スポンサーリンク

【2019】ブルボン「夏トリュフ(Summer Truffe)」塩バニラ味、紹介とわが家の感想

他チョコレートor洋菓子
スポンサーリンク

とうとうネーミングに「夏」という文字が入る時期にきましたね。
ブルボンさんから「夏トリュフ<塩バニラ味>」が新発売です。

わが家では、「冬トリュフ」は紹介させてもらったものの、「夏トリュフ」は初めての味わいで、調べてみると、ここ数年、この時期になると夏においしいチョコレートとして発売になっているようなので、食べたことがある人も多いかもしれませんね。

調べた限りでは、2011年以降は今年と同じ「夏トリュフ<塩バニラ味>」ですが、2010年は「夏トリュフ<塩バニラ風味>」というネーミングで発売になっていて、それ以前の情報をみつけることができませんでした。

シチリア産の塩を使っていた年もあり、表記がない年もあり、どこまでが同じでどこまでが違うのかまではわからなかったんですが、トリュフという濃厚な甘味を楽しむチョコレートに塩味を効かせるというのは、これからの季節にはうれしい味わいです。

夏になると、どうしてもチョコレートから離れてしまいがちになってしまうところですが、塩バニラ味なら食べてみようかなという気持ちになりますものね。

ちなみに、今回の「夏トリュフ<塩バニラ味>」ですが、コンビニ・鉄道売店限定商品ということで、「ザクビー」などと同じ大きさのパッケージかなと思っていたんですが、ハイショコラシリーズの小さなパッケージとほぼ同じ大きさのパッケージで、内容量もほぼ同じということで、意外だなと思ったんですが、多分、今までもそうだったということですよね。

【商品名】ブルボン「夏トリュフ(Summer Truffe)」塩バニラ味

【発売日】2019/05/28(火)(期間限定)(コンビニ・駅売店限定)

【買った値段(コンビニ)】税込135円

【アレルギー物質(27品目中)】乳、大豆

【内容量】49g(個包装込み)→標準7粒(1粒:標準7.2g)

【カロリー(1個当り)】42kcal

【名称】チョコレート菓子


【注意点】
・小麦を含む商品と同じ製造ラインで作られています。
小麦アレルギーの方はお気を付け下さい。

バニラ色とでも言いたい雰囲気の個装に水色のお花が、とってもきれいですよね。落ち着いた雰囲気があって、けっこう気に入りました。

開けてみると、濃厚な甘いミルクチョコの香りがして、あまり塩バニラという感じはないような・・・

表面にかけられている白いパウダーの中にも塩があるのかと思ったんですが、この粉は塩ではないことだけは確かで、見た目がよく似ている「ホワイトトリュフ」の場合は、ホワイトパウダーで仕上げてあるので、もしかしたらそれかなという印象もなくはないですが、なにかと言われると・・・?

ナイフを入れて半分になったことによって、少し塩を感じるような気がするんですが、塩バニラ味というネーミングとは裏腹に、中のクリームが白っぽい色ではなく、チョコクリームのような色合いで、意外性ありますよね。

食べてみると、最初は、ミルクチョコレートの濃厚な甘味が口いっぱいに広がり、香りで感じたように、甘利氏とバニラという感じがありません。

でも、1度かんでみると、中から現れるクリームがなかなかな塩味があって、しっかり塩のしょっぱさとバニラの甘味、そしてミルクチョコレートの濃厚な旨味が混ざり合い、絶妙なハーモニーを奏で始めます。

濃厚な甘味があるのに塩効果なのか、後に引かない甘さで、さらっと食べることができる味わいで、毎年発売になっているのに、まったく知らずに過ごしていたなんて、とっても損した気分です。

なめらかな食感と塩味と甘味のハーモニーの演出が素晴らしいです。
出会えてよかった~!


わが家の感想は・・・

全員一致・・・大絶賛

という結果でした(^^)/
最後まで読んでくださり、ありがとうございました(^^)/

error:すみません。コピーはできません。