スポンサーリンク

【2019】「ミルクキャラメルガレットサンド」「ミルクキャラメルクリームサンドクッキー」「ビスケットサンド<ミルクキャラメル>」

ビスケットorソフトケーキ他
スポンサーリンク

6月10日が「ミルクキャラメルの日」だったのを知っていますか?
すでに、6月10日が過ぎてしまっていますが・・・

どうして6月10日なのかは、後からお話しすることにして、今回は、ミルクキャラメルの日を記念した商品の中から3商品を紹介したいと思います。

私は手にしていないんですが、3月には「フローズンキャラメル」、5月には今回紹介する商品のひとつ「ビスケットサンド<ミルクキャラメル>」が新発売になるなど、3月頃から、他にもさまざまなところで、ミルクキャラメルとのコラボ商品などを目にする機会が増えましたよね。

その中で、6月に入ってから私が手にすることができたのは、「ビスケットサンド<ミルクキャラメル>」です。私が買った時にはすでに最後の1個だったので、もしかすると、販売終了しているコンビニも多いかもしれませんが・・・

6月に入り、記念の品として大々的に新発売になったのは、「メロンキャラメル」です。

北海道産メロンを使った味わいで、ミルクキャラメルシリーズから発売された限定フレーバーの中で1番人気なんだそうです。

「メロンキャラメル」と同時に、去年も発売になっていた2商品「ミルクキャラメルガレットサンド」と「ミルクキャラメルクリームサンドクッキー」が新発売になっていて、当ブログでは、

「ミルクキャラメルガレットサンド」
「ミルクキャラメルクリームサンドクッキー」
「ビスケットサンド<ミルクキャラメル>」

の3商品をメインに別々に紹介したいと思います。


・ミルクキャラメルガレットサンド

【商品名】森永「ミルクキャラメルガレットサンド」

【発売日】2019/06/04(火)(期間限定)

【買った値段(スーパー)】税込257円

【アレルギー物質(27品目中)】小麦、卵、乳、大豆

【内容量】6個(1個:標準28g)

【カロリー(1個当り)】140kcal

【名称】洋菓子


【注意点】
・落花生を含む商品と同じ製造ラインで作られています。
落花生アレルギーの方はお気を付け下さい。

・酒精が使われています。
大丈夫かと思いますが、お子さんやアルコールがとても弱い人、妊婦さんなどは、お気を付け下さい。

個装からもミルクキャラメルの雰囲気出ていますよね。
淡いオレンジと濃いオレンジのストライプです。よく見ると、2色のオレンジ色の間に黄色の線が入っていて、とても印象的です。

昔よく食べたなつかしい甘いミルクキャラメルの香りがふわりと漂ってきて、なにかほっとする安心感があります。

ただ、もっとしっかり森永さんのミルクキャラメルかなと思っていたんですが、やさしさのある香りですね。

ふんわりケーキにナイフを入れた時のこの感触。
いつものように気持ちいいですね。

食べてみると、たしかにミルクキャラメルですね(笑)
なつがし~!子どもの時に戻ったようです。

ただ、思っていたよりは、ミルクキャラメルの濃厚さを感じることができない気がしますが、なつかしい甘味がふわっと口の中に広がって、なめらかなキャラメルクリームとガレットが絡み合って、味わいも食感もとにかくやさしいです。


・ミルクキャラメルクリームサンドクッキー

【商品名】森永「ミルクキャラメルクリームサンドクッキー()」

【発売日】2019/06/04(火)(期間限定)

【買った値段(スーパー)】税込112円

【アレルギー物質(27品目中)】小麦、乳、大豆

【内容量】
8個(1袋:標準11.6g)

【カロリー(1袋当り)】
62kcal

【名称】クッキー


【注意点】
・卵を含む商品と同じ製造ラインで作られています。
卵アレルギーの方はお気を付け下さい。

ミルクキャラメルクリームサンドクッキーも同じ色合いかなと思っていたんですが、オレンジ色と黄色のストライプで、ガレットサンドの個装の細い線の色とよく似ています。

ミルクキャラメルの香りがすごい!
これは、再現度、高いかも!とにかく濃厚なミルクキャラメルの香りです。

ざくざくのキャラメルクッキーが、ナイフを入れるとほろっと崩れてしまいましたが、こうして写真を撮っている間も、ミルクキャラメルを目の前にしているようなきがしてきました。

