スポンサーリンク

チョコとスモークの相性の良さ引き立つ「燻製アーモンドチョコレート<ビター>」紹介とわが家の感想

紗々orスイーツデイズorアーモンドその他チョコレート
スポンサーリンク

燻製アーモンドチョコレート<ビター>

パッケージを見ているだけでも、お酒がほしくなってきますよね~。

黒を基調としたかっこいいパッケージのおつまみチョコ「燻製アーモンドチョコレート<ビター>」が新発売です。

いかにも大人向けというパッケージだと思ったら、燻製ですものね。

今回の「燻製アーモンドチョコレート<ビター>」は、アーモンドをヒッコリーチップで燻していて、さらに、コーティングしているビターチョコレートにも燻製パウダーを使っているということで、まさにおつまみチョコといったところでしょうか。

夜お酒を飲んでいると、アーモンドチョコを食べたくなるなんてこともありますが、スモーキー感のあるアーモンドチョコだなんて、お酒がさらにおいしくなりそうですね。

今回の燻製アーモンドで私が気になったのは、燻すのにヒッコリーチップを使っているところ。燻製にする時に使う木材で香りが違うということくらいは知っていますが、ヒッコリーチップには、どのような違いがあるのでしょうか?

ちょっと気になってヒッコリーチップの特徴を調べてみたので、後述しますね。

【商品名】
ロッテ「燻製アーモンドチョコレート<ビター>」

【発売日】2019/06/25(火)(コンビニ・駅売店限定)

【買った値段(コンビニ)】税込140円

【アレルギー物質(27品目中)】乳成分、大豆

【内容量】39g→12粒入っていました。

【カロリー(1袋当り)】236kcal

【名称】チョコレート


【注意点】
・卵、小麦、ピーナッツ、カシューナッツ、ゼラチンを含む商品と同じ製造ラインで作られています。
卵、小麦、ピーナッツ、カシューナッツ、ゼラチンアレルギーの方はお気を付け下さい。

・注意点に入るかどうかわかりませんが、カロリーがあくまでも1袋あたりの推定数値です。粒数が違うこともあるようですが、おおよそ決まっていそうなので、1粒あたりのグラム数とカロリーを計算してみました。

1粒当たりのグラム数 39(g)÷12(粒)=3.25g
1粒当たりのカロリー 236(kcal)÷12(粒)=19.666…kcal

なかなかなスモーキーな香りですね~!
袋を開けてみて、びっくりしました。でも、かすかにチョコレートの甘い香りも感じて、燻製の独特な香りとチョコの香りに、何か心が落ち着いていくのを感じます。

現れたアーモンドチョコレートが妙に黒っぽくて、パッケージが真っ黒というのは、そういうことかとさえ感じてしまいました。

見た目はチョコレートなのに、これだけの燻製の香りがするってすごく不思議な感覚で、なんだか昼間からお酒がほしくなってきました(笑)

ナイフを入れて現れるアーモンドが、思っていたよりもきれいなアーモンドの色をしていて、すこしびっくりしましたが、コーティングしているビターチョコの黒さがさらにアーモンドを引き立てているような気がします。

口に入れた瞬間、すぐに感じるスモーキー感は、チョコレートとは違いますね。
これは、もうチョコレートと名前を変えた燻製です(笑)

チョコレートをそのまま燻製にしようと思っても、溶けてしまってできないのはわかっているんですが、まるでチョコレートを直接燻したような感覚のスモーキー感です。

1度かじることによって、燻製アーモンドの香ばしさがさらにプラスされて、まさにおつまみチョコです。ただ、普通に燻製の香りで、独特なスモーキー感という感じではないような気も・・・

ということで、冒頭でお話ししたヒッコリーチップの特徴。

私が感じたように、ヒッコリーチップは、肉、魚はもちろんのこと、さまざまな食材にも合うスモーキーな香りで、燻製をする時に一般的に使われている種類。

ようは、私のようなど素人でも燻製を作る時に扱いやすい種類ということですね。

なるほど~!
なかなかなスモーキーな大人の香りなのに、アーモンドチョコレートとの相性がよかったのはそういうことだったんですね。


わが家の感想は・・・

子ども1人+大人2人・・・絶賛
子ども4人・・・大人の味わい過ぎて、あまりよくわからない。

という結果でした(^^)/
最後まで読んでくださり、ありがとうございました(^^)/

error:すみません。コピーはできません。