・・30粒(個包装)
・定番→1粒:標準4.4g ・超→1粒:標準4.5g

【カロリー(1箱当り)】
・12粒・・・256kcal
・ファミリーパック・・・定番→26kcal ・超→26kcal

【名称】チョコレート


【注意点】
・卵、小麦、落花生を含む商品と同じ製造ラインで作られています。
卵、小麦、落花生アレルギーの方はお気を付け下さい。

・酒精飲料が使われています。
大丈夫かと思いますが、お子さんやアルコールがとても弱い人、妊婦さんなどは、お気を付け下さい。

・注意点に入るかどうかわかりませんが、12粒ルック2は、カロリーがあくまでも1箱あたりの推定数値です。粒数が決まっているということで、1粒あたりのグラム数とカロリーを計算してみました。

1粒当たりのグラム数 43(g)÷12(粒)=3.583…g
1粒当たりのカロリー 256(kcal)÷12(粒)=21.333…kcal

 

向かって左側が定番チョコミント、右側が超チョコミントです。
ネーミングにはアイスとはついていませんが、さすが、冷やしても凍らせてもおいしいミント味のチョコということもあって、アイスの絵柄が書かれていますね。

どっちがどっちの香りかはわからないですが、ミントの爽やかな香りに清々しさを覚えます。

追記:12粒ルックとファミリーパックのチョコレート上面に描かれたデザインが違うんですよね。しかも、形も違ってびっくりしました。

とはいっても、内側のクリーム部分は同じなので、以前の文章はそのままで写真だけ変更させていただきました。

ここからは、別々に紹介したいと思います。


・定番チョコミント

 

どちらかというと、ほど良い香りのミント感で、ミルクチョコの甘い香りもしっかり感じることができて、ちょうどいい爽快感です。

定番チョコミントは、表面を覆っているミルクチョコレートの甘味とともに爽やかなミントの味がして、お互いがお互いを尊重しているような味わいに仕上がっています。

ミントクリームにつぶつぶラムネが混ざっていて、プチプチ食感のアクセントがおもしろくて、噛めば噛むほどミントの味を楽しむことができます。

ほど良い感じの爽快感が口の中に残り、チョコレートなのに、さっぱりと食べることができる味わいです。

チョコミントアイス好きな子ども達が食べやすい程度のミント感かなと思ったんですが、わが家は3人いるチョコミントアイス好きの子ども達の中で、食べることができたのは1人だけでした。

冷やして食べると、ミント感が少しプラスされ、さらにチョコミントアイスのような感覚で食べることができて、おいしかったです。


わが家の感想は・・・

大人2人・・・大絶賛
子ども1人・・・絶賛。ちょっと大人の味
子ども2人・・・大人の味。ミントが濃い
子ども2人・・・ミント自体が苦手

という結果でした(^^)/


・超チョコミント

 

とろっと流れ出てくるほどしっかりソースで、その様子が写真でわかるでしょうか?
不二家さんに確かめてはいないんですが、酒精飲料が入っているのは、超チョコミントの内側のミントエキス入り爽快ミントソースの部分なんじゃないかなと思います。

超チョコミントというネーミング通りの爽快感がある香りで、ミルクチョコの存在を忘れてしまいそうです。

食べてみても、香りで感じた爽快感そのままで、しっかりミント味です。
かすかに、ミルクチョコの甘味を感じるんですが、ミント感がすごくて、爽快感というより冷涼感といったほうがいいでしょうか。

爽快ミントソースと爽快ミントクリームが絡み合った超ミントの味わいに、完全にミルクチョコが負けてしまっています。

さすがに、チョコミントアイス好きの子ども達、個のミント感にはついてくることができず・・・

冷やして食べると、さらにその冷涼感が増して、ミント好きな私でも、なかなか表現が難しくなってくるほどですが、真夏に食べるといいかも。


わが家の感想は・・・

大人2人・・・大絶賛
子ども3人・・・大人の味
子ども2人・・・ミント自体が苦手

という結果でした(^^)/
最後まで読んでくださり、ありがとうございました(^^)/

error:すみません。コピーはできません。