スポンサーリンク

明治「アーモンドチョコレート(ALMOND)芳醇コーヒー(パウチ)」

アーモンドorマカダミア
スポンサーリンク

パッケージを見ているだけで、冷たいアイスコーヒーを飲んでいる気分。
「明治アーモンドチョコレート<芳醇コーヒー>パウチ」が新発売です。

明治さんのアーモンドチョコレートが1962年に発売されて以来、初の味わいで、コーヒー豆に特にこだわっている1品です。

エチオピア産モカの豆を砕いたものがチョコレートに練り込まれているということで、これは、もうコーヒー好きには、たまらない一品になりそうな予感です。

明治さんのアーモンドチョコレートは、人の目と手で何度も何度も選別して選び抜かれたプレミアムナッツセレクトのアーモンドを使っているのが特徴。

しかも、強い直火で一気に焼く独自の製法がとられています。
その際、試食をしながら人が確かめて焼き加減を決めています。

それほどまでにこだわり抜いたアーモンドと、エチオピア産モカにこだわったコーヒー豆が絡み合った味わい、食べるのが楽しみです。

【商品名】
明治「アーモンドチョコレート(ALOMOND)芳醇コーヒー(パウチ)」

【発売日】2019/07/16(火)

【買った値段(コンビニ)】税込203円

【アレルギー物質(27品目中)】乳成分、大豆

【内容量】46g→12粒入っていました。

【カロリー(1袋当り)】283kcal

【名称】チョコレート


【注意点】
・小麦を含む商品と同じ製造ラインで作られています。
小麦アレルギーの方はお気を付け下さい。

・注意点に入るかどうかわかりませんが、カロリーがあくまでも1袋あたりの推定数値です。本数が違うこともあるようですが、おおよそ決まっていそうなので、1本あたりのグラム数とカロリーを計算してみました。

1粒当たりのグラム数 46(g)÷12(粒)=3.833…g
1粒当たりのカロリー 283(kcal)÷12(粒)=23.583…kcal

ん~・・・いいですね~!
ほろ苦さがあるような酸味があるようなコーヒーの香りがふわっと漂うこの感じは、朝だろうと昼だろうと、もちろん夜でも全然、時間を選ばない香りで、さすがエチオピア産モカの豆を使っているというだけあります。

アーモンドの香りがかすかにするようなしないような・・・

プレミアムナッツセレクトされ、独自の直火ロースト製法されたアーモンドが、チョコレートの中央にしっかり収められている姿に、毎度のことながら、明治さんの技術力ってすごいなと感じさせられますよね。

断面にアーモンドが現れると、アーモンドの香りがコーヒーの香りにプラスされて、アーモンドコーヒーの香りに近くなりました。

食べてみると、モカアイスコーヒーにミルクを入れたようなさらっと飲めるカフェラテの感覚で、その絶妙なバランスのコーヒーの苦味とミルクの旨味に最高な気分です。

アーモンドのコリコリ食感がアクセントになり、アーモンドのナッツの旨味が加わって、さらにコク深い味わいへと変化していきます。

珈琲のほろ苦さもかすかにありつつ甘みもあって、酸っぱいとは違うさらっとしたやさしい酸味があるので、濃厚でありながらさらっと食べることができるアーモンドコーヒーの味わいに仕上がっています。

あ~幸せ!
朝早くから『チョコレートを食べたい』と思うことって、私はあまりないんですが、これなら朝早くから1箱食べることができそうなくらいです。


わが家の感想は・・・

子ども2人+私・・・大絶賛
子ども1人・・・絶賛。もう少し甘味がほしい。
旦那・・・絶賛。もう少し苦味がほしい。
子ども2人・・・コーヒー自体が苦手

という結果でした(^^)/
最後まで読んでくださり、ありがとうございました(^^)/