食べてみると、これはもう食感の違うミルクキャラメルですね(笑)

製品中にキャラメルパウダーを2.3%使っているというだけあって、ざくざくと口の中で崩れていくクッキーからも、なめらかな食感のクリームからも、濃厚なミルクキャラメルの甘味がどんどん溢れ出してきて、なつかしさがパワーUPした気分です。

いや~・・・おもしろいですね。
噛み切るのが大変な食感のミルクキャラメルの味わいが、ほろほろと崩れてしまうくらいにザクザクの食感のクッキーになってしまうなんて、子どもの頃に戻ったような気分で、楽しくなってきました。


・ビスケットサンド<ミルクキャラメル>

【商品名】
森永アイス「ビスケットサンド(BISCUIT SAND)<ミルクキャラメル>」

【発売日】2019/05/20(月)(コンビニ限定)

【買った値段(コンビニ)】税込162円

【アレルギー物質(27品目中)】小麦、乳、大豆、ゼラチン

【内容量】108ml(1個)

【カロリー(1個当り)】214kcal

【名称】アイスクリーム


【注意点】
・卵、落花生を含む商品と同じ製造ラインで作られています。
卵、落花生アレルギーの方はお気を付け下さい。

外装に写真が載せられているにもかかわらず、この大きなビスケットにちょっとびっくり!しかも、ミルクキャラメルの香りがふんわりと!

正直に言うと、ビスケットサンド自体を食べるのが初めてで、ミルクキャラメルの香りもそうですが、何よりも見た目にびっくりしてしまいました。

大きいビスケットなのに、まるで絵本に出てくるようなかわいらしさがあって「ビスケットだけで食べてみたい!」という気持ちが芽生えてしまいました。

アイスクリームをサンドしているだけあって、ビスケットが結構しなっていて、食べた時にも、サクサクしたビスケットというよりは、しっとりしたビスケットで、その向こう側から冷たくて甘い森永さんのミルクキャラメルの香りが!

このアイス、キャラメルの濃厚な旨味があって、普通においしいです。
たしかに、森永さんのミルクキャラメル味と言われればミルクキャラメルなんですが、私的には、ミルクキャラメルというよりもキャラメル味のおいしいアイスという印象が強いかなぁ・・・

香りで感じたほど、ミルクキャラメルのなつかしさを感じることができませんでしたが、しっかりとキャラメルの濃厚な旨味があるアイスクリームでした。

3商品ともに、それぞれのミルクキャラメルの感じ方があって、おいしいのはもちろんのこと、楽しさと懐かしさも感じさせてもらえて、何度でも食べたくなる味わいでしたよ。


わが家の感想は・・・

子ども3人+私・・・大絶賛
子ども1人・・・キャラメルは苦手だけど、3商品ともに、しっかりミルクキャラメルでおいしい。
子ども1人・・・キャラメル自体が苦手

という結果でした(^^)/

さて、最後に、冒頭でお話しした「ミルクキャラメルの日」がどうして6月10日なのかについて、お話ししたいと思います。

森永さんのキャラメルの歴史はとっても古く、1899年、森永さんの創業とともに発売が開始されました。今から120年前です。
今年は、森永さん120周年なんですよね。

1899年は、元号だと明治32年。
明治、大正、昭和、平成、そして5月に令和になったことで5元号をまたいで発売されています。す、すごい!

ミルクキャラメルというネーミングでの初めての発売は、1913年6月10日。
そこで、毎年6月10日を「ミルクキャラメルの日」にしたというわけです。

ミルクキャラメルの日は、日本記念日協会にも登録されていて、ミルクキャラメルを合わせて、21個の記念日(2019年6月現在)になっています。
中には「うどんと和菓子をいっしょに食べる日」というものもあって、「記念日のネーミングを調べるのも、意外とおもしろいかも」なんて考えてしまいました。

今回、新発売になった「メロンキャラメル」ですが、北海道産メロンを使ってくれているということで、とってもありがたいキャラメルです。

北海道民として申し訳ない話ですが、わが家では初めての味わいで、今現在、子ども達がメロンキャラメルのとりこになっています。

大人2人、あまりメロンが得意ではないので残念なんですが、メロン好きには、申し分ない味わいに仕上がっているみたいです。

長文になってしまいましたが、最後まで読んでくださり、ありがとうございました(^^)/

error:すみません。コピーはできません。