ミルクとココナッツの旨味がいっぱい「ピコラ(picola)<ココナッツミルク>」紹介とわが家の感想

その他
広告

ヤマザキビスケットさんのロングセラー商品のひとつでもあるピコラから「ピコラ<ココナッツミルク>」が、先月、新発売になっていたのを知っていますか?

すでに1か月以上が経ってしまっているんですが、販売店舗がまだまだあるようなので、紹介したいと思います。

ココナッツミルクを3.8%も使用しているうえに、ココナッツミルク香料を使用しているという贅沢なピコラです。原材料を見てみると、ココナッツミルクパウダーとココナッツペーストが使われています。

当ブログ初のピコラになるので、ピコラに関して、少しだけおさらい。

1976年に発売になったピコラは、今年で43歳。
ヤマザキビスケットさんのメイン商品ともいえる「チップスター」も1976年生まれで、チップスターが1月に発売され、6月にピコラが発売になりました。

そうなんです。ピコラは、ヤマザキナビスコからヤマザキビスケットへと社名変更した当時、チップスターのような目立った存在ではありませんが、ヤマザキビスケットさんを陰ながら支え続けてくれていた商品のひとつなんです。

とはいえ、よく考えると、ヤマザキビスケットさんには申し訳ない話なんですが、ピコラって久しぶりに食べるような気がします。

子どもの頃は、遠足などに持って行って友達と分け合って食べたり、祖父母の家に行くと、「これ、好きだったよね。」と言って、必ず出してくれたほど大好きだったお菓子のひとつなんですが・・・

【商品名】YBC「ピコラ(picola)<ココナッツミルク>」

【発売日】2019/05/20(月)

【買った値段(スーパー)】税込129円

【アレルギー物質(27品目中)】小麦、卵、乳、大豆

【内容量】12本(6本×2パック)→1パック6本:標準29.4g

【カロリー(1パック6本当り)】144kcal

【名称】クッキー


【注意点】
・卵を含む商品と同じ製造ラインで作られています。
卵アレルギーの方はお気を付け下さい。

・注意点に入るかどうかわかりませんが、カロリーがあくまでも1パック6本あたりの推定数値です。本数が決まっているということで、1本あたりのグラム数とカロリーを計算してみました。

1本当たりのグラム数 29.4(g)÷6(本)=4.9g
1本当たりのカロリー 144(kcal)÷6(本)=24kcal

正直に言うと、ピコラの内装、まったく覚えていないんですが、ジグザグのしま模様がピコラそのものみたいで、ちょっとおもしろいですね。

内装を開けると、ココナッツミルクの甘いナッツの香りがふわっと広がって、目の前に青い海が広がっているような気分です。

とにかく、このピコラの姿がなつかしいという気持ちがありながらも、この姿、色は違うとはいえ最近どこかで見たような・・・
お祭りの時に子ども達が食べていたクレープの上に、ピコラがついていたのを、今思い出しました。(屋台の奥の方にピコラ<チョコレート>の箱があったので、間違いないです。)

そう考えると、意外と手にしているのかもしれないですね。

一応、断面写真を撮ってみましたが、切る前の端から見た時と変わりはないですね。

食べてみると、なんてまろやかな味わいなんでしょうと思うほどに、ココナッツミルククリームのやさしい旨味が口いっぱいに広がります。

そうそう、ピコラは、チョコレートだと思っていたので、ココナッツミルク風味のチョコレートなのかと思っていたんですが、ココナッツミルククリームなんですよね。

「あれ?」と思って調べてみたんですが、「ピコラ<チョコレート>」には、カカオマスやココアバターが入っていますが、今回の「ピコラ<ココナッツミルク>」には、ホワイトチョコレートで使われているココアバターも入っていないんです。だからこそのミルク感なんですかね。

サクサク食感のクッキー生地と、ココナッツミルクのまろやかな旨味の相性がとってもよくて、1袋どころか1箱を一気に食べることができそうなくらいです。

なんだか久しぶりに「ピコラ<チョコレート>」が食べたくなってきました。


わが家の感想は・・・

子ども4人+大人2人・・・大絶賛
子ども1人・・・絶賛。ナッツは苦手だけど食べやすい。

という結果でした(^^)/
最後まで読んでくださり、ありがとうございました(^^)/