スポンサーリンク

【2019】ブルボン「ミニシルベーヌ(SYLVEINE)」宇治抹茶、紹介とわが家の感想

エクセレントスイーツorシルベーヌ
スポンサーリンク

ブルボンさんからこの時期ならではの「抹茶フェア」が開催され、抹茶の味わい7商品が新発売になってから2週間以上が経ちましたが、みなさん、全商品、試してみたでしょうか?

今年は、なぜか2度に分けての開催で、ブルボンさんのお菓子を作っている工場は大忙しですね。

今回は、7商品の中から「ミニシルベーヌ<宇治抹茶>」を紹介したいと思います。

「アルコール分のパーセンテージが書かれていない!」

これが1番最初の感想で、おもわずいろいろと調べてしまいましたが、その辺は後にしますね。

箱タイプのシルベーヌからは、何度か抹茶の味わいが発売されていたのは知っているんですが、ミニシルベーヌの抹茶の味わいって、正直に言うとあまり記憶がなく・・・

調べてみたんですが、2016年と2017年に「ミニシルベーヌ<抹茶>」というネーミングで発売になっていたという2年分しかみつけることができませんでした。

毎年、ブルボンさんの抹茶フェアの中からどれを最初に買うかと、スーパーでもめるにもかかわらず、なんで記憶にないんだろ・・・?

【商品名】ブルボン「ミニシルベーヌ(SYLVEINE)」宇治抹茶

【発売日】2019/04/16(火)(期間限定)

【買った値段(スーパー)】税込300円

【アレルギー物質(27品目中)】乳、卵、小麦、大豆

【内容量】140g(個包装込み)→標準14個(1個:標準9.0g)

【カロリー(1個当り)】44kcal

【名称】チョコレート菓子


【注意点】
・洋酒・酒精が使われています。
大丈夫かと思いますが、お子さんやアルコールがとても弱い人、妊婦さんなどは、お気を付け下さい。

緑ではなく黄緑色の帯と模様が入った透明の個装が、とってもおしゃれ。

個装を開けると、しっかりチョコレートでコーティングされているのに抹茶の香りが心地よくて、ちょっと落ち着いた雰囲気があって、大人のお菓子という印象です。

とは言っても、このかわいらしい形は、子どもが大好きなケーキ形で、ファミリーサイズとなればなおさらですね。

内側の抹茶のケーキが現れると、さらに抹茶の香りが濃くなり、これはもうおいしい予感しかしません。

1口食べてみると、ふわっとした食感の抹茶ケーキが、思っていた以上に渋味があって、間に挟まれているクリームの甘味と混ざり合って、渋味と甘味の調和がとれた味わいに仕上がっています。

チョコレートがパリッと割れる食感と、お菓子の棚に並んでいたとは思えないこのふわっとした食感のシルベーヌに抹茶の味わいがプラスされることで、洋風ケーキからすっかり和風ケーキの味わいになっていて、もともともちあわせている上品なお菓子の雰囲気が、さらに上品になった気がします。


ちなみに、今まで、わが家でちび達3人に食べさせていいかどうか迷いながら見ていたアルコール分表示が「ミニシルベーヌ<宇治抹茶>」にはないと前述させてもらいましたね。

以前、紹介させていただいた「ミニシルベーヌ<いちご>」や、調べた限りの抹茶の味わいで2016・2017年に販売されていた「ミニシルベーヌ<抹茶>」には、アルコール分のパーセンテージが書かれていました。

調べてみると、酒税法・食品表示法において、お菓子にはお酒の表示義務がないものの、全国チョコレート業公正取引協議会において、1%以上のアルコールが原材料として含まれている時には、注意書きをしているそうです。

ようは「ミニシルベーヌ<宇治抹茶>」のパッケージにアルコール分量が書かれていなくても、原材料名の横の注意書きに、洋酒のことが書かれているので、気をつけなければいけないということですね。
むずかしいですね~・・・

もうひとつ言うと、原材料名は多く使われている順に書かれているので、上の方に書かれていればいるほど、多く含まれているという目安になります。

「ミニシルベーヌ<宇治抹茶>」の場合、酒精(エタノール)は下の方に書かれているので、それほど多く使われていないものの、洋酒は半分より上に書かれているので、それ相応の量が使われていることになります。

わが家の抹茶好きの子ども達は、全然問題なく食べることができましたが、子どもに食べさせる時やアルコールに弱い人は、今まで通り、1口食べてみて大丈夫そうだったら~などのように、気をつけた方がいいんじゃないかなと思います。


わが家の感想は・・・

子ども4人+大人2人・・・大絶賛
子ども1人・・・抹茶自体が苦手

という結果でした(^^)/
最後まで読んでくださり、ありがとうございました(^^)/

error:すみません。コピーはできません。