スポンサーリンク

ブルボン「ロアンヌ(ROANNE)塩レモン」紹介とわが家の感想

バームロールorロアンヌorルマンド
スポンサーリンク

今回で、ブルボンさんの夏塩スイーツフェア何商品目になるでしょうか。

「「ロアンヌ<塩レモン>」だ~!」

と、スーパーで1人、喜んでしまったんですが、なかなか人気が高いのか、みつけることができずにいたロアンヌの期間限定品を手に入れることができました!ずっと食べてみたかったので、もう、嬉しくて嬉しくて!

今回の「ロアンヌ<塩レモン>」は、ブルボンさんの「夏塩スイーツフェア」の開催のもと発売になり、

「エリーゼ<塩レモン>」
「ミニシルベーヌ<塩レモン>」
「ミニバームロール<塩レモンクリーム>」
「アルフォート<塩バニラ>」
「塩レモンのオムレット」
「白のアルフォートミニチョコレート」
「ショコラエリーゼ<瀬戸内レモン>」
「じゃがチョコ<塩レモン味>」

という仲間が順次発売になりました。
「ロアンヌ<塩レモン>」は、発売になってから、すでにもう少しで3週間が経とうとしていて、ネットショッピングでは販売終了している店舗もちらほら出てきてはいるんですが、せっかくなので、紹介したいと思います。

今回の「ロアンヌ<塩レモン>」は、石垣の塩と瀬戸内レモンを使って塩レモンの味わいを表現した塩レモンクリームをゴーフレットでサンドしていて、以前にも同じネーミングで2018年、2016年、2015年には、少なくとも発売になっていました。

【商品名】ブルボン「ロアンヌ(ROANNE)塩レモン」

【発売日】2019/06/11(火)(期間限定)

【買った値段(スーパー)】税込365円

【アレルギー物質(27品目中)】乳、卵、小麦、大豆

【内容量】20枚(2枚×10袋)→1枚:標準7.1g

【カロリー(1枚当り)】36kcal

【名称】焼菓子

思っていたよりも淡い色合いが基調色になっていて、青がとっても澄んだ色に見えるのは私だけでしょうか?なんだかやさしさが伝わってくるような気がする個装ですよね。

「久々のロアンヌだ~!」

と、思わず声に出てしまったんですが、もう販売終了してしまったかもしれないんですが、「ロアンヌ<宇治抹茶>」や「ロアンヌ<パイナップル>」がもしかしたらみつかるかもという期待から、ずっとロアンヌの定番も食べていなかったんです。

この薄くて丸いゴーフレット、やっと巡り合えた感動で、すっかり塩レモンの香りを感じることすら忘れてしまっていた私ですが、塩レモンという酸味と塩味という爽やかな反面、刺激のある香りのはずが、とってもやさしさを感じる甘い香りです。

この薄さ!
クリーム量がゴーフレットの薄さと同じくらいですかね?
見た目からいくと、少しクリーム量が少なく感じる人もいるかもしれませんが、ゴーフレットという薄い生地には、このくらいがちょうどいいんですよね。

食べてみると、香りで感じたのと同じように、塩レモンという刺激がやんわりとしていて、どちらかというと、甘酸っぱいという印象です。

1口ごとに、サクッと割れるゴーフレットの食感が心地よくて、塩レモンの甘酸っぱさと絡み合って、やさしい甘味で酸味や塩味を抑えてくれています。

酸味と塩味、そして甘味の三重奏が奏でられ、やさしい音色が聞こえてきそうです。

ん~・・・
ブルボンさんの抹茶フェアの時に発売された「ロアンヌ<宇治抹茶>」そして、サマーフルーツフェアの時に発売された「ロアンヌ<パイナップル>」を紹介することができないままになっているのが残念なところで・・・

食べたかったな・・・

まぁ、「ロアンヌ<塩レモン>」を食べることができたので、それだけでもありがたいことですね。


わが家の感想は・・・

子ども2人+私・・・大絶賛
子ども2人・・・絶賛。甘味があって食べやすい。
旦那・・・絶賛。酸味がほしい。
子ども1人・・・酸っぱいけど、食べやすい。

という結果でした(^^)/
最後まで読んでくださり、ありがとうございました(^^)/

error:すみません。コピーはできません。