スポンサーリンク

チョコとコーヒーの相性の良さが引き立つ「プチチョコパイ(Petit CHOCO PIE)<モカケーキ>」紹介とわが家の感想

チョコパイ
スポンサーリンク

2006年に初めて発売になったプチチョコパイから、贅沢感あふれた「プチチョコパイ<モカケーキ>」が新発売です。

初めて目にした時には、去年と一昨年の2年連続で今時期に発売されていた「プチチョコパイ<ザッハトルテ>」が今年も発売になったのかななんて思ったんですが、まったく違ってコーヒーの味わいでした。

「プチチョコパイ<モカケーキ>」は、エチオピア産のモカコーヒー豆を1.0%使ったモカコーヒー風味のクリームをチョコレートケーキでサンドして、その表面をチョコでコーティングしてあり、チョコモカケーキといったところでしょうか。

ちなみに、同日に「プチチョコパイ<しっとりチョコケーキ>」が「プチチョコパイ」に、そして「プチブッセ<テイスティバニラ>」が「ふんわりプチケーキ<チョコとバニラのマリアージュ>」というようにリニューアルされました。

「プチチョコパイ<モカケーキ>」は、リニューアル初の限定商品ということですね。

【商品名】ロッテ「プチチョコパイ(Petit CHOCO PIE)<モカケーキ>」

【発売日】2018/06/25(火)

【買った値段(スーパー)】税抜き198円

【アレルギー物質(27品目中)】卵、乳成分、小麦、大豆

【内容量】8個(1個:標準14.5g)

【カロリー(1個当り)】74kcal

【名称】チョコレートケーキ


【注意点】
・洋酒が使われています。
大丈夫かと思いますが、お子さんやアルコールがとても弱い人、妊婦さんなどは、お気を付け下さい。

・半生タイプの商品なので、温度管理には気をつけましょう。

この個装、どこかで見たことがあるような・・・と思ったら、「チョコパイ<NYチーズケーキ>」の個装とイラストが一緒ですね。やっとプチチョコパイが、本格的に仲間として認められたようで、なにか安心感を覚えます。

個装を開けると、モカというだけあって、モカコーヒーの特徴ともいえる苦味が弱い爽やかなコーヒーの香りで、チョコの甘い香りと混ざりあって、チョコモカそのものの香りと言ってもいいでしょう。

ん~・・・この断面、いいですね~。まさにモカケーキ!

口に入れた瞬間は、チョコレートケーキの隠し味にコーヒーの香りをつけているような、チョコレートがメインの印象ですが、1度かむことによって、しっとりふわふわ食感のチョコレートケーキの甘味の奥から、まろやかなコーヒーの味わいを感じて、濃厚でありながら安心感のある味わいに仕上がっています。

チョコレートとコーヒーって、どうしてこんなに相性がいいんでしょう?
甘味と苦味がコラボすることで、チョコレートとコーヒー、両方の香りと旨味がとっても引き立ちますよね。

しいて言えば、コーヒー好きの大人にとっては、もう少しコーヒー感があってもいいのかなという印象も受けなくもないですが、子ども達もおいしく食べることができたので、これはこれでありかなと思います。


わが家の感想は・・・

子ども3人・・・大絶賛
大人2人・・・大絶賛。もう少しコーヒー感がほしい。
子ども1人・・・絶賛。コーヒー苦手だけどおいしい。
子ども1人・・・コーヒー自体が苦手。

という結果でした(^^)/
最後まで読んでくださり、ありがとうございました(^^)/

error:すみません。コピーはできません。